卒業式教員の服装:ブラックフォーマル選び方と着こなし方

卒業式教員の服装:ブラックフォーマル選び方と着こなし方

卒業式教員の服装:ブラックフォーマル選び方と着こなし方

 

卒業式は「教育課程を全て修了したことを認定し、卒業証書を授与する式典」であるため、学校に入学することを許可しお祝いをする入学式とは「式の格」が違います。

 

したがって卒業式出席者の服装は、フォーマルな装いが必要です。とくに学校職員においては、校長は「正礼装」、教頭以下担任教員は「準礼装以上」の装いが一般的です。

 

そして教員の卒業式の装いは、フォーマルウェアの中でも「黒」と決められていることが多く、ブラックフォーマルウェアかベルベットのスーツが定番になっています。

 

とくにブラックフォーマルウェアは、卒業式にふさわしい装いではあるものの喪服として着用することのほうがおおい洋服です。(ブラックフォーマルウェアを卒業式用にしている教員もいます)そのため「一般の洋服売り場の黒いスーツとブラックフォーマルウェアの違いが分からない」との問いもよくあります。

 

しかし(フォーマル売り場の服ではない)一般の洋服売り場の黒い服は、「略喪服」として着用できても「準喪服」や「正喪服」として着用できない洋服です。

 

そこでここでは卒業式に着る「喪服としても着れるブラックフォーマルウェア」を選ぶときと着こなすときのポイントをお伝えいたします。

 

ブラックフォーマルウェアの素材

ブラックフォーマルウェアといえば、セレモニーはもちろんのこと喪服としても着用します。そのため上質の素材を選ぶことが重要です。

 

ブラックフォーマルウェアは、「黒」が集まる席で着用する場合が大半です。そのためおおくの人は、品格漂う「深く濃い黒のフォーマルウェア」にこだわりを持っています。

 

そしてこの深く濃い黒色になるかどうかは、素材の良し悪しで決まります。とくに黒は染めるのが大変難しく、濃い黒色を表現するには専門の高度な技術が必要になります。

 

フォーマル専門アパレルのブラックフォーマルウェアは、染めの工程で一般の黒染めに「濃染加工(のうせんかこう)という特殊な工程を加えています。

 

また裏地にもこだわりがあり、高級なキュプラ(ベンベルグ)裏地を使用しています。ベンベルグ裏地は、洋服のシルエットを美しく見せる効果があります。

 

すべりがよく軽い着心地で、パチパチとまとわりつくことがありません。そしてムレ感やべたつき感をおさえ、型崩れを防ぐ効果もあります。

 

このように細部にこだわり丁寧に作られたブラックフォーマルウェアは、価格も高額になります。上質の高級ブラックフォーマルウェアは、大切に着ることによって色あせることなく美しさを保ちます。

 

ブラックフォーマルウェアのデザイン

ブラックフォーマル売り場のフォーマルウェアは、卒業式などのセレモニーだけではなく喪服としても着用します。

 

したがって一着を年間通して着用できるオールシーズン用を求める方が大半です。(夏用と冬用とオールシーズン用を揃える方もいます)

 

オールシーズン用というのは、ワンピース(ブラウスとスカート)を夏のシーズン用として着用、ジャケットを羽織ってそれ以外のシーズン用として着用するアンサンブル(スリーピース)タイプのことです。

 

オールシーズン用の素材はポリエステルやポリエステル混合素材が最適で、ワンピース(ブラウス)のデザインは夏にワンピース(ブラウス)一枚で着ても安心な七分袖が重宝します。

 

またフォーマルウェアは上品で凛とした雰囲気が求められます。そのためワンピース(スカート)の着丈は、ひざが隠れる長さが必須条件となります。

 

ブラックフォーマルウェアを着るときに気をつけること

確かにブラックフォーマルウェアは、セレモニーに着ることができる洋服です。しかし弔事に着るのが一般的で、卒業式で着たときにそれが「喪服」にみえてしまうようでは困ります。

 

そこで胸元のコサージュは、必須アイテムです。デザインは大振りでシンプル。合わせる色はネイビー、シルバー、ベージュが黒と相性がよく、ブラックフォーマルウェアの「格」をあげるので卒業式に適しています。

 

また卒業式はベルベット素材のコサージュも重厚感がでるのでお勧めです。しかしワイン色は、黒と合わせると今風のイメージがつくりにくいので、ネイビーが良いです。

 

なおコサージュをつける位置は左側(一般に利き腕の反対側)で胸より高い位置(肩に近い位置)の顔寄りにコサージュの軸を上にしてつけます。

 

さらにそれに合わせるネックレスも必須アイテムです。パールの一連が上品です。靴は黒のシンプルなパンプス。5センチから7センチのヒールがフォーマルウェアのシルエットをきれいに見せるので効果的です。ストッキングの色はベージュです。

 

このように、セレモニーシーンから弔事のシーンまで長く着るブラックフォーマルウェアだからこそ、実際に自分で着心地やシルエットを確かめて納得のできるものを選んでください。

 

自信をもって選んだブラックフォーマルウェアは、格式高く上品で凛とした雰囲気つくりに最適で、教員として卒業式の装いに相応しい一着になるはずです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ