自分に適した叙勲・褒章のフォーマルウェアを選ぶには

自分に適した叙勲・褒章のフォーマルウェアを選ぶには

自分に適した叙勲・褒章のフォーマルウェアを選ぶには

 

叙勲や褒章の装いを洋服に決めたものの、「どのような装いがいいのかわからない。」という方がいます。また、「自分にあうフォーマルウェアはあるのだろうか」と不安の声もよく聞かれます。

 

そのような方に「単品のフォーマルウェアで装うコツ」をお伝えします。単品のフォーマルウェアは、色や素材やデザインを考慮して選ぶと失敗がすくないです。

 

色で選ぶフォーマルウェア

フォーマルウェアは、色による制約はありません。しかし、皇室カラーとされる紫色や黒一色は避けることが望ましいです。

 

また黒系の色を選んだ場合、集合写真で男性と同化することがあります。男性はモーニングコートで装う方が大半だからです。そのため遠目で黒に見える紺色も、私個人の意見としてはあまりお勧めできません。

 

確かに紺色は無難な色、着まわしができる色として人気があります。しかし結婚式のように、コサージュやクリスタルガラスのキラキラしたネックレスを身につけることはありません。そのため、地味に見える可能性があります。

 

このような理由から、できれば明るい色の服を着用することをお勧めします。お勧めの色は明るいグレー、ブルー、ピンクベージュ、マスタードイエローなどです。

 

素材で選ぶフォーマルウエア

次に選ぶのは素材です。一番お勧めの素材は、シルクまたはシルク混合素材です。シルクは皇室の方がよく用いる素材で光沢があり高級感がでます。

 

しかし、ポリエステル系の素材でも問題はありません。この場合は無地でも、ふくれ織りやジャガード織りまたシャンタンなど、高級感がでる織り柄を選ぶのがポイントです。

 

ふくれ織りは、立体感のある凹凸で柄を織り出した二重織物のことです。着物の帯地によく使われます。そしてジャガード織りは、ジャガード織り機という機械によって織りだされた布地のことで、糸と糸が交鎖して見える柄のことをいいます。

 

更にシャンタン織りはつむぎの様な節があり、ムラ感のある素材をいいます。シルク素材が一般的ですが、ポリエステル素材もあります。光沢と張りがあるので、上品で高級感のある印象をあたえます。

 

また、レースも叙勲や褒章のフォーマルウェアに適しています。レースの中でも、ケミカルレースは高級感があり上品で、華やかさが出るのでお勧めです。ケミカルレースは地布にミシンで刺繍をした後、薬品で地布を溶かして刺繍だけを残したレースのことです。

 

 

 

フォーマルウェアでは刺繍に金糸や銀糸を多く使いますが、叙勲の装いは、控えめなタイプを選ぶようにします。

 

デザインで選ぶフォーマルウェア

単品のフォーマルウェアは、ドレス(スカート)とジャケットの組み合わせになります。そこでジャケットのデザインを自分の顔の形や首の長さで選ぶと似合うデザインが見つかります。

 

たとえば、シャープな顔立ちの人は立ち襟が似合います。反対に丸顔の人は首の回りが大きく開いたテーラードが似合います。また、エラがはったベース顔の人はノーカラーがスッキリしてよく似合います。

 

さらに首の長い人は長い首をカバーするフリル襟がお勧めですし、首の短い人にはシンプルなノーカラーをお勧めします。

 

このように、自分に適したフォーマルウェアを色や素材・デザインで選ぶと叙勲に相応しい洋装のフォーマルウェアを見つけることができます。

 

栄えある叙勲や褒章の受章式の装いです。自分らしく装って、思い出に残る受章式にすることができれば、これほどうれしいことはありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ