結婚式母両家の服装は合わせるべき?黒留袖とドレスの違いを理解する

 

結婚式・両家の服装・合わせる・黒留袖・洋装・違い

結婚式で「何を着よう」と考えたとき、まず初めに「黒留袖」にするか「洋装」にするかで悩む方が多いのではないでしょうか。

 

それは装う方の好みで、どちらを選んでも問題ありません。

 

しかし自分は「洋装にしよう」と思うにもかかわらず、相手のお母さまに「黒留袖にして欲しい」といわれた。「黒留袖を着よう」と準備していたにもかかわらず、相手のお母さまが「フォーマルドレスを着る」と聞いたとなれば困惑してしまいます。

 

このような場合新郎・新婦のお母さまは、両家で服装を揃えないといけないのでしょうか。式場のプランナーさんに「両家で格式を揃えてください」といわれることも多く、不安になる方は多いです。

 

たしかに、両家の服装が揃っていた方がバランスはよいです。

 

けれども洋装のフォーマルウェアは、ヨーロッパの洋装ルールを原型とした正式な装いです。そのため黒留袖が女性の第一礼装で、洋装は「格式が下がる」というわけではありません。

 

そこでこのページでは黒留袖と洋装のフォーマルの特徴をお伝えするとともに、両家の意見が分かれたときの対処法をお伝えします。

 

黒留袖ってどんな着物?黒留袖について理解する

黒留袖は、結婚式の母親の装いとして誰もが認める第一礼装です。「日本人なら、結婚式は黒留袖に決まっている」と考える方はまだまだ多いです。

 

着物に馴染みのない世代のお母さま方に、「着物の締め付け感が苦手だ」「地味で落ち着いた雰囲気になるのでは?」と黒留袖を敬遠する方が増えているのも確かです。

 

しかし、ドレスのように着こなせる豪華で華やかな柄の黒留袖があります。また、他にもさまざまなよいところがあります。

 

では、黒留袖とはどのような着物なのでしょうか。黒留袖の魅力を、画像を交えて紹介します。

 

黒留袖は、洋装では着られない色や柄が着られる

下画像は「桂由美」プロデュースの黒留袖で、薔薇の花束と扇がデザインされた美しい着物です。このように、洋装では着られない華やかな柄や色が着物では着られます。(こちらはレンタル商品です)

 

 

下画像も、「桂由美」プロデュースの黒留袖です。黒留袖は、古典的な柄が多く地味で落ち着いた雰囲気になると思いがちです。

 

桂由美の黒留袖は、グリッターが施された美しい柄が多くオシャレなお母さまにも人気があります。

 

 

黒留袖は、体型を気にすることなく着られる

下画像は、背の高い方やふくよかな方にもお召しいただける「桂由美」プロデュースの黒留袖です。(こちらはレンタル商品です)

 

着物自体は、もともと日本の女性が着たときに美しく見えるように作られています。

 

どちらかというと、メリハリのない日本人らしい体型の方がもっときれいにお召しいただけます。(ウエストとヒップの差が大きい方は、ウエスト部分に薄手のタオルを巻いて調整をします)

 

また、少しくらい太っても痩せても気にすることなくお召しいただけます。

 

 

黒留袖は、フォーマルシーンで失礼になることがない

洋装の場合は「アフタヌーンドレス」と言っても定義が曖昧で、どのような服装が良いのか分かりにくいです。

 

黒留袖は柄に多少年齢の差があるものの、黒留袖を着れば格式は保たれ失礼になることはありません。

 

下画像は「桂由美」プロデュースの黒留袖で、裾にブルーのぼかしが入った現代風の柄ゆき(模様から受ける感じ)となっています。(こちらはレンタル商品です)

 

 

洋装のフォーマルウェアってどんな洋服?フォーマルドレスについて理解する

洋装のフォーマルウェアは、「洋風の結婚式場に調和するオシャレで若々しい装いだ」と考える方が増えています。

 

フォーマルドレスは「着物のような体の締め付け感がなく楽だ」「着付けの必要がなく時間が節約できる」など、着物に馴染みのない世代のお母さまに人気があります。

 

一方で、黒留袖と比べて「格式が下がる」「母親が結婚式にドレスを着るのは好ましくない」と偏見を持つ方もいらっしゃいます。

 

では、洋装のフォーマルウェアとはどのような洋服なのでしょうか。黒留袖に引けを取らない洋装とは、どのような装いをいうのでしょうか。

 

ロングアフタヌーンドレスは、昼間に着るもっとも格式が高い洋装のフォーマルウェア

もっとも格式が高い洋装のフォーマルウェアに、ロングアフタヌーンドレスがあります。下画像は、ロングアフタヌーンドレスの基本のスタイルです。(こちらはレンタル商品です)

 

ドレス丈136センチです。参考までに百貨店にあるロングドレスは、140センチ位あります。

 

ロングアフタヌーンドレスの特徴としては、衿もとをあまりくらずに袖は長袖か7〜8分丈のもので、全体に肌の露出が少ないものとなっています。

 

またシルクやそれに近い光沢のある素材が相応しく、変わり織や紋織で仕立てられたものが一般的です。

 

 

結婚式にはこのアフタヌーンドレスに、コサージュ(ベージュ)とパールネックレス(白)で装います。(注)洋装のフォーマルウェアは、コサージュやネックレス・バッグのトータルコーディネートで装いが完成します。

 

 

フォーマルバッグは、格を上げるので必需品です。下画像は、パールビーズが上品なフォーマルバッグです。

 

白のグローブは必ず持たなければいけないものではないですが、持つとフォーマル度がアップします。(注)ここで紹介するグローブは、お母さまが持つためのものです。付けるためのものではありません。

 

 

ロングアフタヌーンドレスは、普段あまり目にすることがありません。なぜなら百貨店に売られているロングアフタヌーンドレスは大半が20〜30万円と高額で、しかも種類が少ないからです。

 

そこでロングアフタヌーンドレスの代わりの装いとして、「黒のロングドレスとフォーマルジャケットを組み合わせるスタイル」を多くのフォーマルショップで扱っています。

 

黒のロングドレスとフォーマルジャケットは、黒留袖をイメージして作られた洋装のフォーマルウェア

カラーフォーマル売り場の黒のロングドレス(スカート)とフォーマルジャケットの装いは、「黒留袖」をイメージして「アフタヌーンドレスの代わり」として提案しています。

 

下画像は、ブティックコーランのフォーマルジャケットです。取り外し可能な胸当て付きで、ドレスと合わせるときは外してお召しいただけます。

 

こちらは、ジャケットのみでもスカートとセットしてでも購入できます。

 

 

下画像は、演奏会用と紹介されている「ドレスワールド服創屋」の黒のロングドレスです。フォーマル売り場でお母さまにお召しいただくロングドレスは、このドレスのデザインに近いです。

 

参考までにこちらのドレス丈は、希望の長さに仕上げてもらえますがフォーマル売り場にあるロングドレスは140センチくらいあります。(注)小柄な方は、お直しをしてお召しになられます。

 

 

レースジャケットの場合、コサージュを付けるとくどくなることがあります。そのときは、無理に付ける必要はありません。バランスを見てつけましょう。なお、ネックレスは必ず必要です。

 

 

下画像は、ジャケットと同じレース地で作られたフォーマルバッグです。統一感がでるのでお勧めです。

 

 

下画像は、米沢織のジャケットと黒のロングスカートのセットアップです。米沢織は、フォーマルでよく使われる素材で光沢があり上品にお召しいただけます。(こちらはレンタル商品です)

 

 

若々しくおしゃれに着たいお母さまに人気のマザードレス

近年新郎新婦のお母さま方もオシャレなドレスを着て、結婚式に臨む方が増えています。そのようなお母さまに人気があるのが「マザードレス」です。

 

下画像は、「ノン・プレステージ」ばら柄シャンタンのロングドレスです。後ろは編み上げになっています。

 

演奏会ドレスを中心に扱うお店ですが、こちらのドレスはマザードレスとしてもお召しいただけます。ドレス丈145センチですが、着丈は無料でお直し可能です。

 

 

上のロングドレスとセットアップできる同素材のボレロです。

 

 

上のロングドレスとセットアップできるオーガンジーのボレロです。同素材を合わせるより、ややカジュアルになります。

 

 

ネックレスは、パールを付けます。

 

 

コサージュは「必ず必要」というものではないですが、付けると華やかになるためお勧めです。(シルバーグレーは上品に、またピンクは華やかな雰囲気になります)なお、下画像のように、顔寄りの高い位置に軸を上にして付けます。

 

 

小ぶりのバッグがお勧めです。付属のチェーンは、肩にもかけられる長さです。着席スタイルの場合は、チェーンを二重にして使います。

 

 

下画像はシャンタンのネイビーロングドレスとボレロのセットアップスタイルです。(こちらはレンタル商品です/ネックレスとボレロがセットになっています)ドレス丈140センチです

 

 

結婚式母両家の服装は合わせるべき?相手のお母さまに意見を押し付けられた場合の対処法

これまで黒留袖とフォーマルドレスについて紹介いたしました。

 

黒留袖に興味のなかったお母さまの中には、「実際に着てみたら思った以上に素敵だった」という声も聞かれます。

 

また、「フォーマルドレスにもさまざまなデザインがあって、格調高いフォーマルドレスの知識がなかった」と再確認をするお母さまもいらっしゃいます。

 

それらを踏まえた上で片方のお母さまが「黒留袖」、もう一方のお母さまが「フォーマルドレス」になるのは問題がありません。けれども、どうしてもどちらかに揃えなければならない場合は、どうすればよいのでしょうか。

 

価値観の違いを理解する

人はそれぞれ価値観が違うので、意見が分かれるのは仕方がないことです。相手のお母さまに、「どうしても一緒に揃えて欲しい」といわれると困惑してしまうでしょう。

 

そうは言っても、これから先長い付き合いになるので、気まずい雰囲気は出来るだけ避けたいと誰もが思うことです。

 

それを円満に解決する方法は、両家の話し合いが一番の方法です。

 

いきなり、「意にそぐわないこと」を言われて感情的になることがあります。相手お母さまが感情的になっているときは、反論をしないほうがうまくいく場合が多いです。

 

まず冷静に相手の話を聞き、相手のお母さまの気持ちを理解する努力をしましょう。

 

思いこみを捨てる

「あれほど嫌だと思っていた留袖をしぶしぶ着てみたら、意外にステキで留袖が好きになった」という意見も多いです。

 

それは、フォーマルドレスにも同じことが言えます。

 

まずは、思いこみを捨てて行動を起こすと意外に解決の道が広がる場合があります。そうすれば、得をした気分になり心が軽くなります。

 

素敵な結婚式ができればすべてがよい思い出になる!

新郎新婦や両家の両親にとって、結婚式の装いをどのようにするかは大切なポイントです。

 

それがきっかけ、で両家が揉めてしまっては元も子もないでしょう。したがって、相手は自分と違うということを認識することが先決です。

 

またもめ事があると、ものごとの本質を見失いがちです。

 

ここで紹介した「黒留袖」と「フォーマルドレス」の装いを再度確認して頂き、皆が楽しめるステキな結婚式にすることだけを考えましょう。

 

長い付き合いになる相手のお母さまと、「どう装うか」という問題をきっかけに人間関係が深まるかもしれません。

 

素敵な結婚式になることを、こころよりお祈りしています。

 

大人女性が自分に適したフォーマルウェアを見つけるには、「フォーマルドレス・ワンピ通販サイト」や「レンタルドレス・ワンピ通販サイト」がお勧めです。

 

カジュアルな服装が主流な近年、「フォーマルウェアにお金をかけたくない」という方が増えてきたからです。

 

けれども、フォーマルウェアは、相手の気持ちや周りの人々のことを常に配慮して装うことを求められる洋服です。そのことを理解したうえで、自分に適したフォーマルウェアを探すことが大切です。

 

そこでこのサイトでは、価格以上の価値があるフォーマルウェアを厳選して紹介しています。ぜひあなたらしいフォーマルウェアを見つけてください。

 

 

 

ページの先頭へ戻る