結婚式・披露宴80代祖母服は着易さ重視!無理なくオシャレな装い方

結婚式・披露宴80代祖母服は着易さ重視!無理なくオシャレな装い方

結婚式・披露宴80代祖母服は着易さ重視!無理なくオシャレな装い方

 

フォーマルな装いをする場はさまざまですが、フォーマル売り場で最も需要があるのが結婚式の装いです。

 

その中でも孫の結婚式に列席する祖母さまの服装を「高齢の母親はどのような服装をすればよいですか?」と、相談に来られる新郎新婦のご両親は多いです。

 

たしかにご自身の服装は、洋装でも何となくイメージがつくものの「ご高齢の方はどのようなものを着ればよいのか」イメージがつきにくいです。

 

とくに「足腰が不自由な方」「車いすが必要な方」は、果たして適切な服装があるのか不安になるのではないでしょうか。

 

そこでこのページでは、ご高齢の祖母さまが安心して着用できるフォーマルな装いについて紹介いたします。

 

高齢者は、結婚式にどのような洋服を着たらよいの?

「結婚式にフォーマルな装いをして欲しいが、果たしてそのような服があるのか?」「フォーマルな装いはかたくるしくて、うちの母は着てくれるだろうか?」とお尋ねになるご両親は不安そうです。

 

元気で足腰もしっかりした方なら、留袖も選択肢の一つです。しかしほとんどの方が、「少しでも負担を軽くしてあげたい」と和装ではなく洋装を望まれます。

 

最近は、新郎新婦のお母さまも洋装にされる方が増えています。ましてやご高齢の方が「留袖でなければいけない」というフォーマルのマナーはありません。

 

またフォーマルのマナーも大切ですが、ご自身が疲れない装いであることも大切です。

 

したがって、パンツのスタイルもお勧めしています。(注)パンツのスタイルがマナーに沿わないわけではありません。パンツの装いは、礼装区分で準礼装となります。

 

けれども洋装は、ある程度フォーマルの洋服の知識がないと選びにくいです。ではどこに気をつけて選べばよいのでしょうか。

 

体型がカバーできる服を選ぶ

下見に来られた新郎新婦のお母さまに「お母さまのサイズはどれくらいですか?」と事前にお聞きすると、「母は○号くらいだと思います」とおっしゃいます。

 

しかし実際にご本人にお越しいただいたときは、お聞きしたサイズでは入らないことが多いです。

 

【ゆとりのある洋服を選ぶ】

 

ご高齢の方は「背中が丸かったり」「腰が曲がっていたり」しているため、肩幅に合わせるとジャケットの前ボタンが留まりません。

 

最近の洋服は、昔と比べてタイトなラインが多いです。とくに改まった場で着るフォーマルの洋服は、伸縮性のない素材で作られる場合が大半です。

 

そこでゆとりのある洋服を選ぶことが大切です。

 

けれどもワンサイズ大きいジャケットを選ぶと、アームホールが大きくなり袖がだぶつく場合があります。その場合は、ジャケットの前が全開するデザインを選びインナーを入れて着用するとキレイに着こなせます。

 

【ネックラインの狭い洋服を選ぶ】

 

ふくよかな方は問題ないですが、華奢な方はネックラインの開いた洋服が苦手です。

 

とくに「楽に着たい」と袖のあるワンピースを選ぶ場合は、ネックラインがあき過ぎて「残念ながら諦めなければいけない」ということはよくあります。

 

その場合は、ジャケットとワンピース(スカート又はパンツ)をコーディネートした装いがお勧めです。

 

またジャケットは、立ち襟を選んだり襟付きを選んだりすると安心です。

 

着やすく疲れない服を選ぶ

ご高齢の方は、肩が凝るので重い服が苦手です。お勧めの素材は、レースやシフォンなど軽い素材です。

 

また、締め付け感のある素材は避けましょう。フォーマルジャケットは、肩パッドが入ったしっかりした素材の洋服が多いです。

 

そのような服は、肩が凝るので避けた方が無難です。ジャケットを選ぶなら柔らかい素材がお勧めです。

 

安全を重視する

ご高齢の方は、若い方では考えられないような場所で転んだりつまずいたりします。また長時間座った状態でいると、思った以上に身体に負担がかかります。

 

【ロングスカートは避ける】

 

長いスカートは裾を引っかけて転ぶ可能性があるためあまりお勧めできません。また、ワイドパンツもひらひらするのであまりお勧めできません。

 

【ロングネックレスは避ける】

 

ロングネックレスは引っかけると危険なので避けましょう。

 

なおイヤリングは顔周りが明るくなるのでお勧めですが、慣れないと頭が痛くなる場合がありますので気を付けてください。

 

(クリップで挟むタイプは耳の厚みで調整できますが、使いなれないと頭が痛くなる可能性があります)

 

【椅子に座布団を置く】

 

車いすを使用する方も、座布団があると便利です(車いすと座布団の間にすべり止めをいれるとよい)。

 

【履きなれた靴を履く】

 

ヒールの靴は、必要ありません。履きなれた靴でOKです。

 

冷え対策をする

室内は、空調が効いて快適な温度になっています。

 

けれどもご高齢の方は温度調整が十分にできないため、思った以上に「寒い」と訴えることがあります。ひざ掛けを一枚用意すると安心です。

 

結婚式・披露宴で着る高齢者の具体的な服装

では、どのような服装が良いか画像で見ていきましょう。

 

ジャケットをコーディネートした装い

ご高齢の方がフォーマルジャケットを選ぶ場合は、布帛(ふはく/織物)よりレースがお勧めです。また布帛を選ぶ場合は、厚みのあるしっかりした素材ではなく、柔らかい素材を選びましょう。

 

下画像は、ブティックコーランのチュールレースジャケットです。チュールレースは、網目をすくって綿や絹、リボンなどで刺繍をするため織地よりやわらかいです。

 

またネックの後ろがたっているため、首回りが詰まるので首の細い方でもネックラインが気になりません。

 

 

下画像のように胸当てを外すと前開きになります。ご高齢の方は、肩幅は狭くお腹周りが大きいです。前が留まらない場合は、胸当てを外してインナーを着用すると良いです。

 

 

ブラウスより、伸縮性のあるインナーを選ぶようにしましょう。色は黒を着用すると、ボトムの黒とつながりスッキリした装いになります。

 

 

下画像は、ブラックフォーマルの単品パンツです。手持ちのものがあればそれが使えます。ワイドパンツは、裾がひらひらするのでお勧めできません。ブラックフォーマルのストレートパンツがお勧めです。

 

 

スカートを選ぶ場合は、ロングスカートは引っかける危険があるので避けましょう。

 

 

介護の必要な方は、下画像のようなオールゴムのパンツもお勧めです。

 

 

下画像は、東京ソワールのジャケットです。こちらも胸当て付きのデザインで、胸当てを外すと全開します。着丈も53センチ(9号)あり、パンツと合わせても違和感なくお召しいただけます。

 

なお、米沢織のジャガード生地で、若干地厚でしっかりした素材です。

 

高級感がありますが、堅苦しい感じが苦手な方は上画像のチュールレースジャケットか下画像のブラウスジャケットをお勧めします。

 

 

下画像は、74センチ丈のプリーツスカートです。上のジャケットと合わせて装うと準礼装の装いとなり、パンツで装うよりフォーマル度が高くなります。

 

 

ネックレスは、首に添うタイプがお勧めです。肩が凝るので軽い素材のものを選びましょう。

 

 

ご高齢の方も、コサージュはつけた方が良いです。顔が明るくなるのでお勧めです。明るい色を選びましょう。

 

 

下画像は、フリル襟が上品なジャケットです。着丈が55センチ(9号)あり、パンツと合わせても上品に着こなせます。素材は、バーズアイという細かいドット柄で落ち着いた雰囲気です。

 

 

下画像は、ペーズリー柄が上品なブラウスジャケットです。

 

 

ネックレスは必需品ですので、ぜひ付けてください。白を付けます。

 

 

コサージュは、顔が明るくなるのでお勧めです。ネイビーかシルバーグレイが上品です。右画像の位置に付けます。

 

 

車いすの方は無理に持つ必要はありませんが、フォーマルバッグを持つだけでフォーマル度がアップします。黒がお勧めです。

 

 

上画像のジャケットと合わせてお召しいただけます。

 

 

下画像は、ワンピースとジャケットのセットアップです。ジャケットは、ポリエステル素材で軽く肩が凝りません。

 

またウエスト部分がギャザーになっているため、気になるお腹周りをカバーしてくれます。

 

ワンピースの着丈は114センチで、小柄な方ならふくらはぎが隠れる丈になります。可愛らしい雰囲気がお似合いの方にお勧めです。(こちらはレンタル商品です)

 

 

ワンピースの装い

袖のあるワンピースは、楽に着られるので人気があります。

 

(注)ワンピースの装いは、ジャケットスタイルよりカジュアルになります。けれども着やすいのが一番ですので、お気に入りが見つかればそれを優先していただいても問題はありません。ワンピースは、一年通してお召しいただけます。

 

なおネックラインがあき過ぎるデザインは、下着が見えたり貧相に見えたりするので気をつけましょう。

 

下画像は、丹後ちりめんのアンサンブルです。ちりめん素材をフォーマルシーンでお召しいただく場合、若干カジュアルになりますがご高齢の方なら問題なくお召しいただけます。

 

 

 

下画像はAラインのワンピースで、お腹まわりが気になる方や腰の曲がった方でもきれいに着用できます。生地が軽いので、長時間着用しても疲れません。(こちらはレンタル商品です)

 

 

下画像は、上下セパレートタイプのドレスです。プリーツ加工が施してあるため、動きやすく楽にお召しいただけます。ウエストはゴム仕様です。(こちらはレンタル商品です)

 

 

結婚式・披露宴に参列するご高齢祖母さまの洋服は「一緒に楽しく」選ぶのがベスト!

上記で、さまざまなフォーマルの装いを紹介いたしました。これらは、カジュアルになりすぎず安心してお召しいただける洋服です。

 

私がフォーマルの洋服選びをお手伝いする場でも、ご高齢の方はとても嬉しそうに洋服を選ばれます。

 

けれどもご高齢の方にフォーマル売場で試着をして頂くのは大変で、下見に来られたご両親は「自宅で選べればいいのに」とおっしゃいます。

 

たしかに、希望としてはご自宅でお気に入りの洋服を選んで差し上げたいところでしょう。しかし通販サイトでは、それが叶います。

 

お気に入りの商品が見つかったら、お店の方に遠慮なく問い合わせることも大切です。

 

介護の必要な方は、上記で紹介した洋服も思うようにお召しいただけないかもしれません。その場合はパールのネックレスとコサージュを合わせるだけでフォーマルっぽくなります。

 

いつもよりちょっとオシャレをするだけで、気分が華やぎ元気がでます。お孫さんの結婚式を楽しみにしている祖母さまと、ぜひ一緒にご自宅で洋服選びをして見てください。

 

大人女性が自分に適したフォーマルウェアを見つけるには、「フォーマルドレス・ワンピ通販サイト」や「レンタルドレス・ワンピ通販サイト」がお勧めです。

 

カジュアルな服装が主流な近年、「フォーマルウェアにお金をかけたくない」という方が増えてきたからです。

 

けれども、フォーマルウェアは、相手の気持ちや周りの人々のことを常に配慮して装うことを求められる洋服です。そのことを理解したうえで、自分に適したフォーマルウェアを探すことが大切です。

 

そこでこのサイトでは、価格以上の価値があるフォーマルウェアを厳選して紹介しています。ぜひあなたらしいフォーマルウェアを見つけてください。

 

 

 

トップへ戻る