結婚式・披露宴50代女性服〜叔母の立場は高級感と上品さで装う

 

結婚式に招待されて悩むのが、「何を着ていけばいいの?」ということではないでしょうか。

 

以前は留袖を着て行ったが、今回は「洋服で来て欲しいといわれた」とフォーマル売り場を訪れる方が増えてきました。

 

しかし最近、フォーマル売り場の洋服は「地味で着たくない」という方が目につきます。たしかに、少しでも「若々しい装いを求める」のは誰もが同じです。

 

けれども、若いころとは違い体型をカバーする必要もあります。自分では9号のつもりでも、二の腕やおなか周りがきつく「ワンサイズ上を選ばなければ着られない」という方もいらっしゃいます。

 

さらに叔母の立場となれば、ある程度の「高級感」と「上品さ」が求められます。このようなファッションに敏感な「今どきの50代女性」は、どのようなフォーマルを着ればよいのでしょうか。

 

このところ、「親族」だけではなく「友人の結婚式」や「仕事関係の結婚式」に招待される方も増えてきました。叔母と友人では、装い方が異なるのでしょうか。

 

そのような着こなしのマナーも合わせてお伝えしますので、マナーに添った装いで結婚式に臨みましょう。

 

結婚式で叔母は何を着ればいいの?

結婚式は、普段の装いと異なり「フォーマルウェア」を装うためのルールがあります。まずは、装うルールを知りましょう。

 

フォーマルは、立場によって「正礼装」「準礼装」「略礼装」と区別があります。けれども最近は、カジュアルな結婚式も多くなり、叔母の立場でも「略礼装」の装いが増えています。したがって、親族とゲストの装いが曖昧になりつつあります。

 

しかし、そうはいっても「どんな装いでも大丈夫!」とはいえないのが「フォーマルウェア」です。

 

結婚式フォーマルのマナー

フォーマルには「正礼装」「準礼装」「略礼装」という礼装区分があります。けれども、そもそも略礼装とはどのような装いなのでしょうか。

 

最近ネットでは「ドレスは袖のあるものが正式で、ジャケットやボレロは羽織らない」との情報があります。

 

それは、正礼装(ロングアフタヌーン)が「ローブモンタント」という衿元のつまったロングドレスを原型としているためだと思われます。(下イラスト参照)

 

 

けれどもローブモンタントはイラストを見ていただいても分かるように、女性皇族が昼の宮中行事でお召しになられる装いのことです。したがって、結婚式の装いにそれを当てはめるのは少々無理があります。

 

また、日本は着物の文化です。その日本で結婚式を執り行う場合は、黒留袖に匹敵する洋装が必要です。そのため、黒のフォーマルドレス(スカート)を黒留袖と見立ててフォーマルジャケットで装うスタイルが日本では定着しています。

 

なお女性の礼装区分の定義はあいまいで、素材やデザインによって格式が変わります。

 

オシャレな服は略礼装?

一般にフォーマルは、一番基本のかたち(ロングアフタヌーンドレス/下イラスト)をベースに、デザインが加わったり素材が変化したりすれば少しずつフォーマル度が下がります。

 

 

ようするに、デザイン性が加わりオシャレになるほどフォーマル度は低くなるということになります。(フォーマル売り場の洋服が、普通すぎて物足らないと思われるのはそのためです)

 

(例) フォーマル度が高い順番(素材を同じものとした場合)昼用の場合

 

同色同素材のロングドレス(ロングスカート)+ジャケット → 長袖〜七分袖シンプルなデザインのロングドレス(襟元があまりくらないスタイル) → 黒のロングドレス(ロングスカート)+色物フォーマルジャケットとなります。

 

したがって若々しくてオシャレな「ファッションブランドのワンピース」は略礼装で、フォーマル売り場の「ワンピース」や「ジャケット+スカート(ドレス)」は準礼装」と区別しています。

 

けれども、「正礼装」「準礼装」「昼の装い」「夜の装い」の違いが曖昧なのが日本の結婚式です。なぜなら日本はもともと男性中心の社会で、女性はフォーマルの場にでることが少なかったからです。そのため、女性の着装ルールが曖昧になっています。

 

さらに、女性はファッション性を重視する傾向があるので、少しくらいルール通りでなくとも通用してしまうところがあります。

 

そのことを踏まえて、結婚式のカジュアルな叔母さまの装いから見ていきましょう。

 

カジュアルな結婚式〜一般の結婚式:叔母の装い

下の画像は、東京ソワールの袖ありワンピースです。薄いジョーゼットのジャケットを羽織ったようなデザインのワンピースで、夏の結婚式にもお勧めです(オールシーズン対応できます)。

 

また袖ありワンピースは羽織るものを考えることなく、気になる二の腕を隠してくれるので楽です。ミセスの結婚式の装いにひじが見える丈はNGですが、このワンピースはひじが見えない丈となっているためマナー違反になりません。

 

ミセス対応のサイズで若干落ち着いた印象にはなりますが、その分体型がカバーできる安心のデザインです(前開きタイプです)。したがって叔母の立場で着用するカジュアルな結婚式の装いに、もっともお勧めの一着です。(着丈9号で110センチです)

 

 

下画像も、東京ソワールの袖ありワンピースです。脱ぎ着が楽な、前開き仕様となっています。着丈9号で103センチ、安心のフォーマル丈です。なお、こちらのワンピースはご自宅で手洗い可能です。(注)ブローチは別売りです

 

 

けれども同じ袖ありワンピースでも、下記画像のワンピースは普段着としても通用するデザインです。

 

したがってこちらのワンピースは、できれば友人の結婚式や二次会・パーティーにお勧めします。

 

 

そしてもう少し「重厚感が欲しい」「黒留袖の代わりになる装いがしたい」という場合は、やはりジャケットを合わせた装いをお勧めします。これらの装いは、準礼装の装いです。

 

一般の結婚式〜格調高い結婚式:叔母の装い

下の画像は、結婚式叔母の装いの王道スタイルです。上の袖ありワンピースと比べて落ち着いた印象にはなりますが、重厚感がでる安心のスタイルです。

 

どのような場所に出かけても、失礼になることはありません。

 

「地味な装いはしたくない」という声が聞こえてきそうですが、フォーマル売り場を訪れる6割弱の方が「叔母の服装」として、この装いに近いフォーマルウェアを選ばれます。

 

下画像は、ブティックコーランのレースジャケットです。こちらのジャケットは単品でもスカート(ロングとショートが選べます)ありでも購入可能です。

 

 

フォーマルジャケットは、スカートの長さを変えるだけで落ち着いた重厚感のあるスタイル(右画像/スカート丈81センチ)から若々しいスタイル(左画像/65センチ丈)へと雰囲気を変えることができます。

 

(注)フォーマルは、スカート丈が長ければ長いほどよりフォーマル度が増すというルールがあります。

 

 

下画像は、フリル衿が華やかな米沢織のフォーマルジャケットです。

 

取り外しのできるレースの胸当てがついています。(胸当てはリバーシブル仕様となっています)なお、こちらはレンタル商品で黒のロングスカートとセットになっています(スカート丈9号で85.5センチ)

 

 

下画像は、ノーカラーがスッキリとした米沢織のフォーマルジャケットです。取り外しのできるサテンの胸当て付きです。

 

 

こちらはレンタル商品で黒のロングスカートとセットになっています(スカート丈9号で85.5センチ)

 

叔母の立場なら、もう少し丈の短いスカートでも装い可能です。下画像は、スカート丈9号で72センチです。

 

 

また、上の商品より若干カジュアルにはなりますがもう少し若々しく装いたいという方には、下の画像ボレロとワンピースのセットアップスタイルがお勧めです。生地に光沢があり、シンプルですが華やかになります。(こちらはレンタル商品です)

 

 

下画像もレンタル商品です。シンプルな黒のドレスにウンガロソワの高級ジャケットを合わせています。ジャケットは羽織るタイプで、若々しく着用できます。

 

 

ちなみに、子どもの入学式に下記のようなアンサンブルを着用した方は多いのではないでしょうか。「少し窮屈になったが、一度着ただけだからこれにしよう」と思う方もいるとは思いますが、入学式で着用した洋服を結婚式に用いるのはお勧めできません。

 

セレモニーで着る洋服は無難にまとまりますが、華やかさに欠けるので注意してください。

 

 

フォーマル小物の合わせ方

装いの総仕上げとして、ネックレスとフォーマルバッグは必ず必要です。洋服と同じように、小物も「正礼装」・「準礼装」・「略礼装」があります。以下どのようなものを合わせればよいか、画像で紹介します。

 

カジュアルなフォーマル小物

洋服と同じように、デザイン性のあるファッションブランドのアクセサリーは略礼装です。

 

区別が洋服より広くなりますが、正礼装の洋服にカジュアルな小物を合わせると、フォーマル度が下がるのであまりお勧めできません。

 

こちらのネックレスはロングタイプで、首に沿う長さのネックレスよりカジュアルになります。

 

私はどの装いにもキチンと感がでるので、お客さまには40センチ前後の長さのパールネックレスをお勧めします。けれどもワンピースにロングタイプのネックレスを合わせると、縦のラインが強調されるのでスッキリと細く見える効果があります。

 

 

トートバッグはカジュアルになるので、50代女性が結婚式に持つバッグとしてはあまりお勧めできません。

 

 

正統派のフォーマル小物

以下準礼装(正礼装)のフォーマル小物です。正礼装にカジュアルな小物はNGですが、カジュアルな装いに正統派のフォーマル小物を合わせることは可能です。

 

下画像のイヤリングは同じデザインでピアスを作っているので、どちらでも対応できます。

 

 

このネックレスは、留め具がマグネットになっています。強力なマグネットで、外れることはありません。外す時は折り曲げるようにすると、簡単に外れます。

 

 

コサージュやブローチは「必ず付けなければならない」との決まりはありませんが、付けると華やかになるのでお勧めです。なお、コサージュには「あなたをお祝いします」という意味があります。

 

付ける位置は、利き腕の反対側で鎖骨くらいの高い位置に付けるとバランスが良いです(画像右側参照)

 

 

補助バッグも種類がいろいろあり、可愛らしいレース使いのものやモチーフがついたものを選びがちです。けれども、シンプルなデザインを選べば洋服の邪魔になりません。

 

 

カジュアルな装いに、小ぶりのフォーマルバッグを持つだけで装いが格上げされます。

 

小さいバッグが「何もはいらない」という方は多いですが、よりフォーマルな装いが演出できるので小ぶりなフォーマルバッグを選びましょう。入らないものは、補助バッグに入れて式に臨めばすっきりと上品にまとまります。

 

下画像のバッグは、付属のチェーンが肩に掛けることができる長さになっています。着席スタイルの結婚式ではバッグを肩に掛けませんので、チェーンを二重にしてふたの部分に引っかけると短くなります。

 

 

結婚式で選ぶ50代女性の洋服は「地味な装い」ではなく「格調高い装い」と心得る

上記で説明しましたがこれらの50代女性が着る結婚式の服装は、「なんだか地味で、着たくない」と思う方がいるのではないでしょうか。

 

たしかにファッショナブルで今風のデザインに、「私も着てみたい」と憧れる気持ちも理解できます。

 

けれども、ファッショナブルな装いは「フォーマルな装いにならない場合がある」と心得た方がよさそうです。決して無理に着たくない服を選ぶ必要はないですが、あくまでも「叔母の立場に相応しい装いか」を考えることは大切です。

 

結婚式の装いはお葬式の装いとは異なり、場を華やかにするのが一番の目的です。あなたらしく装って、お祝いの気持ちを装いに託しましょう。

 

大人女性が自分に適したフォーマルウェアを見つけるには、「フォーマルドレス・ワンピ通販サイト」や「レンタルドレス・ワンピ通販サイト」がお勧めです。

 

カジュアルな服装が主流な近年、「フォーマルウェアにお金をかけたくない」という方が増えてきたからです。

 

けれども、フォーマルウェアは、相手の気持ちや周りの人々のことを常に配慮して装うことを求められる洋服です。そのことを理解したうえで、自分に適したフォーマルウェアを探すことが大切です。

 

そこでこのサイトでは、価格以上の価値があるフォーマルウェアを厳選して紹介しています。ぜひあなたらしいフォーマルウェアを見つけてください。

 

 

 

ページの先頭へ戻る