結婚式・披露宴母親ホテルウェディングで何着る?相応しいドレスを紹介

 

結婚式・披露宴、母親服、ホテルウェディング、ドレス

結婚式が決まって、まず決めなければならないのは結婚式のスタイルです。「どのような結婚式を挙げるか」「自分たちだけではなく、列席するみんなが満足できるか」を考えるとどうしても慎重になります。

 

また結婚式は主催者が、「新郎新婦」の場合と「ご両親」の場合では、「式の格(厳格さ・規模)」が若干異なります。

 

たとえばご両親とつながりのあるゲストが多くなる場合は、ご両親が主催者となり「式の格」が高くなります。

 

そのため、ホテルウェディングを選ぶ方が多くなります。

 

一方近年人気のアットホームな少人数ホテルウェディングでは、新郎新婦が主催者になることが多いです。

 

このように式のスタイルによって主催者が異なるホテルウェディングでは、母親はどのような洋服を着ればよいのでしょうか。

 

(注)このページでは主に「両親が主催者となる格調高いホテルウェディング」を中心に解説しています。少人数のアットホームな結婚式の場合は、もう少しカジュアルにお召しいただいても大丈夫です。

 

そのまえに「ホテルの結婚式とはどのようなものか」から見ていきましょう。

 

ホテルウェディングとは

ホテルウェディングは一般的に、「結婚式」から「披露宴」まで一つの流れにセットされている形式をいいます。

 

日本では歴史が長く、結婚式の代表的なスタイルです。そしてホテルウェディングは、大きな会場で豪華に行なう結婚式のイメージがあります。

 

けれども最近は、少人数向けのアットホームな会場もあり人気があります。では、ホテルウェディングのどこに魅力があるのでしょうか。

 

ホテルウェディングの魅力・メリット

ホテルウェディングには、さまざまな魅力・メリットがあります。

 

【知名度が高く格式がある】

 

ホテルの一番の魅力は「知名度」があることと、「格式が高い」ことです。伝統のあるホテルが多く、信頼できるので安心です。

 

とくにご高齢のゲストは「あの有名な○○ホテルね」と名前を伝えただけでイメージがつきやすく、安心して参加していただけます。

 

さらに駅付近など立地条件の良い場所にあることが多く、場所で迷うことがありません。

 

【サービスが行き届いている】

 

多くのホテルではバリアフリー対応がなされているため、ご高齢のゲストも安心です。また、スタッフの教育が行き届き質の高いサービスが手にはいります。

 

【直接宿泊ができる】

 

遠方からお越しいただくゲストが多いと、「落ち着いて結婚式に臨んでいただけるか」が気になります。

 

ホテルなら直接宿泊ができるため、時間を気にすることなく心地よい時間を過ごしていただけます。

 

【一流の料理が味わえる】

 

一流のシェフが在籍しているホテルでは、普段味わうことができない料理が振る舞われるためゲストも満足してくれます。

 

上記で解説したように、ホテルウェディングにはさまざまな魅力があります。したがってそのことを踏まえた上で、新郎新婦のお母さまの装いを見ていきましょう。

 

ホテルウェディングに相応しい母親の服装とは

先ほどもお伝えしたように「格式の高いホテル」では新郎・新婦が主催者ではなく、ご両親が主催者になることが多いです。

 

そのため、親族をはじめ親とつながりのあるゲストをお呼びすることが多くなります。

 

結婚式では「格」が重要視されるため、ご両親のフォーマルウェアは「昼の正礼装」が一般的です。

 

主にお父さまは「モーニングコート」、お母さまは和装の場合は「黒留袖」、洋装の場合は「ロングアフタヌーンドレス」かそれに近い装いになります。

 

しかし父親の「モーニングコート」は理解できても、母親の「ロングアフタヌーンドレス」はどのような装いなのかが曖昧で理解しにくいです。

 

では、ホテルウェディングに相応しいお母さまの装い「ロングアフタヌーンドレス」とはどのようなものをいうのでしょうか。

 

母親が着るロングアフタヌーンドレスってどんな洋服?

最近は誰でも手軽にインターネットで情報を手にすることができるため、「結婚式の母親は、ロングアフタヌーンドレスで装う」と言葉だけで理解をしている方は多いです。

 

下のイラストは、昼の正礼装で「ロングアフタヌーンドレス」の一般的な形です。

 

 

襟元をあまりくらずに、袖は長袖(もしくは7分から8分丈)で肌の露出が少ないです。また「丈はくるぶしが隠れるくらいの丈」、「素材はシルクやそれに近い素材」、「無地か柄があっても膨れ織りなどの地模様」などの特徴があります。

 

しかし、実際に結婚式で上画像のようなロングアフタヌーンドレスをお召しになる方は少ないです。

 

それはなぜかといえば、正礼装と呼ばれるフォーマルウェアは女性皇族が着ても違和感がない格調高い洋服で、「ここまで格調高い装いは必要がない」と思う方が多いからです。

 

さらに正礼装は既製服でも20万円から30万円と高額です。また、扱っている店が少ないうえ(大手百貨店のみ)、あっても種類が少なく自由に選べません。このような理由から、正礼装ではなくそれに近い装いをする方が増えています。

 

なお女性の礼装区分の定義はあいまいで、素材やデザインによって服装の格式が変わります。

 

一般にフォーマルは、一番基本のかたち(上イラストで紹介したロングアフタヌーンドレス)をベースに、デザインが加わったり素材が変化したりすれば少しずつフォーマル度が下がります。

 

(例) フォーマル度が高い順番(素材を同じものとした場合)昼用の場合

 

同色同素材のロングドレス+ジャケット → 長袖〜七分袖シンプルなデザインのロングドレス(女性皇族がお召しになるローブモンタントに近い形) → 黒のロングドレス+色物フォーマルジャケットとなります。

 

先ほどお伝えしたようにフォーマルは、「正礼装」「準礼装」「略礼装」という礼装区分があります。それは正礼装を基本にして、そこからファッション性が加わると徐々に準礼装→略礼装へと変わっていくことを表しています。

 

したがって多くのお母さま方は下記イラストのように、フォーマルジャケットとロングドレス(ロングスカート)で装います。なお、ロングドレス(ロングスカート)は黒を用いてもOKです。

 

(注)黒色のロングドレス(ロングスカート)とフォーマルジャケットの組み合わせは、「正式な装いにならない」と解説しているサイトもありますが、黒留袖のイメージで装う正式なフォーマルウェアです。

 

 

とくにホテルの披露宴会場は広いので、控えめな装いでは貧相になってしまう可能性があります。その場合は、コサージュを大ぶりのものにすると存在感がでます。

 

また両家である程度までは「格」をそろえた方がバランスがよいです。しかし、それが無理なら「正礼装」や「準礼装」という言葉にとらわれず、フォーマルジャケットとロングスカート(ロングドレス)で装えば間違った装いになることはありません。

 

母親が着るロングアフタヌーンドレスの具体的な装い

新郎新婦のお母さまは、どのような服装がよいのでしょうか。

 

格式が高い順番に紹介いたしますので、お母さまが主催者になる場合は格式の高い装い、お母さまがゲストとなる場合は若干カジュアルな装いと変えて装って頂けます。

 

【格調高い装い(正礼装〜正礼装に近い装い)】

 

下画像は、上記で解説した正礼装(ロングアフタヌーンドレス)とほぼ同格の装いです。(こちらはレンタル商品です)参考までにスカート丈138センチです。158センチの方でほぼくるぶし丈になります。

 

 

結婚式にはこのアフタヌーンドレスに、コサージュとパールネックレス(白)で装います。(注)洋装のフォーマルウェアは、コサージュやネックレス・バッグのトータルコーディネートで装いが完成します。

 

 

フォーマルバッグは、格を上げるので必需品です。下画像は、パールビーズが上品なフォーマルバッグです。

 

また、白のグローブは必ず持たなければいけないものではないですが、持つとフォーマル度がアップします。(注)ここで紹介するグローブは、お母さまが持つためのものです。付けるためのものではありません。

 

 

【格調高い装い(正礼装に近い装い〜準礼装)】

 

下画像は、「ウンガロソワ」のフォーマルジャケットです。フラワー柄のジャガード素材が華やかで、高級感のあるジャケットです。

 

下画像の黒のロングドレスとコーディネートして、正礼装の代わりとしてお召しいただけます。

 

 

コサージュは必ず付けなければならないものではないですが、あると華やかになります。

 

 

 

下画像は、「ドレスワールド服創屋」の黒のロングドレスです。こちらは演奏会用として紹介をされていますが、フォーマル売り場にある黒のロングドレスはこのデザインに近いです。

 

このロングドレスとフォーマルジャケットをコーディネートして、正礼装の代わりとしてお召しいただけます。(ドレス丈は希望どおりに仕上げていただけます)参考までにフォーマル売り場にある黒のロングドレスは、着丈140センチくらいあります。

 

 

バッグとネックレスは必ず要ります。下画像は、レンタル商品です。

 

 

【格調高い装い(正礼装に近い装い〜準礼装)】

 

下画像は、シャンタン素材のロングドレスとボレロのセットアップです。

 

上画像のフォーマルジャケットと黒のロングドレスのコーディネートより、若干フォーマル度が下がります(ジャケットとボレロを比較した場合、ボレロの方がカジュアルになるためです)。ドレス丈は140センチです。(こちらはレンタル商品です)

 

 

フォーマルバッグを選ぶお客さまから、「もっと大きいバッグはないですか?小さくて何も入りません」といわれます。

 

たしかにフォーマルバッグは、実用性はなくアクセサリーの一部として考えていただいた方がよいです。

 

けれども、大きいバッグはフォーマルの装いにはカジュアルすぎて合いません。したがって大きいものはホテルのクロークに預け、その他どうしても必要なものはサブバッグを利用しましょう。

 

 

【格調高い装い(準礼装)】

 

下画像は、「ドレス通販アールズガウン」のボレロとロングドレスのセットアップです。ドレス丈は、ウエスト切り替え部分から7号サイズで102センチです。

 

上画像とシルエットは似ていますが、下画像は素材が伸縮性のある素材のためシャンタンのボレロとロングドレスの装いよりフォーマル度は下がります。

 

 

下画像は、東京ソワール「ティアラドュフルール」のパーティーバッグとシューズです。シルバー系は華やかに、ブラック系は落ち着いた印象になります。

 

なお、バッグとシューズの色を揃えると統一感がでます。

 

 

【格調高い装い(準礼装)】

 

下画像も、「ドレス通販アールズガウン」のロングドレスとジャケットのセットアップです。

 

羽織物がボレロではなくジャケットですので、本来は上画像よりフォーマル度が高くなりますが素材が伸縮性のある素材のため、ほぼ同格の装いになります。

 

このように、素材によってもフォーマル度は変わります。ドレス丈は、スカート部分の長さで112センチです。

 

 

バッグをシルバーにする場合、シューズを黒にして頂いてもOKです。

 

 

大人女性が自分に適したフォーマルウェアを見つけるには、「フォーマルドレス・ワンピ通販サイト」や「レンタルドレス・ワンピ通販サイト」がお勧めです。

 

カジュアルな服装が主流な近年、「フォーマルウェアにお金をかけたくない」という方が増えてきたからです。

 

けれども、フォーマルウェアは、相手の気持ちや周りの人々のことを常に配慮して装うことを求められる洋服です。そのことを理解したうえで、自分に適したフォーマルウェアを探すことが大切です。

 

そこでこのサイトでは、価格以上の価値があるフォーマルウェアを厳選して紹介しています。ぜひあなたらしいフォーマルウェアを見つけてください。

 

 

 

ページの先頭へ戻る