部下の結婚式に主賓で出席するときに注意すべき装い方

部下の結婚式に主賓で出席するときに注意すべき装い方

部下の結婚式に主賓で出席するときに注意すべき装い方

 

結婚式に招かれたお客さまのなかで、メインとなるゲストのことを「主賓」といいます。

 

そして主賓は、勤務先の上司や学生時代の恩師などが一般的で、年配の男性が多いです。しかし、最近は女性が主賓として招待されることも増えてきました。

 

また、はじめて主賓として招待されると分からないことも多く戸惑います。とくに主賓として出席する場合は、友人や同僚として参加する場合とは立場が異なります。

 

部下の結婚式に主賓として出席するときの注意点

両家のゲストの代表として祝辞を述べることもあり、上司として品格のある立ち振舞いが必要になります。さらに、披露宴会場の大きさや雰囲気に合った、上品で落ち着きのある装いも必要です。

 

ただ女性の服装は男性と違い、選択肢が多くてどのような格好が適しているのか分かりにくいです。たとえば、「格式のある装いをしなければ失礼になるのでは」と気にしすぎると、新郎新婦の母親の装い(洋装の場合)より格式が高くなってしまいます。

 

また、ドレスコードが「平服」とある場合は、どの程度カジュアルが許されるかが分かりません。

 

しかし、フォーマルウェアで装う場合は、正礼装をワンモチーフとした場合に、一つを崩して準礼装、ファッション性を加えて略礼装とする」というルールがあります。

 

それを基準に母親の装いよりすこし「準礼装寄り」に、またゲストの中では「最も格調高い装い」にするとうまく装えます。

 

ただそれには、披露宴会場の場所や雰囲気、また大きさなどを考慮して判断をする必要があります。なぜなら、「大きなホテル」と「こぢんまりとしたレストラン」では規模が全く違うので、それらの場所に合わせて装い方が変わるからです。

 

そこで「格調高く装う場合」と「カジュアルに装う場合」に分けて、どのように装えばよいかを母親の装いと比較しながら、わかりやすく解説します。
 

格調高い結婚式:母親が正礼装(それに準ずる)の場合

一般的に母親は、正礼装かそれに近い装いで出席します。どのようなデザインが正礼装(それに準ずる装い)かというと、肌の露出の少ないロングドレス(アンサンブル・スーツ)などです。

 

「襟もとがあき過ぎない」「長袖または7分袖」「無地に近い素材」などの特徴がある、ジャケットとロングドレス(スカート)のセットアップの装いが基本スタイルです。(下記イラスト右側参照)

 

 

 

上記イラストのジャケットは、光沢が美しいシルクシャンタン素材(縦が普通の絹糸、横が絹の玉糸で織られた織物)です。またスカート(ドレス)は、ほっそりと下に広がったマーメードラインのロングスカート(ポリエステル素材)で装っています。

 

このようにほっそりしたスカートのラインは、正礼装でよく用いる基本のドレス(スカート)ラインです。この基本のラインをもとに、「格式」を少し下げて主賓の装いにします。

 

たとえば「スカートは長い方が好きだから」とくるぶし丈にすると、母親と同じ装いになってしまいます。そこでスカートをふんわりとしたギャザースカートにデザインを変えます。(上記イラスト左側参照)

 

ギャザースカートはフェミニン(女性らしい)な要素が強いですが、スカートの丈を長くすることにより少し辛口の要素を加えて「ビジネスの場の装い」にしています。

 

このように、スカートのデザインを変えることで母親の装いより少し「格」を下げることができます。したがって、ロングスカートはデザイン性をプラスすることにより、「格式のある主賓の装い」になります。

 

カジュアルな結婚式:母親が準礼装の場合

最近はカジュアル化が進み、結婚式もカジュアル傾向にあります。たとえば、「こぢんまりとしたレストラン」や「リゾート地でのウエディング」など、アットホームでカジュアルな結婚式が増えています。

 

しかしカジュアルな場所の結婚式では、従来のジャケットとロングドレス(スカート)の装いは、「無難すぎてオシャレじゃない」と思う母親が目立つようになってきました。

 

そして、このようなオシャレな母親は、若い女性と同じようなドレスにボレロを合わせたスタイルを好みます。たとえば下記イラスト右側のようなスタイルです。

 

このイラストは、くるぶし丈よりやや短いレース使いのドレスに、軽い素材のボレロをコーディネートした母親に人気の装いです。ただこの服装は、フェミニンで若々しい印象になりますが、スタイルはカジュアルです。

 

 

 

そこで主賓は、その母親の装いを基に、ひざ下丈のドレスと羽織物で装うとバランスが保てます。しかし、主賓は他のゲストよりカジュアルにならないように注意をする必要があります。

 

そのような場合は、ひざ下丈ドレスとお揃いのジャケットで装うと、カジュアルな中にもキチンと感がでて他のゲストと差別化ができます。(上記イラスト左側参照)

 

このように、部下の結婚式に出席する女性の主賓における装いは、母親の衣装より少し「準礼装寄り」にし、かつゲストの中では「最も格調高い装い」にすると良いでしょう。

 

ここで学んだことを活かし、「格調高い結婚式」や「カジュアルな結婚式」を考慮して、主賓として相応しい装いで部下の結婚式に臨みましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ