好感度の高いワンピースで装う40代の同窓会

好感度の高いワンピースで装う40代の同窓会

好感度の高いワンピースで装う40代の同窓会

 

女性らしい優しさや上品さをアピールできるワンピースは、同窓会でも好感度が高い装いのひとつです。

 

とくに40代の女性は、バストやヒップが下がってくるなど体型に変化があらわれる年齢です。「若い服を着るのは無理があるのは承知でも、地味で落ち着いた服は着たくない」と考える40代女性は少なくありません。

 

その悩みを解決してくれるのが、ワンピースの装いです。ワンピースのメリットは、一枚でもさまになることです。また重ね着がしやすく、コーディネートしだいでカジュアルからフォーマルまで着こなせるのもメリットのひとつです。

 

このようにコーディネートが簡単で幅広いシーンにおいて活躍するワンピースでも、40代の女性がきれいにワンピースを着こなすためには注意すべきポイントがあります。

 

 手持ちのワンピースを着るときの注意点
とくに同窓会に手持ちのワンピース(アンサンブル)を着て行こうと考えている人は、この洋服を今着ても問題ないのかを再認識する必要があります。

 

購入したときは高価だったお気に入りのジャケット、子供の入学式に着たアンサンブル、何年も前に着た結婚式のドレスの多くは、残念ながら今着る洋服ではありません。見た目は着れる洋服でも、肩幅や襟の形、全体のシルエットが昔とは異なります

 

また手持ちの洋服と合わせて、ワンピースだけ、ジャケットだけと単品を買う予定であれば、ほとんどの洋服はコーディネートできないと思ったほうがよさそうです。

 

せっかくの機会なので、ぜひ新しいワンピースを買って同窓会に臨んでください。しかしどのようなワンピースを買えばよいのでしょうか。
 
 新しくワンピースを買うときに注意すべきこと
たとえば、ファッションと無縁の生活をしている息子を持つ母親の多くは、自分の服装に無頓着になる傾向があります。

 

また反対に娘をもつ母親の多くは、若い服装を目にする機会や娘とファッションの話をする機会が多いので、オシャレに敏感です。

 

しかし、自分も娘と同じデザインの洋服を着ることができると勘違いをしたり、娘の若い感覚の意見を簡単に受け入れてしまう傾向があります。

 

したがって、自分自身の目で今の流行を知ると同時に、自分の年代に合ったデザインがなにかを知る必要があります。

 

自分にふさわしい洋服を買うときに注意すべきポイントは、自分の年齢に適したファッション雑誌などを参考にして今のおおまかな流行を知ったうえで、自分の似合う装いを吟味するのが一番の近道です。

 

とくにワンピースは、羽織りものでイメージが変わります。ボレロを合わせれば可愛らしい雰囲気になりますが、一つ間違えると子供っぽくなります。

 

ジャケットを合わせるとキチンとした感じになりますが、デザインを間違えると入学式の母親のような服装になります。

 

これらをオシャレで今風に着こなすには、自分に合う洋服が購入できるお店を選ぶことも必要です。若い人向けのブランドの店で自分の洋服を選ぶと、同じ9号でも洋服のパターンが違うので綺麗なシルエットは望めません

 

そこで、自分に合うブランドの店が分からない人にお勧めなのが、百貨店のフォーマル売り場です。

 

フォーマル売り場の多くは、いろいろな年齢の人に対応できる服が並んでいます。そしてそれらの服をながめるだけでは、自分に合うデザインがどれかを把握するのは難しいです。

 

しかし異なった年齢の人に対応する洋服を試着することによって、「自分に似合うデザインの洋服か」や「着たときに胸周りやおなか周りに無理がないか」を実際に確認することができるので失敗がありません。

 

またワンピースやジャケットの素材選びも重要ですが、フォーマル売り場はグレードの高い素材が数多くあります。

 

それらの洋服は、裏地もキュプラを使っているので装ったときのシルエットがとてもきれいです。40代の女性は、安い生地を選ぶとそれがシルエットに影響します。そして、全体が貧相に見える残念な装いになります。

 

40代の女性は、体型に変化があらわれる年齢です。日ごろからオシャレが大好きで、ファッションに興味がある方は別にして、オシャレをする機会が少ない40代女性は、同窓会にでかける前に自分を振り返りましょう。

 

そして女性らしい優しさや上品さをアピールできるワンピースを選び、同窓会でステキな時間をすごしてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ