プレゼンファッションで女性が「つよさ」をアピールすべき理由

プレゼンファッションで女性が「つよさ」をアピールすべき理由

プレゼンファッションで女性が「つよさ」をアピールすべき理由

 

 

 

プレゼンテーション(プレゼン)をするにあたって、「緊張してうまく話せない」や「何を話せばよいか分からない」などの理由で苦手と感じる人は多いです。

 

確かにプレゼンでは、決められた時間内に自分の話を理解し納得をしてもらう必要があるため、つい難しく考えてしまいます。けれども、事前に伝える内容を準備してコツをつかめば、上手にプレゼンを行うことができます。

 

ところが意外に見落としがちなのが、自分の「外見」を売り込む重要性です。「外見と仕事の内容は違う」という人もいますが、他人は自分が思っている以上に「見た目」で相手を判断します。

 

とくに女性のビジネスファッションは、男性に比べて選択肢がおおいためイメージの果たす役割は大きいです。そこでここでは、「女性がプレゼンを効果的に行うための装い」についてお伝えします。

 

プレゼンで効果のある装いとは

プレゼンテーションとは、「売り込みたいテーマや企画について、効果的に説得するための技法」のことをいいます。そのためプレゼンは、「自分の能力を発揮するための大切な場所」となります。

 

けれども相手に信頼をしてもらえなければ、自分が望む結果が得られません。そこで、仕事ができるという「つよさ」を演出します。女性につよさを求めることに違和感を持つ人がいるかも知れません。

 

しかし「堅い職種のプレゼン」や「年上の男性が多いと予測されるプレゼン」は着るものに気をつける必要があります。

 

フェミニンな女性らしい服装より、シャープ服装の方が「男性のビジネススーツ」をイメージできて、相手の信頼が得やすいです。なぜならビジネス社会は、まだまだ女性軽視の傾向にあるからです。

 

またくだけた服装やルーズなシルエットもカジュアルになり過ぎて、つよさを表現することができません。そこで、「フォーマル度の高い装い」で相手につよさをアピールすることが大切です。

 

フォーマル度の高い装いは、なぜつよさをアピールできるのでしょうか。フォーマルウェアの着こなしは一般的にルールが多く、「マナー」を心得て着こなさなければなりません。したがって、堂々と美しくフォーマルなスーツを着こなす女性は、仕事ができて品格のある大人の女性に見えます。

 

女性軽視のビジネス社会だからこそ、人は堂々とスーツを着こなすあなたに「いかなる場面でも冷静な判断ができる女性」と理解を示してくれるのです。

 

服装で人の持つイメージが大きく変わるなら、効果的に装う必要性を受け入れましょう。

 

そこでフォーマル度の高い装いとはどのようなものか、「装いのルール」について述べます。プレゼンファッションもそのルールに基づいて装うと分かりやすいです。

 

プレゼンファッション装いのルール

ファッションはフォーマルな装い(ビジネスでは紺やグレーのテーラードスカートスーツ)をワンモチーフとした場合、ファッション性が加わると徐々にカジュアルになっていきます。ようするにカジュアルとフォーマルのバランスでどのような装いが相応しいか判断をするわけです。

 

したがって「シルエット」・「色」・「素材」に着目をしてフォーマル度の高い装いをすると相手に信頼される装いができます。そこでどのような装いがフォーマル度の高い装いかを見ていきます。

 

<シルエット>

 

たとえば体のラインにそったスッキリしたシルエットはフォーマルで、ゆるみのあるルーズなシルエットはカジュアルです。

 

下記イラストを見てください。左側のシャープなテーラードのスカートスーツはビジネスの基本のスタイルでフォーマルな装いです。しかし同じテーラードのジャケットでも、右イラストのようにスカートをゆるみのあるデザイン(ファッション性が加わる)にするとカジュアルになります。

 

 

<色>

 

白は、清潔・冷たい・新鮮なイメージがあります。赤は、情熱的・活動的・積極的なイメージがあります。このよう色には、それぞれ色の持つイメージがあります。

 

また色を組み合わせることにより、親しみやすいイメージになったり、女性らしい華やかなイメージになったり、理知的なイメージになったりします。

 

このように、色はさまざまな表情を持っています。そして色でフォーマルな装いを表現するには、黒やグレーなど無彩色を使うと良いです(ただし黒一色のスーツは冠婚葬祭の色で、フォーマルになる過ぎるのでプレゼンに相応しくないです)。

 

下記イラストでは、インナーに黒を入れた装いと赤を入れた装いで紹介しています。赤のインナーは黒のインナーよりカジュアルになります(積極性をアピールするために、赤を効果的に使う場合もあります)。したがって、インナーの色にも注意が必要です。

 

 

<素材>

 

プレゼンファッション:具体的な装い

ミニスカートやフリルのスカートスーツの女性とコンサバティブ(保守的)なひざ下たけのスカートスーツの女性では、どちらが仕事のできる女性に見えるでしょうか。

 

初対面では相手のことがよくわからないため、見た目(イメージ)で人を判断しがちです。特に女性の装いは男性よりファッションの幅が広く、ビジネスであっても個人の判断に任せられる部分が多いです。

 

しかしビジネスの場は「人に与える印象」を常に考えて装う必要があります。他人は装いで、「親近感が持てる人」とか「怖そうな人」とか「仕事ができそうな人」とかを判断するからです。

 

たとえば、フリル使いのスカートスーツは、女性らしく可愛らしい印象になり親近感は持てますが、力強さに欠けます。したがって、商談に相応しい服装としてあまりお勧めできません。

 

また、ミニのスカートスーツもセクシーすぎて仕事のできる女性には見えないので商談の場に相応しくはないでしょう。

 

さらに女性のビジネスファッションは、メイクやアクセサリー・靴・ヘアスタイルなども気をつける必要があります。

 

長い髪の女性は、ふわふわのロングヘアにすると女性らしさをアピールできますが自分の能力を発揮できる髪形とは言い難いです。しかし同じ長い髪でもキリッと一つにまとめた髪型は、シャープな印象で仕事ができる女性に見えるため、自分のパワーをアピールできます。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ