似合う色で選ぶフォーマルウェア:パーソナルカラー

似合う色で選ぶフォーマルウェア:パーソナルカラー

似合う色で選ぶフォーマルウェア:パーソナルカラー

 

あなたはフォーマルウェアを選ぶとき、デザインで選ぶでしょうか。それとも色で選ぶでしょうか。顔立ちや体型によって似合う服のデザインは違いますが、似合う色も人それぞれ違います。

 

私たちは、髪の色を変えると、印象が違って見えることがわかります。また口紅の色を変えると、顔が華やかになったり、くすんだりするのを感じます。

 

それと同じように、服の色は服を身につける人の印象を変える力があります。

 

たとえば似合う色の洋服を着ると、その効果で、健康的で自然な血色がある顔色に見えます。さらにつやつやして、透明感のある肌に見えます。そして輪郭がはっきりするので、顔がスッキリ見え若々しい印象をあたえます。

 

そのように、たくさんのメリットがある似合う色なのですが、どのように色を探せばよいのでしょうか。

 

それを知る前に、あなたにとって適切な色を見つける「パーソナルカラー」について少し触れてみます。色は有彩色(いろみのある色)と無彩色(いろみの全くない色)、そして色相(色合い)と明度(明るさの度合い)と彩度(鮮やかさの度合い)に分けることができます。

 

それをもとに色を探っていくのですが、自分で似合う色を有効に使えるようになるには、専門の知識と技術が必要になります。

 

そのため、ここではもっと大まかに似合う色を見つける方法をお伝えします。

 

似合う色の見つけ方

適切な色を知るには、あなたの肌の色や瞳の色、そして髪の色を見ます。これらは、人がそれぞれ固有にもっている色だからです。

 

日本人の特徴として、「黄色い肌」「黒い瞳」「黒い髪」と言われます。しかし、黄色い肌と一口にいっても、ピンク系の肌の人がいれば、ベージュ系の肌の人もいます。同じように黒い瞳といっても、黄みをおびた茶色の瞳の人がいれば、黒っぽい色をした瞳の人もいます。

 

そのように、人が持つ色を知ることによって、自分の色を知ることができます。

 

黄みを帯びたベージュの肌で、茶色っぽい瞳の人はイエローアンダートーンと呼ばれ、ベージュ系やオレンジ系の色がよく似合います。

 

また青みを含んだピンク系の肌で、黒っぽい瞳の人はブルーアンダートーンといって、黒や紺、パープル系の色がよく似合います。

 

したがってフォーマルウェアを選ぶときも、似合う色を選んで装えば、肌がいきいきとして見えて、若々しい印象をあたえることができます。

 

カラーコーディネートのポイント

しかし、フォーマルウェアは特別な日の装いです。そのため結婚式のために選んだとしても、それを「子供の卒業式にも着まわせないだろうか」や、「会社のレセプションに着れるかもしれない」と有効利用を考える人は多いです。

 

そこで、自分の似合う色がイエローアンダートーンのベージュであっても、利用価値の多いブルーアンダートーンの紺色の方がいいのではないかと迷いがちです。

 

そういう場合の解決方法は、顔の周りに似合う色を持ってくることにあります。

 

ネックレスであると、色を「乳白色のパール」や「パールとゴールドのコンビネーション」にします。または、「ゴールド系」や「サーモンピンク系」のコサージュを付けるのも有効です。

 

フォーマルウェアは、色のバリエーションがふつうの洋服売り場に比べて少ないです。しかし、コサージュやネックレス利用してコーディネートの幅を広げれば、自分の似合う色のフォーマルウェアで装うことができるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ