夏の結婚式で装うミセスのフォーマルウェアとスマートに汗対策

夏の結婚式で装うミセスのフォーマルウェアとスマートに汗対策

夏の結婚式で装うミセスのフォーマルウェアとスマートに汗対策

 

今どきの結婚式は、四季を通してさまざまな趣向を凝らした演出をします。たとえば、海が見えたり、プールがあったりするゲストハウスは、夏のウエディングにぴったりです。

 

また、ナイトウエディングで行われる花火やライトアップの演出は、夏らしくておしゃれです。このように、これから結婚式を行う二人にとって、夏には「この季節でなければできない結婚式の魅力」があり、憧れる人も少なくありません。

 

そうはいっても、結婚式に呼ばれるゲストは、夏の結婚式に何を着ればよいか頭を悩ませます。なぜなら夏の結婚式の装いは、「他のシーズンに着たフォーマルウェア」を着ても良いのか、「夏用の薄い素材のフォーマルウェア」を着るべきなのかが分からないからです。

 

しかし、ミセスのフォーマルウェアは、オールシーズン着るジャケットとスカート(ドレス)の装いが一般的です。

 

その中でも、夏用とされるフォーマルウェアはありますが、その場合も長袖か7分袖で裏地がついています。(袖に裏地がついてないものもあります)それは、フォーマルウェアで装う場は、室内が中心だからです。

 

また、薄い素材は、カジュアルに見えてしまうというのも理由の一つです。

 

しかし、ファッションには季節の演出も必要です。たとえば、色をシルバーグレーやブルーなどにすれば、涼しそうに見えます。

 

また、素材を透け感のあるものにしたり、コサージュを涼しそうな色にしたりするのもお勧めです。そうすれば、季節を問わないフォーマルの場で、季節感のある装いがセンスのよいおしゃれな人に見えます。

 

夏の結婚式で着るミセスのフォーマルウェア

そこで、夏の結婚式の装いを具体的に解説します。下記イラスト左側は、夏用のフォーマルジャケットとシフォンスカートのセットアップです。

 

袖の部分は裏地がない、7分袖の軽いブラウス感覚のジャケットです。この装いは若干カジュアルに見えますが、スカートをロングにすればエレガントに、ミディー丈(ひざ下丈)のふんわりしたスカートにすればフェミニンな装いになります。

 

※上記イラストは黒のスカート(ドレス)をコーディネートしています。しかし、ジャケットと同色も可能です。

 

また、右側イラストのようなレースのジャケットとシフォンドレスのセットアップも、夏の結婚式の装いにお勧めのコーディネートです。

 

レース素材は、年間通して着れる素材ですが、透かし模様(裏があるので、実際には透けません)になっているので涼しそうにみえます。このような装いが、一般的なミセスの夏の結婚式の装いです。

 

夏の結婚式はシーズンオフになるため、お値打ちにできる式場が多くあります。そのため、レストランウエディングやリゾートウエディングなど、カジュアルな結婚式が多いです。その場合は、ゲストの装いもカジュアルになります。

 

では、カジュアルな装いとは、どのような装いでしょうか。下記の左側イラストは、レースのドレスにボレロをコーディネートした装いです。

 

ボレロを合わせた装いは、若々しく可愛らしい雰囲気になるので、フェミニンな装いが好みのミセスに人気があります。イラストではボレロを合わせています。しかし、ウエストの位置より丈の長いジャケットを合わせると、ボレロよりきちんとした装いになります。

 

また、合わせるアイテムは同じでも、ニット(カットソー)素材やストールのような軽い素材を合わせると、よりカジュアルな装いになります。

 

 

 

また、袖のついたドレスも夏の装いにお勧めです。袖のあるドレスは、合わせるものを考えなくてもよいので、人気があります。しかしその分コーディネートができないので、イメージは変えにくいです。その場合は、上記イラスト右側のようなデザインを選ぶとよいです。

 

このドレスは、ノースリーブのドレスの上にシフォンのオーバードレスを重ねたデザインです。中に着ているドレスは単独でも着れるのでコーディネートの幅がひろがります。

 

なお、この袖付きドレスはポリエステル素材の軽いデザインなのでカジュアルです。しかし、同じ袖のあるドレスでも、素材がシルクやシルク混合素材のシンプルなデザインですと格調高い装いになります。

 

以上のように、夏の結婚式の装いは、室内で行われるのが前提の装いです。したがって、秋に着たジャケットを夏に着てもマナー上何ら問題はありません。

 

ただ、せっかくの機会なので夏らしいジャケットに変えたり、涼しげなアクセサリーを添えたりしてオシャレな装いを心がけましょう。

 

しかし夏場の結婚式は、室内は空調が効いているといっても外は炎天下で暑いです。そのため、汗ばんでしまい、洋服が台無しになっては困ります。そこで「暑い夏の結婚式」で気をつけたい「汗対策」についてお伝えします。これを取り入れて、夏の結婚式でスマートにフォーマルウェアを着こなしましょう。

 

夏の結婚式の汗対策

とくにフォーマルウェアは、デリケートな素材でできているので、汗はダメージを与えます。また、ジャケットやドレスを肌の上に直接着ると、汗で洋服が傷みやすくなります。

 

そこで、夏の結婚式の必需品に、「汗とりスリップ」があります。ただ、スリップを重ねるだけでも暑いと敬遠する方もいます。しかし、脇は汗をかいたままにすると汗ジミができるので、必ず汗とりスリップ(パンツの場合は汗取りインナー)を着るようにしましょう。

 

補足になりますが、この汗取りスリップはブラックフォーマルウェアを着るときも必要です。百貨店のフォーマルコーナーでも扱っていますので、きちんと用意をしておきましょう。

 

また、小ぶりの扇子もあると便利です。水玉模様など、洋風の柄のものを選べば、ブラックフォーマルと兼用で使えます。

 

なお、式場で着替える場所がないときは、裏地がついた長袖のフォーマルジャケットを日中着て行くわけにもいかず困ります。

 

その場合は、結婚式の上衣(ジャケットやボレロ)だけ持参して、別の涼しい上衣を着ていくと汗をかいても気になりません(着ていく洋服は、前明きで簡単に脱げるデザインがよいです)。さらに予備のストッキングを用意して式場で着替えると気持ちよく過ごせます。

 

このように、夏の結婚式は着るものを考えたり、汗対策をしたりと悩みが多いです。しかし、夏には「その季節でなければできない結婚式の魅力」があります。お祝いの気持ちを夏らしい装いに託して、夏の結婚式を楽しみましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ