レストランウエディングで装う母親のフォーマルウェア

レストランウエディングで装う母親のフォーマルウェア

レストランウエディングで装う母親のフォーマルウェア

 

近年カジュアルな結婚式が増えてきました。そのなかでも、「おいしい料理でゲストをおもてなししたい」「ゲストと楽しく会話がしたい」というような新郎・新婦に人気があるのがレストランウエディングです。

 

しかしレストランウエディングは、レストランの格で装いが「正礼装」から「略礼装」まで変わります。したがって、どのような服装をすればよいか迷う新郎・新婦の母親は多いです。

 

そこで、レストランウエディングとはどのようなものなのか紹介します。それを知ることにより、母親が装うときの目安が分かりますので参考にしてください。

 

レストランウエディングとは

通常はレストラン営業をしているお店を貸し切りにして、結婚式を行うのがレストランウエディングです。そのため、レストランで「挙式は無理なのではないか」と思いがちです。

 

ただし、最近では専用チャペルを備えているレストランや、近くのチャペルや神社と提携しているレストランがあります。

 

※専用チャペルを備えているレストランは、チャペルがあまり広くない場合が多く、チャペルや神社と提携しているレストランよりカジュアルになります。

 

また披露宴の食事は、カジュアルなビュッフェ(立食式)形式やシットダウン(着席式)形式があります(シットダウン形式の方がよりフォーマルになります)。さらにレストランの庭を利用してガーデンウエディングを行う場合もあります。

 

レストランウエディングというと、アットホームでカジュアルな印象を持つ人は多いです。しかしホテルや式場内のレストランまた、有名なシェフがいるレストランなどもあります。その場合ですと、格式は高くなります。

 

そのように「高級感のある格式高いレストラン」から、「アットホームでカジュアルなレストラン」まで、自分の好みに合わせて自由に選ぶことができるのがレストランウエディングの魅力です

 

最近は、結婚式のスタイルの多様化によって、人気のあるスタイルをどこもが取り入れています。そのため、選択肢が増えてうれしい反面、選ぶのに混乱することも多いです。

 

それは、装う場合にもいえます。レストランの「格」によってドレスコード(着装ルール)が変わるので、式を挙げるレストランがどのようなところなのか、しっかり把握する必要があります。

 

レストランウエディングにおける母親の装い

それでは、レストランウエディングで母親はどのように装えばよいのでしょうか。

 

レストランウエディングでは、新郎・新婦が「主催者」です新郎・新婦の親は「ゲストの立場」になります。したがって、新郎・新婦の親の装いはフォーマルからセミフォーマルが相応しいです。

 

格式の高いレストランですと「フォーマルアフタヌーンドレス」か「ディナードレス」の装いになります。それには、ノースリーブのロングドレスに光沢のある素材やラメ使いのジャケットを羽織るエレガントな着こなしがぴったりです。(下記イラスト左側参照)

 

光沢のある素材やラメ使いの着こなしがお勧めなのは、レストランは自然光ではなく、照明があたるところがほとんどだからです。そのため、会場の照明に映えるビーズやスパンコール・ラメなどを取り入れると華やかさが演出できます。

 

ただ、「華やかな色」や「ラメ使いの素材」が苦手という人もいるでしょう。しかし黒や紺などの無地はレストランの照明に吸収されて、顔だけが浮いた感じになってしまいます。

 

そういう場合は、シルバーやゴールドの石とパールがコンビネーションになったネックレス、またはラメ使いの華やかなコサージュなどを付けると顔がきれいに見えます。 

 

 

またカジュアルでアットホームなレストランですと、「セミアフターヌーンドレス」で装います。 

 

それには、ふくらはぎ中央丈(ミモレ丈)のドレスに光沢のある華やかなボレロを羽織ったり、同じくミモレ丈のスカートにラメ使いのジャケットを着たりするスタイリングがお勧めです。(上記イラスト右側参照)

 

そのように「格式」によって装いは変わりますが、単品コーディネイトを用いればスカート(ドレス)の長さを変えるだけで、簡単にフォーマル(正礼装)に近い装いからセミフォーマル(準礼装)の装いにシフトすることができるので便利です

 

また、自分は「洋装」にしたいのに相手の親が「黒留袖」を着る、という場合の解決方法をお伝えします。「黒留袖」は日本の正装で、子供の結婚式に「黒留袖」を着るのは当たり前、と考える母親は多いです。

 

そのうえインターネット上で、両家の親が「黒留袖」と「洋装」ではおかしいとの議論が飛び交って、さらに混乱してしまいます。

 

しかし「洋装」でも「黒留袖」と「格」を同じにすれば、問題なく着ることができます。ただ見た目で違和感を持つ人がいます。

 

その場合は、「洋装」のロングドレスやロングスカートの色を黒にすることをお勧めします。

 

百貨店のフォーマル売り場に行くと、黒のワンピースやスカートがたくさんあります。それは「黒留袖」をイメージして作られているからです。

 

したがって黒のロングドレスと色物のジャケットを合わせて着たり、黒のロングスカートと色物のジャケットを合わせたりすれば、両家の母親が並んだ場合も違和感なく着ることができます。

 

レストランウエディングでは、「格」の違いによって装うスタイルが違うので、単品のフォーマルウェアを上手く組み合わせて、オシャレに着こなしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ