卒業式PTA役員の服装は礼服それともスーツ?好印象の装い方

卒業式PTA役員の服装は礼服それともスーツ?好印象の装い方

卒業式PTA役員の服装は礼服それともスーツ?好印象の装い方

 

春は、卒・入学のシーズンです。そのためフォーマル売り場の2月〜3月は、結婚式が最もおおくなる10月〜11月に次いでお客さまが増える時期です。

 

実際のところ卒業式の洋服は、何度も下見をするにも関わらず思うように決められない方が多いです。

 

それは普段の洋服とは異なり、「自分に合う服がよく分からない」と思ったり「自分だけが浮いてしまうと困る」と考えたりするからです。

 

また、できることなら「着まわしができない洋服」も避けたいところでしょう。

 

したがって来賓で出席する方も、卒業式の服装で「何を着ようか」と迷うのではないでしょうか。

 

とくに来賓の方は、「PTA役員」のほか「市長」「市議会議員」「知事」「地域の町内会長」「福祉団体役員」「地域の中学校の校長」「幼稚園・保育園などの園長」など立場や年齢もさまざまです。

 

このように立場や年齢が変われば、服装も微妙に変わります。

 

そこでこのページでは来賓の中でもPTA役員の方の服装に焦点をあて、どのような服装がよいか「教員」にも「卒業生の保護者」にも好印象の装い方についてお伝えします。

 

卒業式の来賓の服装〜ブラックフォーマルの装い

卒業式の服装は、地域により異なります。とくにPTA役員の方は、学校から「ブラックフォーマルでお願いします」といわれるところも多いです。

 

では、ブラックフォーマルとはどのような装いをいうのでしょうか。またどのように装えばよいのでしょうか。

 

ブラックフォーマルの選び方

ブラックフォーマルと指定があった場合は、フォーマルメーカーのブラックフォーマルを選ぶ方が大半だと思います。

 

けれども、ブラックフォーマルには「お葬式用とセレモニー用があります」との説明を見たり聞いたりしたことはないでしょうか。

 

しかしブラックフォーマルとは、通常「弔事に着用できる黒い洋服」のことをいうのであって「セレモニー用」をお葬式に着用することはできません。

 

なぜならセレモニー用と明記されたブラックフォーマルは、フォーマルの礼装区分に照らし合わせると昼のカラーフォーマル準礼装の装いで「タウンフォーマルスーツ」となるからです。

 

一番の違いは素材です。黒は染めるのが大変難しく、フォーマルメーカーは素材をより黒く見せるため「濃染加工」という特殊な技術を施し、染めの度合いをしらべ、色落ちを防ぐために「堅牢度試験(けんろうどしけん)」を行なっています。

 

堅牢度とは

 

染料で染色された染色物、あるいは顔料で着色された(顔料捺染/がんりょうなっせん、原液着色など)繊維製品は、その染色工程や使用中に受けるさまざまな作用、たとえば日光、風雨、洗濯、汗、摩擦、水浸漬、塩素漂白、海水、ドライクリーニングなどの作用により、変色または退色する。

 

これらに対する抵抗性を染色堅牢度といい、日本においては日本興業規程(JIS)により試験方法、重要な標準、機器等が規定されている。

 

(出典) 株式会社平凡社/世界大百科事典 第2版

 

このようにフォーマル売り場にあるブラックフォーマルは、黒の色が際立つように素材にこだわっています。また、デザインも異なります。

 

ブラックフォーマルはアンサンブル(ワンピースとジャケットがセットになったタイプ)が基本です。

 

ブラックフォーマルは着る時期が特定されないため、年間を通して着られるデザインがおおいです。(夏場は、ワンピースのみを着用することも可能です)

 

なお中に着るワンピースのデザインは、肘が隠れる七分袖が人気です。

 

さらにスカート(ドレス)は、お辞儀をしたときに「膝の裏側が見えない丈」が相応しいとされています。158センチの身長の方でワンピース丈100センチあればひざが隠れる丈となります。

 

とくにネット上では、「お葬式用の洋服を卒業式などお祝いの席に着用するのは間違いだ」との声も聞かれます。しかしながら近年ブラックフォーマルは、セレモニーにふさわしいオシャレなタイプが増えています。

 

それらのブラックフォーマルは、光沢のある素材やキレイなシルエットに特徴があり「いかにもお葬式用のフォーマル」には見えません。

 

フォーマルメーカーのブラックフォーマル

下画像は、フォーマルメーカー東京ソワール「ベニ―ル」のアンサンブルです。フォーマルメーカーのブラックフォーマルは卒業式だけではなく、弔事の場にも安心して着用できます。

 

参考までに中のワンピースは、七分袖で着丈102センチです。

 

 

こちらも、東京ソワールのアンサンブルです。

 

下右画像は、ジャケットを脱いだ時のスタイルです。大きなタックでふんわりシルエットのワンピースがフェミニンです。ワンピース丈97.5センチです。

 

 

下画像は、東京ソワール「ランバンノアール」のアンサンブルです。画像は少し分かりにくいですが、ジャケットの前身ごろが短くフリル状になっており、後ろ身ごろは長くなっています。

 

ちょうどボレロを羽織ったようなデザインで、ファッション性の高いモダンなブラックフォーマルです。なお、ワンピースは、着丈101センチ、肘が隠れる五分袖です。

 

 

上記の画像で紹介したように、これらのアンサンブルはオシャレでシルエットもキレイです。

 

しかしこの装いは、教員と同じような装いになる可能性があります。

 

教員とは異なるブラックフォーマルの装い方

できることなら、教員と同じような装いは避けたいです。では、どのように装えば教員と異なる装いになるのでしょうか。

 

【フォーマルアクセサリーで変化をつける】

 

教員とは異なる装いにするためには、コサージュやネックレスを個性的にする方法がおススメです。

 

教員の場合は、下画像のようなシンプルな一連のパールと華やかなコサージュが一般的です。

 

 

PTA役員の方は、オシャレなダブルパールネックレスとブローチ感覚のコサージュで個性的に装えば教員と同じ装いには見えません。

 

 

上記で解説したように、「フォーマルアクセサリー」を上手に使ってブラックフォーマルで装えば来賓に相応しい装いになります。

 

【個性的なブラックフォーマルで装う】

 

ブラックフォーマルは「卒業式にふさわしい装い」という意見と、「お葬式のようで卒業式にふさわしくない装い」という意見に分かれます。

 

そこでブラックフォーマルのなかでも、個性的なデザインを選ぶという選択肢があります。

 

これらのブラックフォーマルは、お葬式用というより「お別れ会」や「偲ぶ会」または「卒業式」などのセレモニーにふさわしい装いです。

 

下画像は、東京ソワール「コイノブヒデ」のブラックフォーマルです。今までのブラックフォーマルにはない斬新なデザインで、従来のブラックフォーマルの装いとは異なります。

 

 

 

しかし個性的なブラックフォーマルの装いは、目立ちます。

 

したがって個性的なデザインのブラックフォーマルは、卒業式の母親には着用できてもPTA役員の方にはあまりお勧めできません。

 

フォーマルメーカー以外のブラックフォーマル

こちらのアンサンブルは、フォーマルメーカーのブラックフォーマルではありませんが弔事に着用できる洋服です。

 

フォーマルメーカーのデザインと比べると、今どきスタイルが作れます。

 

下画像は、タケイヒロミのダブルウール素材アンサンブルです。中のワンピースは、着丈100センチ五分袖です。

 

ダブルウールというのは、タケイヒロミブランドのオリジナルで尾州の機織りさんで生産してる二重織の生地のことをいいます。

 

ダブルウールはウール独特のしなやかさと弾力性があるため、着心地がよいです。

 

 

下画像は、タケイヒロミのダブルウール素材のノーカラースーツです。

 

スカート丈58センチ。色は黒です。

 

 

首に添うタイプのネックレスとパールビーズの縁取りが可愛らしいコサージュで上品に装います。

 

卒業式来賓の服装〜ブラックフォーマル以外の装い

ブラックフォーマルと指定がない場合でも、ブラックフォーマルに準じた装いが相応しいです。

 

婦人服売り場にあるシンプルな黒のジャケットとスカート(ワンピース)で装ったりネイビーのスーツ(アンサンブル)で装ったりします。

 

ファッションブランドの黒色スーツ(アンサンブル)

下画像は、自由区ウールジャージーのジャケットとワンピースです。こちらはスタイリッシュで今どきスタイルではありますが、黒でも弔事に着用できません。

 

 

コサージュとロングネックレスで華やかに装います。どちらかといえば「タケイヒロミ」のスタイルが正統派なら、「自由区」は今どきスタイルになります。

 

下画像はドレスブランドシーズのアンサンブルです。参考までにドレス丈は、96.5センチです。(こちらはレンタル商品です)

 

 

キラキラビジューが華やかなオーガンジーコサージュとパールネックレスで上品に装います。(ネックレス・コサージュ共レンタル商品です)

 

 

ファッションブランドの黒色以外のスーツ(アンサンブル)

下画像は、タケイヒロミのダブルウール素材アンサンブルです。色はネイビーです。こちらは紺色のため、お葬式には着用できません。法事なら可です。

 

 

下画像は、上画像のアンサンブルと同素材のカメリアです。上画像のジャケットは、襟が詰まっているためネックレスをしても隠れてしまいます。

 

このようなデザインの場合は、ネックレスを付けなくてもよいです。代わりにコサージュは、必ずつけましょう。

 

 

下画像はセオリーリュクスのアンサンブルです。ドレス丈は99センチで、色はネイビーです。(こちらはレンタル商品です)

 

 

卒業式のコサージュは、ブローチ感覚で付けられるタイプが人気です。コサージュが苦手な方にもおススメです。(ネックレス・コサージュ共にレンタル商品です)

 

 

上記で卒業式の服装を、「ブラックフォーマルで装う場合」と「ファッションブランドで装う場合」に分けて解説しました。

 

けれども、最近は手持ちのワンピースを利用して卒業式に着たいという方が増えてきました。

 

卒業式の来賓の服装〜手持ちのワンピースを利用した装い

手持ちのワンピースの中でも、「ブラックフォーマルを持っているのでその中のワンピースだけ卒業式に利用したい」という方は多いです。

 

ブラックフォーマルのワンピースを利用したコーディネート

たとえば、下画像のブラックフォーマルは馴染みのアンサンブルスタイルです。

 

 

ジャケットを脱ぐと、下画像のようなワンピーススタイルになります。そのワンピースは、ジャケットをコーディネートして卒業式に着用できます。

 

 

【ワンピースの素材を考慮する】

 

けれども、ブラックフォーマルの素材はさまざまで無地のジャケットを合わせると「何となく合わない」ということになりかねません。

 

下画像は画面上では分かりにくいですが、表地に細かく凹凸のあるバーズアイという織を使っています。

 

 

またこちらの画像のブラックフォーマルも、表地に細かく凹凸のあるレベッカハニカムという織を使っています。

 

 

このような凹凸のある織は、高級なブラックフォーマルでよく使われます。しかしこのような織のある素材は、合わせ方を間違えるとちぐはぐな印象になります。

 

その場合、もっとも合わせやすい素材が黒色のベルベット(ベロア)です。ベルベット(ベロア)は光沢がある上に毛足があるため異なる黒色でもよく合います。

 

下画像は、ベロア素材のジャケットです。(注*現在テーラー襟のジャケットは完売しておりますが、ノーカラーの在庫はあります)

 

ノーカラーのジャケットは、テーラー襟よりフォーマルな装いになるためPTA役員の方におススメです。

 

 

ノーカラーは苦手という方は、下画像のベロアジャケットをおススメします。

 

 

ベロアジャケットには少し重厚感のあるコサージュが合います。

 

白やベージュ系のコサージュなら優しい雰囲気になりますし、下画像のようにネイビーのコサージュを合わせれば、シャープでスタイリッシュな雰囲気になります。

 

 

【ワンピースのデザインを考慮する】

 

ブラックフォーマルのワンピースは、前明きのデザインであったりブラウスを重ねたようなデザインであったりします。その場合は、ジャケットのデザインを考慮しないとバランスが悪くなります。

 

下画像のブラックフォーマルは、ワンピースがブラウスを重ねたような「フラシ仕様」になっています。

 

 

下画像のブラックフォーマルは、ワンピースが前開き(フロントオープン)タイプで小さな立ち襟がついています。

 

上記のようなデザインのワンピースは一枚で着たときはオシャレですが、合わせるジャケットが限られますので注意しましょう。

 

【ワンピースの使用頻度を考慮する】

 

たとえばブラックフォーマルの黒は染めるのが非常に難しいため、クリーニングを頻繁にすると色が少しずつ抜ける可能性があります。

 

ブラックフォーマルは、黒の色がとても重要です。したがってクリーニングにだすときにアンサンブルやスーツは、揃った状態でださないと色が異なって見えることがあります。

 

そのため、ワンピースだけを着回すのはあまりおススメできません。クリーニングにだす時は、ジャケットとワンピースを一緒にだしましょう。

 

卒業式のPTA役員の服装〜トータルバランスで選ぶと失敗が少なくなる

このページでは、PTAの役員の方に相応しい卒業式の服装をさまざまな角度から紹介させていただきました。

 

その中で一つだけ注意をして頂きたいのは、洋服は「トータルバランス」で考えるということです。

 

私がフォーマル販売員をしていたころ、お客さまに「お店の鏡で見るとステキなのに、家の鏡で見るとがっかりする。お店の鏡には何か仕掛けがあるのですか」とよく聞かれました。

 

それはお店の鏡に細工がしてあるのではなく、照明の効果であったり全てをコーディネートしたりして少し離れた位置から全体像を見るからです。

 

洋服は、黒いタイツから肌色のストッキングに変えただけで見え方が異なります。言うまでもありませんが、コサージュ一つにしても自分に合うものをつけると顔が引き立ちキレイに見えるのは事実です。

 

自分に合うフォーマル小物を身につけるだけで、ブラックフォーマルの装いであってもスーツの装いであっても好感度の高い装いが可能です。したがってPTA役員の方は、フォーマル小物の威力を味方につけ上品に装いましょう。

 

大人女性が自分に適したフォーマルウェアを見つけるには、「フォーマルドレス・ワンピ通販サイト」や「レンタルドレス・ワンピ通販サイト」がお勧めです。

 

カジュアルな服装が主流な近年、「フォーマルウェアにお金をかけたくない」という方が増えてきたからです。

 

けれども、フォーマルウェアは、相手の気持ちや周りの人々のことを常に配慮して装うことを求められる洋服です。そのことを理解したうえで、自分に適したフォーマルウェアを探すことが大切です。

 

そこでこのサイトでは、価格以上の価値があるフォーマルウェアを厳選して紹介しています。ぜひあなたらしいフォーマルウェアを見つけてください。

 

 

 

トップへ戻る