結婚式の服装で叔母のパンツドレスはアリ?装うときの注意点とお勧めコーデ

 

結婚式、叔母、パンツドレス、装うときの注意点

「ワイドパンツ」の流行を受け、近年結婚式の装いとしてパンツドレスが注目をされています。

 

薄手でしなやかな素材が増え、エレガントに見えるパンツドレスも多くなっています。そしてさまざまなデザインのパンツドレスが、フォーマルとして提案をされています。

 

しかしフォーマルな場で着用するパンツスタイルは、カジュアルなアイテムという位置づけです。

 

エレガントに見えるとはいうものの、叔母さまがパンツスタイルを結婚式に取り入れる場合には着こなしに注意をする必要があります。

 

そこで結婚式で叔母さまがパンツドレスを装うときの、正しいマナーと着こなしについてお伝えします。

 

フォーマルから見るパンツドレス着用マナー

フォーマルでは、マナーから見ると「パンツ」より「スカート」の方が「フォーマル度」がたかくなります。

 

フォーマルには、ファッション性が加わると「フォーマル度が下がる」というルールがあるからです。それに当てはめると「パンツドレス」というファッション性の高いスタイルは、基本的には「略礼装」です。

 

けれども、時代と共にフォーマルのマナーは変化をしています。さらに結婚式の装いは、「きれいに見えればある程度のことは許される」とされる傾向があります。

 

では、どのように装えばきれいに見えるのでしょうか。パンツドレスをドレッシーに着こなすコツから見ていきましょう。

 

パンツドレスをドレッシーに着こなすコツ

叔母さまが、パンツドレスをドレッシーに着こなすためには「色」や「素材」・「シルエット」に注意する必要があります。

 

色は、黒色や紺色など濃い色がお勧めです。濃い色の方が、よりフォーマルに見えるため派手な色や白っぽい色は避けましょう。

 

素材は、シフォンやジョーゼットなどしなやかで光沢のあるものやレースを選ぶと良いです。しなやかな素材や光沢のある素材・レースはフォーマルとしてよく使われる素材です。

 

シルエットは、パンツ部分にドレープがありエレガントなものを選ぶとドレッシーに着こなせます。

 

パンツドレスを装う場合は、以上で述べたことに注意をするとあらたまった装いになります。

 

ジャケットをプラスすればフォーマル度はアップする!

フォーマルジャケットとワイドパンツを組み合わせたスタイル(下イラスト参照)は、ドレッシー(改まってきちんとした服装)でフォーマルシーンに最適な装いになります。

 

なおワイドパンツは、フォーマル度が高くなる黒色がお勧めです。

 

 

改まった結婚式に叔母の立場として臨む場合は、フォーマルジャケットとワイドパンツのセットアップでセミフォーマル(準礼装)として装いましょう。

 

パンツドレスを選ぶときの注意点

パンツドレスを選ぶときは、デザインにも注意をして選びましょう。

 

①オールインワンタイプのパンツドレスは避ける

 

オールインワンタイプ(上下が一続きになった衣服)のパンツドレスはどちらかといえばジャケットを羽織るのではなく、柔らかいボレロやストールを合わせて様になるデザインが多いです(下イラスト参照)。

 

 

とくに結婚式の場合、叔母さまの立場でストールはカジュアルになるためお勧めできません。オールインワンタイプのパンツドレスは、結婚式ではなくパーティーで着用しましょう。

 

(注)叔母さまの立場ではなく友人・知人のカジュアルな結婚式の場合は、ボレロやストールでも着用可能です。

 

②テーパードタイプのパンツドレスは避ける

 

テーパードデザインのパンツドレス(太もものあたりはややゆとりがあって裾にむかって細くなっているパンツ)は、足を長く見せる効果があるためフォーマルとして定着しています(下イラスト参照)。

 

 

しかしデザイン性の高いテーパードデザインのパンツドレスは、カジュアルになるためどちらかといえばパーティー向きです。結婚式には、あまりお勧めできません。

 

③スカートにみえるパンツドレスは着用可能

 

上の項目でもお伝えしましたが、ドレッシーに見えるパンツドレスは叔母さまの立場でも結婚式に着用することができます(下イラスト参照)。

 

 

このように結婚式の装いとして人気の「パンツドレス」は、カジュアルなアイテムという位置づけですがデザインによって叔母さまの立場でも装うことが可能です。

 

そしてカジュアルに見えるデザインでも、ネックレスやコサージュまた羽織るもので華やかさをプラスすれば結婚式に着用可能になります(できればカジュアルな結婚式でお召しいただきたいです)。

 

結婚式に叔母さまがパンツドレスを着用するときのお勧めコーデ

フォーマルな場で着用するパンツスタイルは「カジュアルなアイテム」という位置づけですが、デザインによっては叔母さまの立場でも結婚式で着用することができます。

 

お勧めのパンツドレスをフォーマル度が高い順にみていきましょう。

 

ジャケットを合わせてフォーマル度をアップさせる!

下画像は、チュールレースが上品な「ブティックコーラン」のレースジャケットです。ジャケットのみでもお求めいただけますので、スカートの代わりに下画像のワイドパンツを組み合わせて結婚式にお召しいただけます。

 

 

下画像は、ドレープが美しい「ブティックコーラン」のワイドパンツです。上画像のフォーマルジャケットとコーディネートをして、結婚式にお召しいただけます。

 

 

下画像は、シルバーグレーのシャンタン生地が華やかな「東京ソワール」のフォーマルジャケットです。

 

光沢のある素材で仕立てられたフォーマルジャケットは、ワイドパンツとコーディネートしてもフォーマル度の高い装いになります。(注)ワイドパンツは、フォーマル度の高い黒色を合わせましょう。

 

 

下画像は、「GHK通販」のワイドパンツです。パンツ丈88センチです。フォーマルジャケットとセットアップをして、叔母さまの立場でも結婚式にお召しいただけます。

 

 

 

 

エレガントなデザインを選んでドレッシーに装う

エレガントなデザインのパンツドレスを選べば、叔母さまの立場でもカジュアルな結婚式にお召しいただくことができます。

 

下画像は、チュールに豪華な刺繍を施した「プールヴー」のパンツドレスです。ネイビー・グレー・ブラックの三色展開です。

 

下画像をご覧いただくと分かりますが、下のグレーよりブラックの方がフォーマル度は高く見えます。

 

 

 

下画像は、胸元と袖のレースが華やかな「プールヴー」のパンツドレスです。

 

 

下画像は、裾のふんわりとしたシルエットがエレガントな「ルイルエブティック」のパンツドレスです。

 

 

コサージュが苦手な方は、ラインストーンとパールを組み合わせた華やかなネックレスを付けましょう。

 

下画像は、首に沿うチョーカータイプが上品な「ルイルエブティック」のネックレスとお揃いのピアスです。。

 

 

 

 

大人女性が自分に適したフォーマルウェアを見つけるには、「フォーマルドレス・ワンピ通販サイト」や「レンタルドレス・ワンピ通販サイト」がお勧めです。

 

カジュアルな服装が主流な近年、「フォーマルウェアにお金をかけたくない」という方が増えてきたからです。

 

けれども、フォーマルウェアは、相手の気持ちや周りの人々のことを常に配慮して装うことを求められる洋服です。そのことを理解したうえで、自分に適したフォーマルウェアを探すことが大切です。

 

そこでこのサイトでは、価格以上の価値があるフォーマルウェアを厳選して紹介しています。ぜひあなたらしいフォーマルウェアを見つけてください。

 

 

 

ページの先頭へ戻る