卒業式教員の服装:ブラックフォーマル選び方と着こなし方

 

卒業式,教員,服装,ブラックフォーマル

卒業式は「学校教育方施行規則」によって定められた学校行事で、校長先生は「正礼装」、教頭先生以下担任の先生は「準礼装以上」の装いが一般的です。

 

男性の先生方は、モーニングコートやブラックスーツを着用されますので、女性の先生方もフォーマルな装いで参列されます。

 

女性の先生方の装いは「黒」と決められていることも多く、「ブラックフォーマル」「ベルベット」「黒のワンピース+黒に近いフォーマルジャケット」が定番スタイルとなっています。

 

ブラックフォーマルは一般的には「喪服」と思われがちですが、ほんらい卒業式などセレモニーにも着用できるように開発された洋服です。もちろん「喪服」としてもお召しいただけます。

 

そこでこのページでは、卒業式に着る「喪服としても着られるブラックフォーマル」を選ぶときと着こなすときのポイントをお伝えします。

 

(注)「ベルベット」は、黒の洋服でも弔事に着用できないので注意してください。

 

なお、「ブラックフォーマルはお葬式の洋服?」と疑問を持たれる方はブラックフォーマルって喪服?卒業式のブラックフォーマル基礎知識も合わせてご覧ください。

 

卒業式先生の服装~ブラックフォーマルの選び方

ブラックフォーマルを選ぶ際に、「ブラックフォーマルにはセレモニー用とお葬式用があるので、卒業式にはセレモニー用を選びましょう」との記事を見かけることがあります。

 

先ほども述べましたが、ブラックフォーマルはほんらい卒業式などセレモニーにも着用できるように開発された洋服で「セレモニー用のブラックフォーマル」が別にあるわけではありません。

 

では喪服としても着用できるブラックフォーマルとは、どのような洋服を言うのでしょうか。

 

ブラックフォーマルのデザイン

フォーマル売り場のブラックフォーマルは、次のようなデザインが一般的です。

 

【オールシーズン用アンサンブル~中のワンピースは七分袖がベスト】

 

ブラックフォーマルは、一着を年間通して着用できるオールシーズン用を求める方が大半です。(夏用と冬用とオールシーズン用を揃える方もいます)

 

オールシーズン用というのは、ワンピース(ブラウスとスカート)を夏のシーズン用として着用、ジャケットを羽織ってそれ以外のシーズン用として着用するアンサンブル(スリーピース)タイプのことです。

 

下の画像は、オールシーズン用のブラックフォーマルアンサンブルです。セレモニーホールでお葬式をする場合は、夏でも冷房が効いているのでオールシーズン用が重宝します。

 

 

ジャケットを脱いだスタイルです。夏はワンピース一枚でも着られます。しかし「肌を見せない」が基本となるため、画像のような七分袖がお勧めです。

 

 

【膝が見えない着丈】

 

お焼香の場は、お辞儀をしたときに膝の裏側が見えない丈が「立ち振る舞いが美しい」とされています。

 

ちなみに下の画像はワンピース丈9号で106センチです。身長が158センチの方なら、ワンピースの丈が100センチ以上あれば立った状態で膝がほぼ隠れます。

 

 

このようにブラックフォーマルは、弔事の場できちんとした印象になるように「膝が見えない丈」を選んだり「肘が見えない丈」を選んだりして装います。

 

ブラックフォーマルの色と素材

お葬式の場ではすべての方が黒い服を着用するので、白っぽい黒は目立ちます。

 

また、フォーマルならではの高級感を出すため、素材メーカーさんと協力してさまざまな生地が作られています。

 

【黒の色にこだわる】

 

黒は染めるのが非常に難しく、ブラックフォーマルを専門に作っているアパレルメーカーは、素材をより黒く見せるため「濃染加工」という特殊な技術を施し、染めの度合いをしらべ、色落ちを防ぐために「堅牢度試験(けんろうどしけん)」を行なっています。

 

また黒はアイロンの先がすこし当たっただけでも生地が光ったり、縫製のアラが目立ったりと上質なブラックフォーマルを仕上げるのにとても神経を使います。

 

下画像は、シャープな立ち衿がエレガントな「東京ソワール/ユキコキミジマ」のブラックフォーマルです。グログラン(トリアセテート69% ポリエステル31%)という光沢のある素材を使用することにより、黒の色が際立ちます。

 

 

トリアセテートはシルクのような光沢があり、しわにもなりにくいです。また黒の色が際立ち美しいドレープがでるので、高級なブラックフォーマルによく使われます。

 

(注)弔事に着用する洋服は、「光沢があってはいけない」と勘違いをされる方が見えます。では、光沢とはどのようなものをいうのでしょうか。

 

たとえば「真珠」と「ダイヤモンド」を比べると分かりやすいかと思います。真珠は光沢がありますが、ピカピカと光っているわけではありません。「ブラックフォーマル」も真珠と同じです。

 

高級なブラックフォーマルは、上品な光沢があり弔事の場でも美しさが際立ちます。

 

【生地にこだわる】

 

無地が基本のフォーマルですが、織り柄を用いたり光沢のある生地を用いたりして高級感をだしています。

 

下画像のブラックフォーマルは、「レベッカハニカム」というレーヨン混の高級素材を使っています。レーヨンを混紡することにより、艶感と落ち感がでるため綺麗なシルエットがでます。

 

また、凹凸感のある織り柄とトリミングに施したリバーレースが優しい雰囲気です。

 

【裏地にこだわる】

 

また裏地にもこだわりがあり、高級なブラックフォーマルはキュプラ(ベンベルグ)裏地を使用しています。

 

ベンベルグ裏地はすべりがよく軽い着心地で、パチパチとまとわりつくことがありません。そしてムレ感やべたつき感をおさえ、型崩れを防ぐ効果もあります。

 

卒業式先生の服装~ブラックフォーマルの着こなし方

ブラックフォーマルは、セレモニーに着ることができる洋服です。しかし弔事に着るのが一般的で、卒業式で着たときにそれが「喪服」にみえてしまうようでは困ります。

 

そこでフォーマル小物を効果的に使ったり、地味に見えないデザインを選んだりして華やかに見える工夫をしましょう。

 

フォーマル小物を効果的に使う

フォーマルは、小物の使い方で印象が大きく変わります。

 

【コサージュ】

 

胸元のコサージュは、必須アイテムです。コサージュは顔の近くにつけるため、選ぶデザインや色によって雰囲気が異なります。

 

卒業生のお母さまはどちらかといえば小ぶりのコサージュをつけますが、先生方は大振りでシンプルなコサージュがお勧めです。

 

 

なおコサージュは胸より高い位置(肩に近い位置)のお顔寄りに、コサージュの軸を上にしてつけるとバランスよく華やかに見えます(左右どちらにつけていただいても構いませんが、左肩につける方が多いです)。※下画像参照

 

 

【ネックレス】

 

ネックレスも必須アイテムです。パールの一連が上品です。下画像左のネックレス参照(長さ40.5センチ。一般的な長さです)

 

なお下画像右のネックレスはデザイン性がありカジュアルになりますので、先生方の装いには一連のパールがお勧めです。

 

 

【ストッキング】

 

ストッキングの色はベージュです。タイツは、カジュアルになるので避けましょう。

 

 

地味に見えないブラックフォーマル

最近は、オシャレなブラックフォーマルが揃っています。

 

ブラックフォーマルは、ジャケットの襟のかたちで印象が変わります。下画像のようにロールカラーを選んだりショールカラーを選んだりすれば地味な印象になりません。

 

 

卒業式に着る教員のブラックフォーマルは「弔事にも着られるタイプ」を選べば間違いがない

学校によって先生方の卒業式の装いは、「黒」と指定されることもあり一般的に「ブラックフォーマル」か「ベルベット」「黒のスーツ」が定番となっています。

 

一般的な黒のスーツやセレモニーとして販売されている商品の中には、ワーキングウェアやカジュアルな印象の略式の洋服がおおく見受けられます。

 

子供たちにとっても人生の節目の大切な卒業式です。ご父兄も、フォーマルスタイルで参列をされます。

 

先生方が卒業式用としてブラックフォーマルを選ぶ場合は、ブラックフォーマルを専門に扱うお店で選ぶことが大切です。

 

そのようなブラックフォーマルは、格式高く上品で凛とした雰囲気つくりに最適です。上記でお伝えした内容を踏まえて、卒業式の装いに相応しいブラックフォーマルを選びましょう。

 

大人女性が自分に適したフォーマルウェアを見つけるには、「フォーマルドレス・ワンピ通販サイト」や「レンタルドレス・ワンピ通販サイト」がお勧めです。

 

カジュアルな服装が主流な近年、「フォーマルウェアにお金をかけたくない」という方が増えてきたからです。

 

けれども、フォーマルウェアは、相手の気持ちや周りの人々のことを常に配慮して装うことを求められる洋服です。そのことを理解したうえで、自分に適したフォーマルウェアを探すことが大切です。

 

そこでこのサイトでは、価格以上の価値があるフォーマルウェアを厳選して紹介しています。ぜひあなたらしいフォーマルウェアを見つけてください。

 

 

 

ページの先頭へ戻る