結婚式母親の服装:ホテルウエディングに相応しい装いとは

結婚式母親の服装:ホテルウエディングに相応しい装いとは

結婚式母親の服装:ホテルウエディングに相応しい装いとは

 

結婚式が決まって、まず決めなければならないのは結婚式のスタイルです。「どのような結婚式を挙げるか」「自分たちだけではなく、列席するみんなが満足できるか」を考えるとどうしても慎重になります。

 

また式場のスタイルによって、親のフォーマルウェアも変わるので、しっかりチェックをしていきたいものです。

 

結婚式のスタイルは大きく分けてホテル・専用式場・レストラン・ゲストハウスがあります。その中でもホテルで行う結婚式の場合、母親はどのようなフォーマルウェアが相応しいのでしょうか。まずは「ホテルの結婚式とはどのようなものか」から見ていきます。
 

ホテルウエディングに相応しい母親の一般的な服装

ホテルの一番の魅力は知名度があることと、格式が高いことです。伝統のあるホテルが多く、信頼できるので安心です。またスタッフの教育が行き届いているので、質の高いサービスが手に入ります。

 

ホテルへ直接宿泊できることも魅力です。遠方からくるお客さまが多い場合は、ゆったりと落ち着いて結婚式に臨めるので心地よい時間を過ごせます。また駅付近と立地条件の良い場所にあることが多く、場所で迷うことはありません。

 

このように格式の高いホテルでは、新郎・新婦が主催者ではなく、両親が主催者になることが多いです。そのため、親族をはじめ親とつながりのあるゲストをお呼びすることが多くなります。

 

したがって、結婚式も「格」が重んじられるので、両親のフォーマルウェアは主催者の正装(昼の正礼装)」が一般的です。主に父親は「モーニングコート」、母親は「ロングアフタヌーンドレス」「フォーマルアフタヌーンドレス」か「黒留袖」で装います。

 

しかし父親の「モーニングコート」は理解できても、母親の「ロングアフタヌーンドレス」「フォーマルアフタヌーンドレス」はどのような装いなのかが曖昧で理解しにくいです。そこで、もう少し詳しくホテルウエディングに相応しい母親の具体的な装いを解説します。

 

ホテルウエディングに相応しい母親の具体的な服装

誰でも手軽にインターネットで情報を手にすることができるので、結婚式の母親は「昼の正礼装でロングアフタヌーンドレスである」と言葉だけで理解をしている方は多いです。

 

 

上記イラストをご覧ください。これはインターネットでもよく見かける昼の正礼装で、「ロングアフタヌーンドレス」です。

 

襟元をあまりくらずに、袖は長袖(もしくは7分から8分丈)で肌の露出が少ないです。また「丈はくるぶしが隠れるくらいの丈」、「素材はシルクやそれに近い素材」、「無地か柄があっても膨れ織りなどの地模様」などの特徴があります。

 

しかし、実際に結婚式でロングアフタヌーンドレスを着ている母親をあまり見かけることはないですし、百貨店のフォーマル売り場を訪れてもアフタヌーンドレスを目にすることは少ないです。

 

それはなぜかといえば、正礼装と呼ばれるフォーマルウェアは女性皇族が着ても違和感がない格調高い洋服で、「ここまで格調高い装いは必要がない」と思う人が圧倒的に多いからです。

 

さらに正礼装は既製服でも20万円から30万円と高額です。また、扱っている店が少ないうえ(大手百貨店のみ)、あっても種類が少なく自由に選べません。このような理由から、正礼装ではなくそれに近い装いをします。(この装いを正礼装と紹介している場合もあります)

 

 

 

フォーマルには「正礼装をワンモチーフとした場合、そこから一つを崩すと準礼装となりファッション性を加えると略礼装となる」というルールがあります。

 

そのフォーマルのルールをもとにして上記イラストのように、ジャケットとロングドレス(ロングスカート)を同色異素材(同色同素材)に変えたり、黒色のロングドレス(ロングスカート)と黒色以外のジャケットに変えたりして装います。

 

とくにホテルの披露宴会場は広いので、控えめな装いでは貧相になってしまう可能性があります。その場合は、コサージュを大ぶりのものにすると存在感がでます。

 

さらにジャケットをシルク素材(シルク混合素材)にすれば、ロングアフタヌーンドレスに近い格調高い装いとなりホテルウエディングに相応しい母親の装いになります。

 

また両家である程度までは「格」をそろえた方がバランスがよいです。しかし、それが無理なら「正礼装」や「準礼装」という言葉にとらわれず、イラストのように装いましょう。そうすれば、失敗は防げます。

 

※黒色のロングドレス(ロングスカート)と黒色以外のジャケットの組み合わせは、「正式な装いにならない」と解説しているサイトもありますが、黒留袖のイメージで装う格調高いフォーマルウェアです。

 

なおベースになる単品のロングドレス(ロングスカート)は、シルク素材ではなくポリエステル系の素材が中心です。したがってジャケットとロングドレスのセットアップで購入しても、正礼装より価格が安くなります。

 

このようにホテルウエディングでは「格」が重んじられるので、両親のフォーマルウェアは主催者の正装(昼の正礼装)」が一般的です。ロングドレス(ロングスカート)とシルク素材(シルク混合素材・シルク調素材)のジャケットで格調高く装ってください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ