入学式の服装:卒業式のアンサンブルを入学式にも着るには

入学式の服装:卒業式のアンサンブルを入学式にも着るには

入学式の服装:卒業式のアンサンブルを入学式にも着るには

 

卒業式は「卒業証書を授与する式典」であるため黒や濃い色の装いが多いのに対して、入学式は「門出を祝う式典」のため明るい色の装いが多くなります。

 

卒業式と入学式はわずか一か月の間に行なわれる学校の式典のため、「せっかく買った卒業式の洋服を、入学式にまた着たい」と思う人は少なくありません。しかし3月と4月では気候がずいぶん変わりますし、写真に残るのでできれば同じ洋服に見えない工夫が欲しいです。

 

そこで、卒業式で人気のフォーマルウェア「黒のワンピースとモノトーン系ジャケット」のセットアップを、イメージを変えて入学式に着る方法を下記のイラストで解説いたします。

 

 

ブラウスを合わせる

卒業式はモノトーン系のシックな服装が多いです。しかし入学式は、明るい色の装いの人が多くなるため少し華やかさが欲しいです。そのようなときは、白(またはクリーム色)でフリル使い(またはレース使い)のエレガントなブラウスを合わせると華やかになります。

 

ところが卒業式に着るアイテムがワンピースの場合は、「ブラウスを合わせるとなるとスカートも別に用意をする必要がある」と思いがちです。しかしワンピースがノースリーブの場合は、その上からブラウスを重ねて着ることができます。

 

「ブラウスのネックラインからワンピースのネックが見えないようにする」また「下に重ねるワンピースが黒なので透けないブラウスにする」などの注意は必要ですが、下にワンピースを重ねているようには見えません。

 

 

ワンピースの素材と色を変える

また上記イラストのように、ワンピースをタフタなどハリのある素材にすると違った印象になります。タフタは薄地でも張りがある織物で、光沢があります。生地に張りがあるのでタックの入ったワンピースは、ふんわりしてフェミニンです。

 

そして、色を黒色ではなくグレーやネイビーにします。そうすれば黒色であわせたときより、柔らかい印象になります。

 

今回はあえて襟の付いたジャケットでイメージを変える方法を伝えています。しかし、襟があるジャケットはどうしても襟に目がとまるので、ブラウスを合わせたりタフタのワンピースを合わせたりしてもイメージが変わりにくいです。

 

その場合は、ロングタイプのネックレス(パールタイプがよい)を合わせてみてください。胸元が変わると、印象が違って見えます。

 

なおストールを合わせる方法もありますが、ストールは通勤着にはよくても、入学式など式典にはあまりお勧めできません(ネックレスよりカジュアルになる)。また合わせ方を間違えると野暮ったくなるので、ストールよりもネックレスを身につける方がよいです。

 

またロングのネックレスを合わせた場合は、コサージュをつけないほうがよい場合が多いです。全体のバランスを見て、くどくなるようならコサージュはやめておきましょう。

 

ジャケットを変える

「やはり明るい色のジャケットがよい」という場合は、ベースの黒のワンピースはそのまま使いジャケットだけを明るい色に変えます。しかし、「明るい色はモノトーンよりカジュアルに寄る」という理由で注意が必要です。

 

たとえば丈の短いボレロはフェミニンで華やかではありますが、明るい色のボレロの装いはどうしても子供っぽい印象になってしまいます。そのため教員や来賓、そして中学校以上の母親の装いとして「ボレロ」は避けた方が無難です。

 

また、明るい色のジャケットに黒のワンピースをコーディネートする方法は、同色で合わせる方法と違い違和感をもつ人もいます。しかし、フォーマルでは当たり前に行うコーディネート方法です。

 

とくに黒色は、「高級」「正式な」「誠実」「まじめ」というイメージをもちフォーマルでよく使われる色です。したがって黒色とあわせたコーディネートは、フォーマルらしい装いになります。

 

 

アクセサリーを変える

もっと手軽にお金をかけずにイメージを変えたいなら、やはりアクセサリーを使う方法が一番手軽です。特にロングのネックレスを合わせる方法は簡単で効果的です。

 

また、コサージュを変えるだけでもイメージは変わります。ただ、黒のワンピースにモノトーン系のジャケットなら、ロングのネックレスとコサージュを合わせてもくどくならないので両方合わせてみてください。全体のバランスをみて、上手にアクセサリーを選びましょう。

 

このようにわずか一か月の間に行なわれる卒業式と入学式で、「卒業式の洋服を、入学式にまた着たい」と誰しも思うことです。

 

しかし3月と4月では気候がずいぶん変わりますし、写真に残るのでできれば同じ洋服に見えない工夫が欲しいです。したがってブラウスを組み合わせたり、ワンピースやジャケットを変えたり、またアクセサリーを付け加えたりして効果的にイメージを変えましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ