同窓会に着ていくべきホテルでのドレスコードと装い

同窓会に着ていくべきホテルでのドレスコードと装い

同窓会に着ていくべきホテルでのドレスコードと装い

 

あなたは、同窓会にどのようなイメージをもっているでしょうか。憧れの先生がいて楽しかったことや、スポーツが得意で人気者だったことなど、多くの人は同窓会の案内状と共に学生時代のことを懐かしく思い出します。

 

また卒業後の20年、30年と、同級生がどんな人生を歩んできたのか気になるかも知れません。しかし、同じ学校で学んだ級友でも、同窓会で自分の家庭や仕事の自慢話は禁物です。

 

また、ブランド品でかためた装いやフォーマルすぎる装い、カジュアルすぎる装いも好ましくありません。そこで相手に良い印象をあたえ、好まれる装いのポイントをお伝えします。

 

 相手に良い印象をあたえ好まれる装い
私たちは、あらゆる場面で他人と関わって生活をしています。その中で、相手の装いを見てその人の好みやセンス、考え方にいたるまでを読みとります。それが公の場となれば、とくにシビアな目で相手をみて判断しようとします。

 

たとえば一般的な結婚式でカジュアルな装いの人を見ると、マナーを知らない人だと判断をします。また飲み会で流行を取り入れた洋服を着こなせば、センスのいい人だと判断をします。

 

そして最終的にはその人の装いや雰囲気で、その人に好感をもったり不快感をもったりします。そのため自分の装いが、相手にどのような印象をあたえるかを客観的に知ることはとても大切なことです

 

同窓会では、自分のステータスで高級品を身につけると、自慢をしていると感じる人がいるのでマイナスです。パンツスーツでカッコよくきめると、できる女性をアピールしているように見られてこちらもあまりお勧めできません。

 

頻繁に会うことがない同級生だからこそ、同窓会では好印象をもってもらいたいものです。では同窓会は、どのように装えば人によい印象をあたえることができるのでしょうか。ホテルやレストラン・居酒屋と会場に合わせた装いを、具体的に解説いたします。
 
 ドレスコードに沿った具体的な装い例
ドレスコードに照らし合わせてみると、会場がホテルの場合はセミフォーマルからインフォーマルの装いになります。しかしホテルの同窓会は、立食形式が多いです。その場合は、着席形式よりカジュアル寄りが可能です。

 

とはいうもののセミフォーマルと、インフォーマルの境目は実に曖昧です。とくに同窓会は、結婚式と同じような装いではフォーマル過ぎて浮いてしまう可能性があります

 

その場合は、上品さを前面にだしたワンピースの装いがお勧めです。デザインは、シャープな雰囲気の人であれば程よいゆとりの「ストレートライン」、可愛らしい雰囲気の人はウエスト切り替えの「Xライン」が似合います。

 

ワンピースは、タフタやシャンタンなどハリのあるものを選ぶと身体のラインを強調しないので、40代以降の人は積極的に取り入れてほしい素材です。

 

シフォンなどドレッシーなタイプは、フォーマルドレスに多い素材です。取り入れても問題ないですが、フォーマル過ぎないか考慮が必要です。

 

またワンピースの装いは、上に羽織るジャケットのデザインで印象が違ってきます。

 

若々しい装いにしようとボレロを合わせる人もいますが、子供っぽい印象になったり体の大きい人はバランスが悪い装いになったりするので注意してください。その場合は、ウエスト丈のジャケットを会わせるとスッキリ見えます。

 

そして顔回りは明るい色をもってくると、若々しい印象になります。ジャケットに明るい色を取り入れたいところですが、苦手な人はネックレスにパールやシルバー、ゴールドなどを取り入れると華やぎます。

 

さらに会場が居酒屋なら、もう少しカジュアルな服装でも大丈夫です。しかしいくらカジュアルと言ってもジーンズはお勧めできません。

 

先ほどのワンピースをベースにして、合わせるジャケットをカーディガンにチェンジをすれば、カジュアルダウンの装いになります

 

居酒屋は、座敷を使う場合を考慮してタイトなラインのワンピースはあまりお勧めができません。

 

レストランの装いは、レストランの「格」によって違ってきます。ひと口にレストランと言っても、ホテルの中にある高級なレストランからカジュアルなレストランまでさまざまな様式があるからです。

 

ホテルでの装いと居酒屋の装いを参考にしながら選べば、失敗することはありません。

 

その他、厚すぎるファンデーションや濃すぎるメイク、艶のないヘアは老けて見えるので気をつけてください。また香水は、嗜好性が高いので思った以上に苦手な人が多いので避けるほうが賢明でしょう。

 

このように久しぶりに懐かしいクラスメイトに会える同窓会は、楽しみと同時に不安が付きまといます。よい印象を与える装いや振る舞いで好感度を手にいれて、思い出に残る同窓会にしてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ