ホテルディナーショーの魅力と楽しみ方

ホテルディナーショーの魅力と楽しみ方

ホテルディナーショーの魅力と楽しみ方

 

クリスマスのイベントとして、毎年チケットの値段や出演者で話題になるのが「クリスマスディナーショー」です。ディナーショーとは、食事と芸能が楽しめる催しのことで、主にホテルや劇場、ライブハウスなどで行われます。

 

特にホテルで行われるディナーショーは、ドレスアップをして食事と音楽やトークを楽しむための「フォーマルな場」として提供されています。そのため、収容人員が少なく飲み代も含まれるために、通常のコンサートと比較をすると高額な料金に設定されています。

 

またクリスマスや年末シーズンは、有名歌手やさまざまなタレントのディナーショーが目白押しです。

 

「クリスマスディナーショー」は、高級ホテルでフルコースのディナーを楽しんだり、身近でゆっくり生の歌手や生のバンドを楽しんだりすることができる贅沢で豪華なショーです。

 

そこで、これらホテルのディナーショーがどのように行われるのか、また魅力はどこにあるのかを見ていきたいと思います。

 

ディナーショーの魅力

ディナーショーの最大の魅力は、生の迫力を味わえることです。

 

ホテルの大宴会場で開催されるディナーショーは、1000人以上の観客で満員になります。しかし、コンサートホールより小規模な場所でおこなわれるため、ステージの躍動感が直接伝わってきます。

 

そして、本人のくだけた感じのトークが聞けたり、豪華な衣装を見ることができたりとコンサートホールでは味わうことができない臨場感も味わうことができます。

 

また有名ホテルで行なわれる「クリスマスディナーショー」は、おしゃれをして参加する人が多いです。そのため、チケットを手に入れてからは、ディナーショー当日に着用する洋服を探したり、髪形やネイルを考えたりと、ワクワク感が持続します。

 

ディナーショーは、「別世界にいるような体験ができる魅力的な場所」です。それでは、このディナーショーはどのように行われているのでしょうか。

 

ディナーショーの楽しみ方

ディナーショーは通常1日夕方から夜にかけての公演を1回または2回、同じホテルで行ないます。またショーを見ながらの食事ではなく、ディナータイムが1時間半前後、ショータイムが1時間半前後(ホテルによって若干違うようです)という流れが一般的です。

 

このディナータイムですが、結婚式の披露宴と同じような料理内容のフルコースが振る舞われます。

 

しかし、これだけの料理内容をすべて美味しく味わうためには、ふつう1時間半から2時間かかります。そのため1時間程度の食事時間は決して十分な時間ではありません。

 

したがって、ホテル側もこのディナータイムはとても気を使うようです。たとえば、ディナータイムの開始から30分以上遅れて来た場合は、料理を別の場所で食べてもらったり、日を変えて食べにきてもらったりするなどの対応をするホテルもあるそうです。

 

そのため、せっかくの楽しいディナーショーが台無しにならないように、「時間厳守」は絶対守らなければならないマナーと心得る必要があります。

 

そして食後に15分ほど休憩が入り、そのあとショーが始まります。ホテルのサービスマンはショーが始まるまでにオーダーを終えて会場から退出するので、ドリンクはそれまでにオーダーしておくほうがよいでしょう。

 

またショータイム中の写真撮影やプレゼントは事務所側の許可がないと行なえないので気をつけましょう。

 

ほとんどのホテルディナーショーは、丸い8人から10人掛のテーブルを使い全席指定で行われます。そして参加者は友人や恋人同士、また夫婦などさまざまです。

 

しかし、相席になるので一人で参加しても寂しくありません。隣に居合わせた知らない人でも、同じ目的で来た人同士で親近感がわいて、会話が弾むこともあります。

 

このように、豪華なホテルでおいしい料理を食べ、素敵なゲストから直接元気がもらえるのはディナーショーの魅力です。

 

クリスマスの時期に、一度はパーティードレスの装いでオシャレをしてディナーショーにでかけてみるのもよいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ