結婚式のフォーマルウェア:ブライダルマザードレスの提案

結婚式のフォーマルウェア:ブライダルマザードレスの提案

結婚式のフォーマルウェア:ブライダルマザードレスの提案

 

 

あなたは、「ブライダルマザードレス(結婚式の母親用ドレス)」というのをご存知でしょうか。昔とは違い、挙式の洋風化が増えてきたことから、母親たちも洋風なドレスを着て、おしゃれで若々しい服装で出席する人が増えています。

 

また、普段からオシャレに敏感な新郎・新婦の母親は、自分のフォーマルウェアにもこだわりを持っています。

 

ただ、母親の立場として「どのような装いをしたらいいかわからない」と思う人は多いです。しかしその一方で、「花嫁と同じようにドレスが着たい」「ありきたりの装いはしたくない」とも考えています。

 

そこでお勧めの装いが、「ブライダルマザードレス」です。「無難すぎてオシャレじゃない」「もっと素敵なドレスを着たい」という人のためのドレスとして最適です。

 

たとえば、カラーフォーマル売り場にあるのは、主に従来からあるシンプルなノースリーブのロングドレスとジャケットです。そのため、おしゃれで今風の装いを好む母親は、「フォーマル売り場の洋服では、普通すぎて物足らない」と思っています。

 

確かに、今までの親世代の結婚式は、ホテルか専門式場と決まっていました。チャペルで結婚式を挙げる人もそれほど多くはなかったでしょう。それが今では、レストランやゲストハウス・海外・リゾートと多様化しています。

 

子供世代がチャペルで結婚式をあげ、海外で結婚式をしている気分を味わえるゲストハウスで披露宴を行うのです。

 

そのような場面で、花嫁だけではなく新郎・新婦の親も「一緒にオシャレをして、結婚式を楽しみたい」という願望をもっています。そこで、親でもおしゃれに着飾ることのできるブライダルマザードレスを紹介します。

 

フォーマルウェアのスタイルを選ぶ

ブライダルマザードレスというのは、日本人になじみのないドレスです。洋装のドレスになるため、一昔前までほとんど着る人はいなかったからです。そのため、「派手ではないだろうか」「自分に着こなせるだろうか」と不安になるのは当然です。

 

しかし、最近ではドレスの種類も増えています。また、レンタルショップという選択肢もあります。そのため、その中から自分好みの似合うデザインを見つけるのは、それほど難しくありません。

 

ドレスを装うと、いつもの自分とは全く違ったイメージになるので、気分が盛り上がります。

 

また花嫁の母親なら、花嫁のドレス一色を自分のドレスの色と合わせて、トータルコーディネートもできそうです。他に、新郎の母親と自分のドレスの色を合わせて、統一感を持たせるのも楽しいでしょう。

 

しかし、格式を重んじる日本人にとって、ドレスの抵抗感があるのも確かです。

 

したがって、「華やかでファッショナブルなマザードレス」で装うか、「重厚感があって落ち着いた雰囲気のアンサンブル(スーツ)スタイル」にするかを、挙式のスタイルや相手の親との兼ね合いを見ながら十分検討しましょう。

 

マザードレスの格式

ところで、このブライダルマザードレスは、結婚式で親の立場としてふさわしい装いになるのでしょうか。そこで、フォーマルのドレスコード(着装ルール)を紹介します。

 

女性の昼の正礼装は、「アフタヌーンドレス」です。また、ロングアフタヌーンドレスは、ローブモンタントを原型としています。七分袖以上の長い袖をもち、襟の開きが浅く、肌の露出が少ないつくりのドレスです。なお、ワンピース(アンサンブル・スーツも可)型の衣類になり、スカート丈がくるぶしまでの長さかそれ以上の丈です。

 

そして、ロングアフタヌーンドレスの原型となるローブモンタントですが、あまり馴染みのないドレスの名称です。それは女性の皇族が、宮中の昼の「正式な行事で着るドレス」をイメージすると分かりやすいです。

 

この、ローブモンタントの「モンタント」とは、フランス語で、「上がる」「登る」「高まる」を意味します。そのため、襟が身ごろから続いて首の長さいっぱいまであるデザインです。また丈は長く裾を引き、袖も長く手首まであるドレスです。

 

 

 

フォーマルには「正礼装をワンモチーフとした場合、さらにそこから一つを崩すと準礼装となり、ファッション性を加えると略礼装となる」というルールがあります

 

このフォーマルのルールに当てはめると、正礼装を基本にして少しデザインを加えたマザードレスは、「フォーマルアフタヌーンドレス」として装うことができます。フォーマルアフタヌーンドレスは、「昼間の礼装」ですが、ロングアフタヌーンドレスと比べてファッショナブルな装いのドレスのことをいいます。

 

またフォーマルアフタヌーンドレスは、簡単な夜の集まりやパーティーなどにイブニングドレス(女性の夜の正礼装の装い)の代わり(アクセサリーをイブニングに準じたものに変えること)として着ることもできます。

 

 

 

ただ、「正礼装」「準礼装」「昼の装い」「夜の装い」の違いが曖昧なのが日本の結婚式です。なぜなら日本はもともと男性中心の社会で、女性はフォーマルの場にでることが少なかったからです。そのため、女性の着装ルールが曖昧になっています。

 

さらに、女性はファッション性を重視する傾向があるので、少しくらいルール通りでなくとも通用してしまうところがあります。

 

しかし結婚式には、その場に相応しい「装いのマナー」があります。したがって、ファッション性を重視する際には、基本から外れすぎないことが大切です。

 

とはいうものの、ブライダルマザードレスで花を添えると「今風の結婚式にマッチするファッショナブルな母親」になります。そこで、ここで学んだことを生かした装いで、思い出に残るステキな結婚式にしてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ