着物調のフォーマルウェアで和婚を盛り上げる親の装い

着物調のフォーマルウェアで和婚を盛り上げる親の装い

着物調のフォーマルウェアで和婚を盛り上げる親の装い

 

チャペルでウエディングドレスもよいけれど、一生に一度の晴れ姿は白無垢を着るなどの「和婚」にしたいと言う人が増えています。

 

和婚とは「和」の要素を取り入れた結婚式のことをいいます。挙式のすべてを和にする必要はなく、挙式のどこかに和テイストのものが取り入れられている結婚式であれば和婚といいます。

 

しかし和洋折衷のウエディングではなく、結婚式という大切な儀式を「格式高い神社の神前式」で行ないたいと考えているカップルも多いです。

 

このように人気のある神社での結婚式ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

神社の結婚式のメリット

最大のメリットは伝統があるということです。神社は古くからその場所にあり、そしてこれから先もあり続ける場所です。

 

二人が将来を誓い合った場所が、その先に子供が生まれればその子供のお宮参りの場所になり、また子供が成長すれば七五三に訪れる場所になります。

 

このように神社は、これから築いていく人生の節目に気持ちを新たにできる場所です。そして自分たちを見守ってくれる場所となり、いつも自分たちの関係を見つめなおす場所となります。

 

またもう一つのメリットは、神社での結婚式を通し日本の伝統の良さを改めて感じるよい機会になることです。神前で行われる厳かな挙式は、日本古来の式次第にそって粛々(しゅくしゅく)と執り行われます。

 

そのため日本古来の伝統や文化を重んじたい方はもちろんのこと、和のテイストに興味のない方でも、日本の良さを見なおすよい機会になります。

 

またそのように和婚を考える新郎新婦は、引き出物の日本製にこだわったり、装いの着物にこだわったりと、すべて和で統一したいと希望する人が少なくありません。

 

しかし、「和」にこだわって新郎新婦が和装で通そうとしても、着物が苦手だったり、着物が着れる状態ではないなどの理由で、母親が「洋装にしたい」と言う場合があります。このような場合はどうすればよいのでしょうか。

 

神社結婚式の親の装い

母親が洋装にする場合、一番気になるのが「黒留袖と並んで違和感がないか」ということだと思います。

 

百貨店のフォーマル売り場にも、「黒留袖の代わりになる着物柄のドレスやジャケットがないか」との問い合わせがありますが、いわゆる着物をリフォームして作ったドレスやジャケットは格式の高い装いにはなりません。

 

そこでお勧めするのが、着物調の生地(膨れ織りやりんず調ジャガード)で仕立てられたジャケットと黒のロングドレスのコーディネートです。

 

着物調の生地でお勧めの膨れ織りとは、立体感のある凹凸で柄を織り出した二重織物のことをいい、着物の帯地などによく使われています。またりんずも、絹の紋織物のひとつとして着物でなじみの生地です。

 

このようにフォーマルウェアで使われるジャケットの生地は、タフタやシャンタン、シルクジャガード、レースなどいろいろありますが、その中の多くは着物を意識して仕立てられています。

 

そして結婚式の親の装いに最適な無地の紋織りジャケットは、黒のロングドレスと合わせると重厚感がでて、黒留袖の方と並んでも全く違和感なく着ることができます。

 

また合わせる黒のロングドレスのデザインをタイトなシルエット(後ろはフレアが入ったデザインがエレガントでお勧めです)にすると、さらに着物に見劣りしない格調高い装いになります。

 

さらにバッグを、着物の装いにも使える小ぶりの地模様やビーズのデザインを合わせれば、とてもエレガントです。

 

このように「和」にこだわる新郎新婦も納得のできる母親の装いは、洋装でも問題なくかなえることができます。ぜひ着物調の生地で仕立てられたジャケットと黒のロングドレスで装って、神社の結婚式に望んでください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ