結婚式・披露宴で何を着たらいいかわからない方へ

結婚式・披露宴で何を着たらいいかわからない方へ

結婚式・披露宴で何を着たらいいかわからない方へ記事一覧

結婚式親の服装〜留袖にすべき?洋装のメリットとデメリット結婚式で何を着ようと考えたとき、まず初めに「黒留袖」にするか「洋装」にするかで悩む人は多いのではないでしょうか。これは装う人の好みで、どちらかを選んでも問題はありません。ただ自分は洋装がいいのに、相手が「留袖にしてくれ」といってきたときや、反対に留袖にするつもりでいたのに、「洋装にしよう」といわれたとなると困惑してしまいます。そこでまずは、百...

結婚式のフォーマルウェア:ブライダルマザードレスの提案あなたは、「ブライダルマザードレス(結婚式の母親用ドレス)」というのをご存知でしょうか。昔とは違い、挙式の洋風化が増えてきたことから、母親たちも洋風なドレスを着て、おしゃれで若々しい服装で出席する人が増えています。また、普段からオシャレに敏感な新郎・新婦の母親は、自分のフォーマルウェアにもこだわりを持っています。ただ、母親の立場として「どのよう...

結婚式場選びで親が知っておくべきこと今どきの結婚式は、親世代の結婚式と違って、オリジナルとアットホームな雰囲気にこだわりを持っています。したがって結婚の準備は、若い二人で進めることが多いです。ただ、子供たちは慣れないことばかりで、戸惑うことがあります。そのため、親世代も今どきの結婚式事情を知って、ここぞというときに適切なアドバイスをしてあげましょう。そこで、結婚式場を探すためのヒントをお伝えします...

結婚式母親の服装:ホテルウエディングに相応しい装いとは結婚式が決まって、まず決めなければならないのは結婚式のスタイルです。「どのような結婚式を挙げるか」「自分たちだけではなく、列席するみんなが満足できるか」を考えるとどうしても慎重になります。また式場のスタイルによって、親のフォーマルウェアも変わるので、しっかりチェックをしていきたいものです。結婚式のスタイルは大きく分けてホテル・専用式場・レストラ...

結婚式母親の服装:専用式場ウエディングに相応しい装いとは結婚式のスタイルによって親の装いは変わります。ただ、どのように変えればよいか悩むのではないでしょうか。たとえば、結婚式を挙げるために作られた専門の施設に、「ウエディング専門式場」があります。ウエディング専門式場とは、結婚式のみを専門にあつかう施設のことで、チャペルや神殿またバンケットルーム(宴会場)があります。最近では、専門式場が進化した形の...

レストランウエディングで装う母親のフォーマルウェア近年カジュアルな結婚式が増えてきました。そのなかでも、「おいしい料理でゲストをおもてなししたい」「ゲストと楽しく会話がしたい」というような新郎・新婦に人気があるのがレストランウエディングです。しかしレストランウエディングは、レストランの格で装いが「正礼装」から「略礼装」まで変わります。したがって、どのような服装をすればよいか迷う新郎・新婦の母親は多...

結婚式の装いで親の立場や格式を考えて装うフォーマル売り場には、さまざまなシーンでフォーマルウェアを着る目的の人が訪れます。その中でも最近は、結婚式の多様化を反映して、新郎新婦の親の立場でもカジュアルな装いを求める人が増えてきました。しかし、結婚式の装いのことで、相手の親と異なる意見がでてしまうことがあります。たとえば自分は、「オシャレなドレスで装いたい」と思っているのに、相手の親は、「母親の装いは...

着物調のフォーマルウェアで和婚を盛り上げる親の装いチャペルでウエディングドレスもよいけれど、一生に一度の晴れ姿は白無垢を着るなどの「和婚」にしたいと言う人が増えています。和婚とは「和」の要素を取り入れた結婚式のことをいいます。挙式のすべてを和にする必要はなく、挙式のどこかに和テイストのものが取り入れられている結婚式であれば和婚といいます。しかし和洋折衷のウエディングではなく、結婚式という大切な儀式...

結婚式でパンツドレスを装う際の注意点とお勧めコーデ2014年春頃から、結婚式の装いとして急浮上しているアイテムに「パンツドレス」があります。パンツドレスとは、一般に着られている「(スカート)ドレス」のスカートの部分がパンツになったスタイルのことです。とくに最近は、「ガウチョパンツ(裾が広がりゆったりとした七分丈のワイド系パンツ)」や「スカンツ(スカートのように見えるパンツで、スカートとパンツを合わ...

夏の結婚式で装うミセスのフォーマルウェアとスマートに汗対策今どきの結婚式は、四季を通してさまざまな趣向を凝らした演出をします。たとえば、海が見えたり、プールがあったりするゲストハウスは、夏のウエディングにぴったりです。また、ナイトウエディングで行われる花火やライトアップの演出は、夏らしくておしゃれです。このように、これから結婚式を行う二人にとって、夏には「この季節でなければできない結婚式の魅力」が...

結婚式・披露宴50代女性服〜叔母の立場は高級感と上品さで装う結婚式に招待されて悩むのが、「何を着ていけばいいの?」ということではないでしょうか。以前は留袖を着て行ったが、今回「洋服で来て欲しいといわれた」と慌ててフォーマル売り場を訪れる方が増えてきました。とくに50代となると、ある程度の「高級感」と「上品さ」が求められます。また、若いころとは違い体型をカバーしなければなりません。自分では9号のつも...

結婚式・披露宴50代女性服〜袖あり「上品お呼ばれドレス」の選び方近年カジュアルな結婚式が増え、出席者の装いも堅苦しいスタイルではなく若々しくおしゃれに着られる「お呼ばれドレス」の需要が増えています。とくに「ジャケットとスカート」という結婚式の定番スタイルが敬遠され、代わりに一枚でサマになる袖ありドレスの人気が高まっています。けれども楽で若々しく着るはずが意外に体のラインをひろいやすく、後姿に年齢が...

似合う色で選ぶフォーマルウェア:パーソナルカラーあなたはフォーマルウェアを選ぶとき、デザインで選ぶでしょうか。それとも色で選ぶでしょうか。顔立ちや体型によって似合う服のデザインは違いますが、似合う色も人それぞれ違います。私たちは、髪の色を変えると、印象が違って見えることがわかります。また口紅の色を変えると、顔が華やかになったり、くすんだりするのを感じます。それと同じように、服の色は服を身につける人...

結婚式・披露宴で行うべき適切なネイルとは最近は「ネイルサロン」に通う女性が増えています。ネイルアートされた指先は、水商売の女性のイメージがありましたが、今ではファッションの一部になっています。過度にデコレートされた指先に上品さは感じません。しかし、洋服とコーディネイトされたさりげない指先は、装う人のセンスを感じます。したがって結婚式の装いの仕上げにも、ネイルはお勧めです。ただ親族のネイルは賛否両論...

トップへ戻る