結婚式・披露宴で行うべき適切なネイルとは

結婚式・披露宴で行うべき適切なネイルとは

結婚式・披露宴で行うべき適切なネイルとは

 

最近は「ネイルサロン」に通う女性が増えています。ネイルアートされた指先は、水商売の女性のイメージがありましたが、今ではファッションの一部になっています。

 

過度にデコレートされた指先に上品さは感じません。しかし、洋服とコーディネイトされたさりげない指先は、装う人のセンスを感じます。

 

したがって結婚式の装いの仕上げにも、ネイルはお勧めです。ただ親族のネイルは賛否両論で、「薄くマニキュアを塗るのもマナー違反」との厳しい意見もあります。

 

それは「親族を家族の一員とするなら、お招きする側として、服装もネイルも控えめにする方がいい」との意見です。しかし結婚式は新郎と新婦を祝う「はなむけの場」です。控えめに地味に装うより、綺麗に装うことの方が大切だと思います。

 

したがって、普段ネイルをしない人もぜひネイルに挑戦して欲しいです。指先は思った以上に目につきます。せっかくドレスアップをして結婚式に望むなら、上品でエレガントなネイルで好感度をアップさせましょう。

 

結婚式・披露宴のネイルカラー

結婚式や披露宴には幅広い年齢層の人が集まります。また、いろいろな価値観の人も来ます。そのため洋服だけではなく、ネイルもあくまでも清楚で上品な印象のデザインにします。

 

色は黒や黒に見える色、ネイビーを避けた方がよさそうです。赤や濃いピンクなど鮮やかな色も避けましょう。

 

薄いピンクや、淡いベージュ、クリーム色は誰にでも好感を持ってもらいやすい色です。またパールのアクセサリーとのカラーコーディネイトを考えて、ネイルのカラーを選ぶと統一感が生まれます。

 

反対に指先をヌーディーカラーにしてアクセサリーを引き立てる方法も効果的でオシャレです。どちらにしても、全体のバランスを考えてコーディネイトすると、上品でセンスのいい装いになります。

 

ネイルの種類

そうは言うものの、どのようにネイルをするのか迷う人もいると思います。実際ネイルの種類もいろいろあって、どれがいいのか分かりにくいです。

 

ネイルの種類には、「ポリッシュ(マニキュア)」「ジェルネイル」「スカルプチュア」などがあります。それぞれにメリット・デメリットがありますが、私は「ジェルネイル」をお勧めします。

 

ポリッシュは従来からあるマニュキアのことですが、乾くまでに時間がかかります。そのため、重ね塗りをするとよれてしまうことがあります。

 

それに比べて「ジェルネイル」は合成樹脂で出来た「ジェル」という液体を使います。それをUVライトやLEDライトを当てて硬化させるのでジェルは数秒で固まります。そのためネイルアートも簡単にできます。

 

ソフトなジェルで付けている違和感もないですし、爪の補強効果もあります。さらに光沢もあって指先が華やぎます。

 

ただ、オフするときは専用のリムーバーが必要です。薬液をつけたコットンを爪にのせて、アルミホイルで包まないといけないので、手間がかかります。

 

また、「ネイルチップ」という選択肢もあります。しかし粘着剤でチップを張り付けるため、はがれることがあります。慣れていないと食事の時も気になるので、初心者にはあまりお勧めできません。

 

そのような理由で、私は「ジェルネイル」を「ネイルサロン」に行って施術してもらうのをお勧めします。慣れないのに自分でするより、プロに任せた方が安心です。

 

ただ、その時注意する点は、必ずサロンに対して「結婚式にどんな立場で行くか、どんな装いで行くか、自分の好みは何か」を伝えることです。できればその服を着た写真があると更にイメージしてもらいやすいです。

 

サロンで他の人にネイルを施してもらうのは、なんとも気持ちがいいものです。せっかくの結婚式です。精いっぱいオシャレをして結婚式を楽しみましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ