叙勲や褒章受章者に伝えたい事前の準備事項

叙勲や褒章受章者に伝えたい事前の準備事項

叙勲や褒章受章者に伝えたい事前の準備事項

 

叙勲(じょくん)や褒章(ほうしょう)の通知をもらった方の多くは、喜びと同時になにから準備をすれば良いのか分からず戸惑うのではないでしょうか。

 

たとえば、伝達式に望むにあたって遠隔地に住んでいる受章者は、交通機関や宿泊の手配をする必要があります。また、伝達式にどのような服装をすれば良いか頭を悩ませます。

 

そこで、最初になにから準備をすればよいかをお伝えします。
 

叙勲や褒章受章者にお勧めな事前の準備

分からないことが多く不安な受章者は、まず「叙勲や褒章の専門サイト」を活用することをお勧めします。サポートサイトは、交通機関や提携をしている宿泊ホテルの手配ができます。

 

さらに、伝達式で装う「モーニングコート」「色留袖」の貸衣装や「着付け」「ヘアセット」「メイク」「記念写真」の有料サービスもあります。また受章後の祝賀会のアドバイスなど、専門知識をもったスタッフのサポートもあり安心です。

 

しかし専門サイトは、提携しているホテルが決められています。そこで違うホテルに宿泊を希望する場合は、ホテルに直接予約を入れる必要があります。

 

このような場合は、叙勲や褒章に特化したプランを提供しているホテルを利用すると良いです。(叙勲の時期になると、それらに特化したプランを提供しているホテルがあります)

 

ホテルによって、「叙勲や褒章プラン」のサービス内容や価格に多少の違いがあります。たとえば「着付け・ヘアセット・記念写真込み」のサービスプランがあります。また「貸衣装・着付け・ヘアメイク・記念写真」をオプションにしているところもあります。

 

そのため、自分に適したサービスを提供してくれるホテルをインターネット等で調べて、早い目に準備をしておくとよいでしょう。

 

叙勲や褒章伝達式の装い

叙勲や褒章プランを提供しているホテルは、色留袖の貸衣装や着付けのサービスが手軽に受けられるので、洋服より着物で装う方は多いです。

 

確かに色留袖は黒留袖とちがい、色とりどりで華やかです。さらに「この装いで格式が保たれるのか」と悩まなくてもよいので、気苦労が軽減されます。

 

そのような理由で、フォーマルウェアに関わる立場の私から見ても、色留袖はお勧めできます。

 

しかし、着物は着付けやヘアセットに時間がかかるので朝早くから準備が必要です。そして着物を着なれていない方は、長時間着用することにストレスを感じます。したがって、そのような方はやはり洋装がお勧めです。

 

洋装の一番のメリットは着心地の良さです。コーディネート次第で、「正礼装に近い装い」から「略礼装に近い装い」まで着まわせることも、着物には無いメリットです。

 

たとえば帰京後に行う祝賀会では、伝達式のフォーマルな装いでのぞむことができます。また親しい方との食事会であれば、ドレス(スカート)を別のものにかえてセミフォーマルの装いにすることも容易です。(下記イラスト参照)

 

 

 

このように、洋装にするか和装にするかを決めたりホテルの手配をしたりと、受章者はいろいろ準備が多いです。

 

いまはインターネットで数多くの情報が簡単に手にはいります。したがって、叙勲や褒章の専門サイトをうまく利用して、余裕をもって伝達式に臨みましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ