「入学式母親の服装」マナーをおさえて着回しできるスーツの選び方

 

卒園式・卒業式が終われば、あっという間に入学式が訪れます。

 

厳かな雰囲気の「卒業式」とは対照的に門出を祝う華やかな雰囲気の「入学式」、お母さまはどのような服装で参列すればよいのでしょうか。

 

卒業式の洋服は新調したけれど、入学式には「卒業式の洋服を着まわしたい」と思う方や「新調するならほかでも着回しができる服がよい」と思案する方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

「きちんと感は欲しいけど、フォーマルすぎる服は避けたい」とその微妙な着こなしのバランスに迷うお母さまに、失敗のないスーツの選び方と着こなし方をお伝えいたします。

 

入学式はマナーにかなった装いでお祝いすることが大切

私たちの生活の中には、さまざまな異なる場面があります。入学式は、お子さまがセレモニーを体験する大切な場面です。

 

その大切な場面でお母さまが着用する服装を考えたとき、季節にふさわしい恰好をしたり目的に合った着こなしをしたりすることは大切です。

 

カジュアル化が生活の中に広がっている現在、特別なシーンにはマナーにかなった装いでお子さまの門出をお祝いしましょう。

 

入学式には明るい色のスーツがおススメ!

入学式が行われる4月は、桜が咲き始めポカポカした陽気の日が多くなります。

 

新しい出会いにわくわくする、楽しく華やいだ雰囲気をだすにはダークカラーのスーツより明るい色のスーツがお勧めです。

 

白やベージュなど明るい色にすると春らしい雰囲気になるのはもちろんのこと、お顔が明るくなり写真を撮った時にきれいに見えます。

 

上下同色同素材のスーツである必要はありません。最近の傾向として、単品のジャケットと単品のワンピース(スカート)を組み合わせてセレモニースーツとしてお店に並んでいたり、異素材がセットされたセレモニースーツが売られていたりします。

 

卒業式の黒や紺のスーツは、着まわしが可能です。卒業式に着た濃い色のワンピースは、ベージュや白など明るい色のジャケットをコーディネートしましょう。

 

下画像は、エレガントに着まわせる「アミアン・ハウス」のツイードジャケットです

 

 

明るい色のジャケットが苦手なお母さまは、手持ちのダークカラージャケットに「ピンク」や「イエロー」のコサージュをつけて見てください。「厳かな雰囲気」から「華やかな雰囲気」にイメージが変わります。

 

 

着回しができる単品は、組み合わせたときの「バランス」に気をつける

近頃、「入学式の服装を選ぶ決め手は、入学式以外にも着られる洋服で」というのが重要なポイントになっています。

 

たしかに、一度袖を通しただけで着る機会がない洋服は今の時代に合わないかもしれません。

 

単品同士の組み合わせは、フォーマルらしさを保ちつつ通勤や学校行事にも使えて便利です。しかし単品のコーディネートは、素材や色・デザインなどに気を配ってこそ映える装いです。

 

組み合わせ方を間違えると、カジュアルな印象になったり地味に見えたりするので注意しましょう。

 

ほのかに光るラメを使ったノーカラーのツイードジャケットはフォーマルらしい装いにピッタリですし、ひざが隠れる丈の黒いワンピースはお手持ちのジャケットと合わせやすいです。

 

少し長め丈のシフォン素材ワンピースとシンプルなノーカラージャケットの組み合わせは、きちんと感を保ちつつトレンドを意識した着こなしとして人気です。

 

下画像は、下身ごろにプリーツを施したオシャレなワンピースとツイードジャケットを組み合わせた「東京ソワール/リファンネ」のセレモニースーツです

 

 

忙しくて入学式の洋服を探す時間のないお母さまやコーディネートに自信のないお母さまは、「異素材を組み合わせてセットで販売されているセレモニースーツ」を選べば限られた時間内にセンスのよいスーツが選べます。

 

下画像は、落ち着いた雰囲気のツイードジャケット&スカート+ブラウス+黒の半そでワンピースをセットにした「東京ソワール/リファンネ」のセレモニースーツです。

 

卒入学式から学校行事、オフィスまで着こなせる万能タイプのセットアップスーツです。

 

 

上画像のジャケットと黒の半そでワンピースのコーディネートです。同じジャケットでも雰囲気を変えてお召しいただけます。

 

 

小物を上手に取り入れてフォーマル感をだす

着回しのできる洋服は、そのシーンにふさわしいアクセサリーや小物をコーディネートしてようやく完成します。

 

ビジネスにも着用できるスーツを入学式に選ぶ場合は、「パールネックレス」や「コサージュ」をプラスしたり「小ぶりのバッグ」を持ったりすれば全体の雰囲気がフォーマルらしくなります。

 

 

 

また、シンプルなデザインのヒールパンプスもフォーマルな着こなしに欠かせません。全体の色のトーンや雰囲気を揃えて、バランスの良いコーディネートを心がけましょう。

 

きちんと感のある装いは入学式前日の準備で決まる

卒業式が終わってホッとする間もなく、入学式はすぐに訪れます。後で「シマッタ!」と思うことがないように、事前にしっかりチェックしましょう。

 

ご自身の洋服は前日までにそろえてハンガーにかけ、コサージュも胸につけておくと安心です。何かと慌ただしい当日、せっかくのコサージュも位置が低すぎては美しく見えません。

 

コサージュは、鎖骨下のくぼんでいるところがもっとも美しく見える位置といわれています。つける位置で雰囲気が変わるので注意しましょう。

 

入学式の持ち物できちんと感がアップする

荷物が増える入学式でも、紙袋は避けましょう。大きめのシンプルなサブバッグは、スマートで機能的にお使いいただけます。

 

 

スリッパもあると便利なアイテムです。スリッパは、入学式だけではなく保護者会や授業参観にも利用できます。とくにヒールスリッパは、室内でもきちんとした印象になりスタイルもよく見えるのでお勧めです。

 

 

下画像のように、サブバッグとスリッパ(お父さま用とお母さま用)がセットになったタイプもあります。

 

 

4月とはいえまだ寒い日もある入学式は、寒さ対策としてひざ掛けもあると重宝します。

 

入学式のママスーツはフォーマルとカジュアルのバランスを考えて選ぶのが正解!

あらたまった服装が求められるお子さまの入学式に、「着回しのできる洋服を選びたい」というお母さまはたくさんいらっしゃいます。

 

しかし着回しができる「単品の組み合わせ」を着こなすのは、簡単なようでじつは思いのほか難しいです。洋服にふさわしいアクセサリーや小物を選んだりコーディネートしたりするのも、バランスを考えて選ばなければなりません。

 

テーパードパンツやワイドパンツまたトレンドの長め丈のワンピースは、合わせ方を間違えるとフォーマルらしく見えないですし、明るい色のスーツもバッグやコサージュの色を考慮して選ばなければ地味になってしまいます。

 

今流行りのアイテムを取り入れる場合は、フォーマルジャケットとアクセサリーを組み合わせてフォーマル寄りに装うと上品に見えます。

 

バランスよくコーディネートされたセレモニースーツを着こなすお母さまは、とてもエレガントで美しいです。

 

コーディネートが決まったら、少し離れた位置から全身を鏡に映してチェックしてみましょう。また、スーツを着用したご自身を写真に撮って客観的に見るのもお勧めです。

 

入学式などフォーマルなシーンも、着回しができる洋服が当たり前の時代になりました。それは良いことではありますが着回しにこだわり過ぎて、フォーマル感が損なわれては台無しです。

 

ここでお伝えしたことを考慮していただき、大切なお子さまの入学式に臨んでいただければ嬉しいです。

 

大人女性が自分に適したフォーマルウェアを見つけるには、「フォーマルドレス・ワンピ通販サイト」や「レンタルドレス・ワンピ通販サイト」がお勧めです。

 

カジュアルな服装が主流な近年、「フォーマルウェアにお金をかけたくない」という方が増えてきたからです。

 

けれども、フォーマルウェアは、相手の気持ちや周りの人々のことを常に配慮して装うことを求められる洋服です。そのことを理解したうえで、自分に適したフォーマルウェアを探すことが大切です。

 

そこでこのサイトでは、価格以上の価値があるフォーマルウェアを厳選して紹介しています。ぜひあなたらしいフォーマルウェアを見つけてください。

 

 

 

ページの先頭へ戻る