冠婚葬祭から見るフォーマルウェアの着用シーン

冠婚葬祭から見るフォーマルウェアの着用シーン

冠婚葬祭のさまざまから見るフォーマルウェアの着用シーン

 

日常的によく使う言葉に「冠婚葬祭」があります。冠婚葬祭とは、「元服」、「婚礼」、「葬儀」、「先祖の祭礼」という日本古来の四つの儀式のことを意味します。

 

これらの儀式は、古くからたいへん重要視されてきました。それはその根底に、「無事に生きられたことを神に感謝する」と言う考え方や、「人は社会の中で、互いに助け合って生きていく」という、相手を思いやる気持ちが根付いているからです。

 

そして、今なおそれが受け継がれ、私たちの生活に密着しています。

 

またこれらの儀式には、その気持ちを相手に伝えるために、特別な装いで望みました。それがフォーマルウェアです。

 

このように、フォーマルウェアは「相手や場を思いやる気持ち」を装いで表現するために、欠かすことができないものです。

 

それでは、冠婚葬祭の意味を考えながら、フォーマルウェアで装う場面を見ていきましょう。

 

冠は人生のお祝い事

冠とは、数え年で12歳から16歳の男子が成人を示すための元服(げんぷく)という儀式から来ています。元服とは、子供の髪形を改めて大人の髪を結い、その頭に冠をつけることを言います。

 

本来は成人を意味する言葉ですが、今では人生の節目の祝い事に使われています。

 

着帯祝いから始まり、お七夜(誕生してから七日目の夜に行います)、お宮参り、お食い初め、初節句、初誕生日、七五三、入園式、入学式、卒園式、卒業式、そして成人式のお祝いが「冠」です。

 

このように、人間が生まれてから成人を迎えるまでの間にも、さまざまな場面でフォーマルウェアを着用する機会が生まれます。

 

婚は婚礼

お見合いから婚約・結納と結婚に関わるすべての儀式を「婚」といいます。人と人との出会いによって、新しい人生を築くための大切な儀式です。

 

お見合い、婚約、結納、結婚式、披露宴、新婚旅行、仲人のあいさつなどが「婚」です。これらの場面でも、フォーマルウェアを着用する機会が生まれます。

 

最近では、教会やレストランなどの挙式、また海外での挙式と結婚式は多様化しています。そのことが、装いにも影響を与えています。

 

葬は葬儀

亡くなった人を弔うための儀式が「葬」です。喪主や主催者、参列者がその立場に相応しいフォーマルウェアで装います。

 

通夜・葬儀・告別式・初七日・一周忌・四十九日・三回忌・七回忌など、葬儀に関わる全ての儀式が「葬」です。

 

祭は年中のしきたり

日本は季節ごとに様々な行事があります。しかしながら近年では、それらのしきたりが薄れつつあります。そのため、子供たちにはきちんと伝えていきたい行事です。

 

正月、節分、初午、彼岸、七夕、中元、お盆、敬老の日、月見、歳暮、大晦日などがそうです。また、結婚記念日や長寿の祝いなど、暮らしの中でつくられた年中行事や記念日が「祭」です。

 

また、これらの行事や記念日でも、その場に適したフォーマルウェアの装いが必要になります。

 

このように「冠婚葬祭」のさまざまをピックアップしてみると、人生の大事な節目でフォーマルウェアを着用するシーンがたくさんあることがわかります。

 

したがってフォーマルウェアは、「冠婚葬祭」という儀式の中で、相手に思いやりの心を伝えるために必要な大切な装いだということがわかるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ