大使館パ−ティーを利用して国際教養を身につける

大使館パ−ティーを利用して国際教養を身につける

大使館パーティーを利用して国際教養を身につける

 

時代の流れでグローバル化が進み、多文化や多様性を取り込む必要性が増しています。そのような中、近年「在日・駐日大使館」の存在が注目されています。

 

ただそれらは、一般の人にはあまりなじみのない場所で、実際には「どのような仕事を日常的にしているのか」知らないという方が多いです。

 

大使館では、パスポートやビザ、在留届を受け付ける業務を行なっています。そのほかにもメディアの対応やイベントの召集、また自国の文化や言葉を紹介するなどの活動もしています。

 

政府公式機関として活動する大使館

たとえば、「在日フランス大使館」は、フランスと日本を結ぶ組織で構成されるネットワークを持っています。そこでは、フランス語教育とフランス文化普及活動を積極的に行なっています。

 

日本とフランスの関係の歴史は長く、20世紀初頭に友好協会が組織されたそうです。その後多くの日本の都市で、フランスを愛する人々によって生まれた組織があります。それが日仏協会(SFJ)です。

 

なかでも「フランス語講座」や「フランス文化普及」を行うフランス政府公式機関「アンスチィチュ・フランセ日本」は、フランスの文化センターのような存在です。

 

アンスチィチュ・フランセは、東京日仏学院、横浜日仏学院、関西日仏学館、九州日仏学館と在日フランス大使館文化部が統合して設立されています。

 

また、フランス政府公認助成の非営利団体として、フランス語とフランス文化のセンターである「アリアンス・フランセーズ」という組織も日本に4校(札幌・仙台・愛知・徳島)あります。

 

「アンスチィチュ・フランセ」と「アリアンス・フランセーズ」は、共に語学が学べるだけではなくメディアテーク(マルチメディア図書館)の利用やイベント開催など、日本にいながらフランスにいる気分を味わうことができます。
 

さまざまなイベントを行なう大使館

また在日・駐日大使館で行なわれるイベントがあります。国によって異なりますが、自国の文化を広く紹介するために、料理や音楽そしてダンスなどを披露します。

 

たとえば在日ペルー大使館では、「ペルーチャリティーマーケット」と言うイベントがあります。イベントの目的は「エマニュエル協会の慈善活動を支援するため」の資金を募るためで、ペルーの料理を食べたり、ペルーの音楽やダンスを楽しんだりすることができます。

 

また「コミュニティフレンドシップデー」は、アメリカ大使館で毎年行われる人気イベントです。そこでは在日米軍バンド、ロックバンドの音楽ライブやセサミストリートショーなどキッズ向けの催しもあり、ファミリーで楽しむことができます。

 

そしてハンバーガーやホットドッグ、ピザ、フライドチキンなどアメリカン・フードを食べることもできるので、まさにアメリカにいる気分を満喫することができます。

 

このような大使館で行われるイベントは、各大使館の公式ツイッターやフェイスブックでお知らせをだしているので、まめにチェックをするとイベントの詳細を知ることができます。

 

会員制ファンクラブに入って大使館を利用する

大使館を利用してさまざまな活動をしていますが、オーストラリア好きの仲間が集まって結成された「クラブ・オーストラリア」と言う組織もイベントやパーティーを大使館で行っています。

 

「クラブ・オーストラリア」は2008年7月に設立されたオーストラリアの会員制ファンクラブ組織です。発起人の一人に俳優の柴俊夫さんもいらっしゃるそうで、中心メンバーとして活動しているそうです。

 

在日オーストラリア大使館の室内ホールやテラスでクリスマスパーティーを行なったり、ふだんは入ることができない大使館で楽しむ企画がたくさん用意されているようです。
 

大使館パーティーを企画する組織を利用する

他にも大使館とタイアップして、国際社会に適応する人材を育成するために設立された組織があります。グローバル化した社会に生きるには、国際的な教養が必要です。その国際教養を養うために大使館が大切な役割を担っています。

 

ビジネスの場では、語学力だけではなくパーティーのマナーや発表力が必要です。たとえば、ビジネスパーティーでは立食形式が多く、マナーを心得た立ち振る舞いや装いが求められます。

 

ところが、実際に経験をしてみないとマナーや発表力は身につきません。そこで、大使館パーティーやセミナーの場を提供して、子供たちや若い世代の人に国際教養を身につけてもらうことを目的にしています。

 

確かに在日・駐日大使館の存在は、広く知られていないのが現状です。

 

しかし多方面で活用できる在日・駐日大使館は、親世代だけではなくこれから社会を担う子供たちや若い世代の人にも、最適なお勧めの場所と言えます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ