仕事ができる40代女性が選ぶビジネススーツと着こなし方

仕事ができる40代女性が選ぶビジネススーツと着こなし方

仕事ができる40代女性が選ぶビジネススーツと着こなし方

 

 

ビジネスパーティーはもちろんのこと、商談のためのビジネスランチやディナー、またセミナー講師などの服装は、スーツにアクセサリーを添えた装いが相応しいです。

 

40代を過ぎた女性の場合、責任のあるポジションを任されることが多いため、上質なスーツで決める必要があります。

 

しかしながら、実際に店に行ってみると並んでいる女性のスーツは、ファッション性のあるデザインが目立ちます。そのため、どのスーツがビジネスに適しているのか分かりにくいです。

 

このとき、入社したばかりの若い女性なら、手ごろな値段のビジネススーツで乗り切れます。また、オシャレな女性であれば、「コンサバティブ(保守的)な装いは物足らない」とファッション性のあるデザインのスーツを選ぶ人もいるでしょう。

 

けれども自分の服装が直接自分自身の評価につながるビジネスの場では、服装選びがとても重要になります。責任あるポジションを任されるからこそ、適切なスーツを選び、着こなす必要があります。

 

そこで40代女性がビジネスの場でどのようなスーツを選び、着こなせばよいかを解説いたします。ここで、正しいビジネススーツのマナーを学んでください。

 

ビジネススーツの選び方と購入時の注意点

フォーマルシーンの装いに基本のかたちがあるように、ビジネスシーンの装いにも基本のかたちがあります。ビジネスウーマンが「おおやけの場」に着る仕事着は、通常男性とおなじようなビジネススーツが一般的です。

 

かたちは、シングルボタンのテーラードジャケットとひざが少し隠れる丈のスカートスーツが適しています。スカートはフレアなどフェミニンなデザインを避けて、タイトかそれに近いシルエットにします。

 

なぜならシングルボタンのテーラードジャケットは、男性が着ているビジネススーツの基本のデザインで、「最もきちんとした装いで、信頼される服装」といえるからです。

 

また、スカートスーツは女性の正式なスーツスタイルで、どのような相手からでも好感が得られます。そして、各種式典などのさまざまなビジネスフォーマルシーンに対応可能です。

 

しかし丈の短いスカートは座ったときにさらにスカート丈が短くなるので、常識のない人と見られる可能性があるので注意してください。

 

 

 

素材はしわになりにくいものが相応しいです。そのため、ウールやウール混合素材(ポリウレタンがすこし入ったストレッチ素材のもの)が良いです。

 

なぜなら、上質のウール素材はしわになりにくいのはもちろんのこと、年間を通して着用できます。また、光沢があるので高級感がでます。

 

色は、紺(黒に近い紺も可)やグレー(ミディアムグレーからチャコールグレー)などダークカラーのスーツがオールマイティーに着こなせてお勧めです。

 

また、男性のスーツによくあるストライプ柄もよいですが、フォーマルシーンまで着こなすには無地が無難です。そのため、フォーマルシーンまで着ることを想定しているのであれば、無地のものを選びましょう。

 

しかしこのようなスーツは、探すのに苦労します。実際にお店で売られているスーツのほとんどが、キャリア対象のファッションブランドのスーツやインポートブランドのものだからです。

 

そのため、キャリア対象のスーツは、デザイン性を重視して素材やディティール(細かい部分)に凝っています。また、インポートブランドのスーツは、ブランドイメージが強すぎてオシャレ過ぎることが多いです。

 

そのため、求めているビジネススーツがない場合は、オーダーメイド(注文服)をお勧めします。オーダーメイドのスーツであれば、自分のサイズに適しているものや理想のデザインのものを購入できるからです。

 

オーダーメイドのスーツ

オーダーメイドのスーツは、主に3種類に分類されます。「パターンオーダー」、「イージーオーダー」、「フルオーダー」の3つです。

 

<パターンオーダー> 

 

パターンオーダーは、「すでにメーカーが用意をしているパターン(サイズと型)を使って、自分の好きな布地で服をつくることができる」方法をいいます。

 

パターンオーダーは型紙から作るわけではないので、サイズの変更は着丈や袖丈などの限られた部分になります。しかし標準体型に近い人であれば、多少の修正をするだけで既製服より体型が合うものをつくることができます。

 

既製服とほとんど変わらない価格でできること、オーダーの仕方が簡単なことなどの理由ではじめてオーダースーツをつくる人にお勧めです。

 

<イージーオーダー>

 

イージーオーダーは、「既存の型紙をベースにしつつ注文者の体型に合わせた補正を加えて服を作ることができる」方法をいいます。

 

パターンオーダーは「ゲージ服」と呼ばれる既製服を試しに着てから服をつくりますが、イージーオーダーは型紙から服をつくるので試着ができません(仮縫いは行なわれません)。

 

そこで、万が一出来上がった時に「小さすぎた」というリスクを避けるため、大きい目に採寸をして出来上がってから微調整をすることがあります。したがって少し余裕を持って注文をすると、あとで慌てることが無く安心です。

 

<フルオーダー>

 

フルオーダーは、「型紙から一人ひとりの体型に合わせて服をつくることができる」方法です。また、仮縫いで調整を行うことができます。

 

フルオーダーは最初からそれぞれの人に合わせて服を作ります。既製服では サイズが合わない人や、デザインにこだわりがある人であっても、自由に服をつくることができます。

 

さらに途中で仮縫いを行ないますので、イメージと異なる部分を出来上がる前に修正をすることができます。しかし職人の手で丁寧に作られるため、費用と時間が他のオーダー方法よりかかります。

 

以上のようにオーダーメイドのスーツは、オーダーの種類によってそれぞれメリットとデメリットがあります。そのため、それぞれの違いを理解してオーダーメイドスーツを購入するようにしましょう。

 

ビジネススーツの着こなし方

しかしながら、ビジネススーツを購入しても、正しいマナーで着こなせる方は少ないです。したがって、40代になり責任ある立場の場合は、正しくビジネススーツを着こなす必要があります。

 

きちんと正しくスーツを着て、ビジネスで活躍できるようにしましょう。

 

たとえばカラーフォーマルのジャケットは、取り外しのできる胸当てがついている場合が多く、通常ジャケットの中にブラウスやカットソーを着ることはありません。しかし、ビジネス用のジャケットはインナーがいるため、中に着るものも重要なポイントになります。

 

それは、男性のビジネススーツは「ワイシャツを着てネクタイを締める」と形がありますが、女性は中に着るブラウスのデザインの選択肢が多いため、決まっていないからです。

 

しかし襟のあるワイシャツを合わせると、フレッシャーズのビジネススーツのようになる可能性があります。そこでビジネスにおけるフォーマルシーンは、襟なしのブラウスを合わせましょう。

 

ただブラウスのネックラインの「あき過ぎ」や「つまり過ぎ」のタイプは避けるようにしましょう。あき過ぎは下着のラインが気になりますし、つまり過ぎはネックレスが映えません。

 

一方、フォーマルジャケット(胸当て付きタイプ)は、ネックレスが映えるネックラインになっているので参考にしてください。

 

ファッション雑誌でおなじみのスタイルに、襟のあるシャツをテーラードジャケットとあわせ、シャツの襟を立てて着こなすスタイルがあります。しかし、襟のないブラウスを合わせたほうがドレッシーで上品な装いになります。

 

さらに、ブラウスの色は白かブルーグレー(スーツと濃淡で合わせるとよい)をお勧めします。これであれば、中に着たブラウスだけが目立つことがなく無難です。

 

また、パンツスタイルを好む女性もいますが、どのようなシーンにも対応できるのはスカートスーツです。ただ職種やビジネスシーンによっては、パンツのほうが適切な場合もあります。

 

そのため、用途に応じて適切なスーツのスタイルを選ぶようにしましょう。

 

ただ、その場合はフルレングスのストレートパンツが基本です。最近はパンツの種類も豊富でクロップドパンツ(裾が切り取られたようなデザインのパンツ)は人気のデザインですが、カジュアルに見えるので避けるほうが無難です。

 

 

 

さらに、ビジネスシーンでワンピースを着る人は注意が必要です。フォーマルではドレスが正式ですが、ビジネスシーンでは女性らしさが強調されて相応しくない場合があります。お揃いのジャケットと合わせて、ビジネスパーティーの装いなら可能です。

 

なおパンツやワンピースは、スカートスーツと同じ生地で揃えておくと着まわしができて重宝します。たとえば紺の上質なウール素材のワンピースであれば、フォーマルジャケットとコーディネートをして結婚式に着ることも可能です。

 

このようにビジネスパーティーや、商談のためのビジネスランチ(ディナー)、またセミナー講師の服装などは、その用途に適したスーツ選びが重要なポイントになります。

 

したがって、自分の体型に合うスーツを着こなすのはもちろんのこと、適切な素材や色またはデザインを考慮して自分を効果的に見せることができるスーツを選んでください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ