夏の結婚式・披露宴50代女性にふさわしいお呼ばれ服と暑さ対策

 

夏の結婚式,ミセス,フォーマルウェア,汗対策

今どきの結婚式は、四季を通してさまざまな趣向を凝らした演出をします。海が見えたりプールがあったりするゲストハウスは、夏のウェディングにぴったりです。

 

またナイトウェディングでおこなわれる花火やライトアップの演出も、夏らしくておしゃれです。このように夏には「この季節でなければできない結婚式」があり、最近は夏の結婚式が増えています。

 

そうはいっても結婚式におよばれするゲストは、夏の結婚式に「何を着ればよいか」と頭を悩ませるのではないでしょうか。

 

お客さまに、「秋の結婚式に着たジャケットは、8月の結婚式に着られますか?」と、オールシーズン用のフォーマルジャケットを見て尋ねられることがあります。

 

夏の結婚式の装いは、室内で行われるのが前提です。秋に着たフォーマルジャケットを、夏に着てもマナー上何ら問題はありません。しかし、ファッションは季節の演出も大切です。

 

そこでこのページでは、「夏のお呼ばれ服の着こなし」で悩む50代女性が、安心して着られる洋服を画像で交えて紹介いたします。

 

夏の結婚式にふさわしい50代女性のお呼ばれ服

結婚式に着る50代女性のフォーマルは、フォーマルジャケットとスカート(ドレス)の装いが一般的です。これらは、オールシーズンお召しいただける洋服です。

 

フォーマルは季節に関係なく着用できるものが多く、6月から8月のフォーマル売り場は夏用と一緒にオールシーズン用が並びます(割合としてはオールシーズン用の方が多いです)。

 

フォーマルで着る夏物は、素材が若干薄くなるものの「長袖」か「七分袖」で裏地付きが大半です。(袖に裏地がついていないものもあります)

 

それは装う場が、室内が中心だからです。また薄い素材は、カジュアルに見えてしまうというのも理由の一つです。

 

では夏の結婚式で50代女性は、どのようなことに注意をして着用すればよいのでしょうか。

 

フォーマルジャケットを着るときの注意点

フォーマルジャケットは、夏用とオールシーズン用があります。

 

【洋服の色で涼しさを演出する】

 

オールシーズン用は、シルバーグレーやブルーの爽やかなジャケットをお召しになれば涼しそうに見えます。

 

下画像は「東京ソワール」のフォーマルジャケットです。オールシーズン用ですが、ブルー地に白とターコイズの糸をからませた米沢ジャガードが爽やかです。

 

 

【素材で涼しさを演出する】

 

レースのジャケットとシフォンドレスのセットアップは、夏の結婚式の装いにお勧めのコーディネートです。

 

レースやシフォン素材は年間通して着用できる素材ですが、透け感(裏があるので、実際には透けません)があるため涼しそうにみえます。

 

下画像は、「ブティックコーラン」のチュールレースジャケットです。袖の裏地が無いタイプで、オールシーズンお召しいただけますがどちらかといえば夏向きのジャケットです。

 

こちらは、「ジャケットのみ」「ロングスカート(スカート丈9号で81センチ)とセット」「ショート丈スカート(スカート丈65センチ)とセット」の中から選べます。

 

 

下画像は、「東京ソワール」のシフォンスカートです。花びらが重なったようなデザインのシフォンスカートで、軽くフェミニンな雰囲気でお召しいただけます。

 

オールシーズンのフォーマルジャケットも、シフォンの軽いスカートを合わせるだけで涼しげな雰囲気になります。(スカート丈72センチです)

 

 

また、夏仕様の軽いジャケットもあります。

 

下画像は、薄手素材のジャケットとロングスカート(スカート丈9号で78センチ)のセットアップで夏の結婚式にお勧めです。袖にも裏地はついていますが、透け感があり涼しくお召しいただけます。(こちらはレンタル商品です)

 

 

【小物で涼しさを演出する】

 

オールシーズンの手持ちのフォーマルジャケットも、コサージュをシルバーやブルー系の涼しそうな色にするだけで季節感のある装いに変わります。

 

 

夏にジャケットは堅苦しい?50代女性にふさわしいドレスの装い

夏は、涼しく着用できるドレスが人気です。

 

【フォーマルドレスとボレロのコーディネート】

 

ボレロとフォーマルドレスは、若々しく装いたい50代女性に人気です。若干カジュアルにはなりますが、涼しくお召しいただけます。

 

下画像は、フォーマルドレス(ドレス丈ファスナーからの位置で121センチです)とボレロのセットアップです。(こちらはレンタル商品です)

 

 

下画像は、「ドレスモード」のシャンタン素材ドレスです。(ドレス丈Mサイズで105センチです)上半身のドレープが上品な、幅広い年齢の方にお召しいただけるドレスです。

 

 

上画像のドレスと同素材のボレロです。素材を同じにすることで、よりキチンと感がでます。(異素材の組み合わせより、フォーマル度が高くなります)

 

 

下画像は、「ブティックコーラン」の七分袖丈オーガンジーボレロです。うっすらと透けて軽い上品なボレロです。上画像の同素材ボレロより、カジュアルになります。

 

 

【袖付きフォーマルドレス】

 

最近は、さまざまなデザインの袖付きドレスがあります。一枚で「サマ」になるフォーマルドレスは、夏に人気のスタイルです。

 

下画像は、「東京ソワール」のツーピース風のオシャレな袖付きドレスです。ドレス丈9号で100センチです。

 

 

下画像も、「東京ソワール」の袖付きドレスです。シフォンの羽織を重ねたようなデザインが上品なドレスです。ドレス丈9号で110センチです。

 

 

下画像は、「ドレスモード」の袖付きドレスです。ドレス丈9号で98センチです。

 

 

「袖ありドレスの選び方」が分からない方は、こちらのページも併せてご覧ください。→結婚式・披露宴50代女性服〜袖あり「上品お呼ばれドレス」の選び方

 

しかし夏場の結婚式は、「室内は空調が効いている」といっても外は炎天下で暑いです。そのため、汗ばんでしまい、洋服が台無しになっては困ります。「暑い夏の結婚式」は「暑さ対策」も必要です。

 

夏の結婚式の暑さ対策

とくにフォーマルウェアは、デリケートな素材でできているため、汗でダメージを与えます。また、ジャケットやドレスを肌の上に直接着ると、汗で洋服が傷みやすくなります。

 

【汗とりインナー】

 

夏の結婚式の必需品に、「汗とりインナー」があります。脇は汗をかいたままにすると汗ジミができるため、必ず汗とりインナーを着るようにしましょう。

 

 

【汗ふきシート】

 

 

【小ぶりの扇子】

 

小ぶりの扇子もあると便利です。さまざまな柄があり、ドレスのアクセントにもなります。

 

 

【予備のストッキング】

 

予備のストッキングを用意して式場で着替えると気持ちよく過ごせます。

 

 

【式場に行くまでの暑さ対策】

 

式場で着替える場所がないときは、裏地がついた長袖のフォーマルジャケットを日中着て行くわけにもいかず困ります。

 

その場合は、結婚式の上衣(ジャケットやボレロ)だけ持参して、別の涼しい上衣を着ていくと汗をかいても気になりません(着ていく洋服は、前明きで簡単に脱げるデザインがよいです)。

 

夏の結婚式は、ちょっとした工夫で楽しく参加ができる

7月〜8月の結婚式が増え、「夏の暑い時期の結婚式は初めてで、何を着ればいいのか分からずに困る」と困惑気味にフォーマル売り場を訪れるお客さまが多くなっています。

 

たしかに夏の結婚式は着るものを考えたり、汗対策をしたりと悩みが多いです。けれども、夏には「その季節でなければできない結婚式の魅力」があります。

 

たとえば夏に多いカジュアルな結婚式なら、普段ちょっと敬遠しがちな「軽いシフォンの袖ありドレス」や「ボレロとドレスのコーディネート」でカジュアルなフォーマルを楽しむことも可能です。

 

これらの装いなら、若々しくお召しいただけるので気分も盛り上がります。お祝いの気持ちを夏らしい装いに託して、夏の結婚式を楽しみましょう。

 

大人女性が自分に適したフォーマルウェアを見つけるには、「フォーマルドレス・ワンピ通販サイト」や「レンタルドレス・ワンピ通販サイト」がお勧めです。

 

カジュアルな服装が主流な近年、「フォーマルウェアにお金をかけたくない」という方が増えてきたからです。

 

けれども、フォーマルウェアは、相手の気持ちや周りの人々のことを常に配慮して装うことを求められる洋服です。そのことを理解したうえで、自分に適したフォーマルウェアを探すことが大切です。

 

そこでこのサイトでは、価格以上の価値があるフォーマルウェアを厳選して紹介しています。ぜひあなたらしいフォーマルウェアを見つけてください。

 

 

 

ページの先頭へ戻る