アメリカンスリーブドレスで分かる似合う体型と似合わない体型

アメリカンスリーブドレスで分かる似合う体型と似合わない体型

アメリカンスリーブドレスでわかる似合う体型と似合わない体型

 

ドレスのシルエットやディティール(全体に対する細かい部分)のデザインで、似合うといわれる体型を紹介している「ファッション雑誌」や「インターネットのファッションページ」が多くあります。そして多くの人は、ドレス(洋服)を購入する上でそれを参考にします。

 

しかし、自分の体型に似合うと書かれたデザインがまったく似合わないことがあります。とくに比較的誰でも似合うデザインではなく、限られた人でなければ似合わないデザインにそのようなことが起こります。たとえば、「アメリカンスリーブのドレス」もその一つです。

 

アメリカンスリーブとは、首の根元から袖ぐりの下まで衣服を斜めにカットし、肩を大きく露出したノースリーブ型のスリーブラインのことを言います。

 

一見「ホルターネックライン」のように見えますが、ホルターネックのように布やストラップなどで吊るさずに、後ろにも前と同じ形の見頃がついているのが特徴です。

 

アメリカンスリーブのドレスは、ウエディングドレスでもよく用いられるデザインです。繊細で華奢なデザインのアメリカンスリーブのドレスは「シャープでスタイリッシュな雰囲気」になるのでとても人気があります。

 

しかしこのドレスのデザインは万人向きではないようです。それは、一般に似合うと言われている体型の人の多くが、残念ながらあまり似合っていないからです。では、なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

 

単純には語れない似合う体型と似合わない体型

どのデザインでも言えることですが、「似合う体型」「似合わない体型」とひとくくりにするほどファッションは単純なものではないようです。

 

たとえば同じような体型の人が同じデザインのドレスを着ても、その人の持っている雰囲気・顔立ち・へスタイル・メイクなどすべてが合わさると似合う人と似合わない人がいます。

 

またほとんど同じような条件が揃っていたとしても、装うときの気分が違うだけで似合ったり似合わなかったりします。

 

それは「アメリカンスリーブのドレス」が良い例です。インターネット上で「肩幅の広い人に似合うデザイン」とある一方で「肩幅の狭い人に似合うデザイン」とあり、相反するコメントが飛び交ってどちらが正しいのか判断がつきません。

 

しかし、私がじっさいにアメリカンスリーブのドレスを試着したお客さまを見て思うのは、「肩幅の広い人」は肩が目立ちやすくゴツく見えるのでほとんどの人が似合っていません。

 

確かにインターネット上では、ファッションだけではなくさまざまな情報が溢れているので、鵜呑みはできません。それにしてもアメリカンスリーブの記事で、なぜ相反するコメントが並ぶのでしょうか。
 

アメリカンスリーブドレスが似合わない理由

アメリカンスリーブのドレスは、首の付け根からバストラインまでのシルエットがとても美しいデザインです。このデザインは、、小さな顔と首筋から肩の華奢なラインの人がキレイに着こなせます

 

そのため、モデルのような体型の持ち主なら「広い肩の人」でも似合いますが、日本人では少し無理があるように思います。

 

しかし「胸元にデザインがあるタイプ」や「肩の露出が少ないタイプ」、「ネックラインがハイネックではなく首に添うタイプ」を選べば、もう少し似合う人の幅が広がります。

 

また、アメリカンスリーブのドレスは何も羽織らず一枚で着てこそ映えるデザインですが、あえて言えばストールを肩から掛けるとドレスだけでは似合わない人が似合うようになります。

 

このように目の錯覚(さっかく)を利用して視線をずらす方法は、効果の期待ができる方法です。そこでお勧めなのは、デザイン違いを3着ほどピックアップして、比較をする方法です。

 

比較をすることによって違いが確認できるので、自分に似合うドレスが見つけやすくなります。人それぞれ顔や体型が違うように、似合うドレスも違います。

 

あまりたくさん試着をすると、分からなくなるのでお勧めできませんが、自分は似合わないと思っていたドレスが思いがけず似合うこともあります。

 

その似合うドレスを着てお客さまがフィッティングルームから出てきたときは、服を提供する立場の私もとてもうれしくなります。ぜひ試してみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ