アフタヌーンティー女子会はスマートカジュアルで優雅に装う

アフタヌーンティー女子会はスマートカジュアルで優雅に装う

アフタヌーンティー女子会はスマートカジュアルで優雅に装う

 

ホテルで宿泊する女子会も人気がありますが、ホテルのラウンジで「アフタヌーンティーをいただく女子会」も人気です。

 

アフタヌーンティーは、もともとイギリスの貴族の社交として広まりました。ハイグレードなホテルのラウンジで生の演奏を聞きながら、午後の時間に優雅なひと時が過ごせる女子会は、大人の女性にピッタリです

 

そこで最近注目をされているアフタヌーンティーですが、そもそもアフタヌーンティーとはどういうものなのでしょうか。

 

 アフタヌーンティーの由来
アフタヌーンティーは、19世紀の英国貴族のくらしに根付いた習慣で、昼下がりに紅茶とともに軽食や焼菓子をいただくことをいいます。

 

アフタヌーンティーは、1840年頃に第7代ベッドフォード公爵フランシス・ラッセルの夫人、アンナ・マリアによってはじめられたとされています。

 

イギリスにおいてこのような習慣が始まったのは、当時夕食の時間帯(19時から21時)は、観劇やオペラ鑑賞や夜の社交などにあてられていたため、夕食をとるのが21時以降になったのだそうです。

 

そのため事前の腹ごしらえとして、午後3時から5時頃にお茶や軽食をいただくようになったようです。その後、アフタヌーンティーは女性の社交の場として定着しています

 

 アフタヌーンティーの内容
日本のホテルやレストランで提供されるアフタヌーンティーは、紅茶のほかにサンドイッチなどの軽食やスコーンやケーキ類といった菓子をいただくことができます。そして皿に盛った軽食や菓子は、2段から3段重ねのティースタンドに載せらるのが一般的です

 

このティースタンドは、アフタヌーンティーに欠かせないアイテムで、ほんらいは狭いテーブルや低いテーブルの上を有効的に活用するために使われるようになりました。

 

またサンドイッチは、キュウリを使うのが上流階級の茶会の定番でした。それは栄養価の低いキュウリを新鮮な状態で食べるということは、ヴィクトリア朝時代では働かなくても農夫を従えて生活ができる証だったからです。

 

現代ではイギリスでも、いろいろな食材を挟んだサンドイッチがだされます。日本のホテルで提供されるアフタヌーンティーは、スコーンやケーキだけではなくフルーツなどが盛り合わされていて、豪華でオシャレな内容です。

 

今では本場イギリスだけではなく、日本でもアフタヌーンティーをいただく機会が多くなりました。そこで気になるのが、マナーです。

 

 アフタヌーンティーのドレスコードとマナー
アフタヌーンティーは英国貴族の暮らしに根付いた習慣のため、日本では礼儀作法が要求されると思われています。

 

しかしイギリスは現代、上流階級から労働階級まで広く普及した習慣になっています。そのため日本の格調高いホテルで提供されるアフタヌーンティーでも、作法やマナーについてそれほど堅苦しく考える必要はなさそうです。

 

したがってホテルのラウンジで提供されるアフタヌーンティーは、ドレスコードを設けていないところがほとんどで、またあってもスマートカジュアル(短パン・サンダル不可)程度です。

 

スマートカジュアルとは「ドレスコードのひとつ」で、一般的にはきちんとした身なりでありながら、あくまでもインフォーマル(略礼装)な装いのことを言います。

 

時代と共にカジュアルウェアが一般化しているので、カジュアルウェアを少し気を使って装うために、分かりやすく分類した表現になります。

 

スマートカジュアルよりフォーマルに近い装いに用いる表現に「カジュアルエレガンス」「スマートエレガンス」があります。

 

そのことを踏まえた上で食事のマナーをみてみると、英国貴族が生んだ習慣なので本格的なアフタヌーンティーの食べ方には、それに基づいた作法というものがあります。

 

たとえばサンドイッチ、スコーン、ケーキなどのデザートはティースタンドの下から順番に食べるのが、アフタヌーンティーの礼儀とされています。

 

また、イギリスのお茶菓子として有名なスコーンですが、スコーンを食べるときはお皿に取り、横の切れ目から手で半分に割るのが一般的です。

 

また堅くて割れない場合は、フォークを使って割るのがほんらいの礼儀だそうです。本場ではナイフは使わないそうですが、日本のホテルではナイフを使うことが礼儀に反するとは考えられていないようです。

 

そして、そこにジャムとクロテッドクリームをつけて食べますが、どちらから先でも問題はないようです(イギリスは地域によって順番が違うそうです)。

 

このように確かに正式な作法はありますが、それほど神経質にこだわる必要はないように思います。しかしマナーを知っておいて損はありません。

 

一番大切なことはおいしくいただくことであり、あまりにも行儀の悪い行為は困りますが、マナーはこだわるのではなく心得るものだと思います

 

したがって、ホテルのラウンジで生の演奏を聞きながらアフタヌーンティーの女子会を開くのは、優雅で楽しいひと時です。あなたも一度、アフタヌーンティーをいただく女子会を開いてみてはいかがでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ