結婚式母親オシャレに着たい!それならブライダルマザードレスがお勧め

結婚式母親オシャレに着たい!それならブライダルマザードレスがお勧め

結婚式母親オシャレに着たい!それならブライダルマザードレスがお勧め

 

結婚式に母親が着る、「ブライダルマザードレス」をご存知でしょうか。

 

カラーフォーマル売り場にあるのは、主に従来からあるシンプルなノースリーブのロングドレスとジャケットです。(下イラスト参照)

 

そのため、おしゃれで今風の装いを好むお母さま方は、「フォーマル売り場の洋服は、普通すぎて物足らない」「フォーマル売り場の洋服はどことなくあか抜けない」そのように思っています。

 

 

そのような方にお勧めなのが、ブライダルマザードレスです。

 

では、ブライダルマザードレスとは、どのようなドレスをいうのでしょうか。このページでは新郎新婦のお母さま方にお勧めのブライダルマザードレスを紹介するとともに、ブライダルマザードレスを着こなす時の注意点と着こなし方について解説します。

 

あなたは「ドレス派?」それとも「ジャケット派?」

一昔前とは違い、多くの方が洋風の挙式をされます。そこで新郎新婦のお母さま方もオシャレなドレスを着て、結婚式に臨む方が増えています。

 

また、普段からオシャレに敏感な新郎・新婦のお母さま方は、ご自身のフォーマルウェアにもこだわりを持っています。

 

そのようなお母さまは、「娘と同じようにドレスが着たい」「ありきたりの装いはしたくない」と考えています。けれどもその一方で、母親の立場として「どのような装いをしたらよいかわからない」と悩む方もいます。

 

たしかに今までの親世代の結婚式は、ホテルか専門式場と決まっていました。チャペルで結婚式を挙げる方も少なかったです。

 

けれども今では、レストランやゲストハウス・海外・リゾートと多様化しています。

 

そしてブライダルマザードレスは洋装のドレスになるため、最近までほとんど着る方はいませんでした。そのため、「派手ではないか?」や「自分に着こなせるか?」などと心配する方は多いです。

 

しかし、最近ではドレスの種類も増えています。また、レンタルショップという選択肢もあります。そのため、その中から自分好みの似合うデザインを見つけるのは、それほど難しくありません。

 

けれども格式を重んじる日本人にとって、ドレスに抵抗感があるのも確かです。

 

したがって、「華やかでファッショナブルなマザードレス」で装うか、「重厚感があって落ち着いた雰囲気のアンサンブル(スーツ)スタイル」にするかを、挙式のスタイルや相手の親との兼ね合いを見ながら十分検討しましょう。

 

(注)相手のお母さまが和装でも、ご自身は洋装でお召しいただけます。

 

ブライダルマザードレスというスタイル

ドレスを装うと、いつもの自分とは全く違ったイメージになるので、気分が盛り上がります。

 

また花嫁のお母さまなら、花嫁のドレス一色を自分のドレスの色と合わせて、トータルコーディネートもできそうです。ほかに、新郎のお母さまと自分のドレスの色を合わせて、統一感を持たせるのも楽しいです。

 

下画像は、マザードレスの一般的なスタイルです。こちらはドレス専門店「アールズガウン」のジャケット重ね着風の袖ありロングドレスです。スカート丈(スカート部分の長さ)は112センチです。

 

 

下画像もドレス専門店「アールズガウン」のロングドレスとボレロのセットアップスタイルです。シルバー×ブラックとブラック×ブラックの2種類ありますが、同色の方が若干フォーマル度は高くなります。

 

けれどもシルバー×ブラックの方が華やかです。したがってどちらを選んでも問題はありません。ドレス丈(スカートの切り替え部分から)は102センチです。

 

 

下画像も、ドレス専門店「アールズガウン」のロングドレスアンサンブルです。ドレス丈(スカート部分)112センチです。

 

 

カラーフォーマル売り場の定番スタイル「ジャケット+黒のロングドレス」

カラーフォーマル売り場には、多くの新郎新婦のお母さまが黒留袖の代わりに着用する洋服を見にいらっしゃいます。

 

そのときお勧めする主な洋服が、黒の袖のないロングドレスとフォーマルジャケットです。けれども最近「母親が黒留袖の代わりに着用する服として、相応しくないのでは?」と疑問を持つお母さまが増えてきました。

 

「母親が黒留袖の代わりに着用できるのは、同色同素材のジャケットとロングドレスだとインターネットに書いてある」といわれます。

 

では、フォーマル売り場の販売員は間違っているのでしょうか。

 

結論からいえば、どちらも間違いではありません。それはフォーマル売り場の洋服は、日本の女性が黒留袖の代わりに着用することを前提に、フォーマルメーカーが考案した洋服だからです。

 

たとえば、下画像の演奏会用と紹介されている黒のロングドレスを例に見ていきましょう。フォーマル売り場でお母さまにお召しいただくロングドレスは、このドレスのデザインに近いです。

 

参考までにこちらのドレス丈は、希望の長さに仕上げてもらえますがフォーマル売り場にあるロングドレスは140センチくらいあります。(注)小柄な方は、お直しをしてお召しになられます。

 

 

そのロングドレスに、下画像のようなフォーマルジャケットを合わせてお召しいただきます。これがフォーマル売り場で黒留袖の代わりとして提案する、お母さまの代表的な装いです。

 

下画像は、ブティックコーランのフォーマルジャケットです。こちらはレースジャケットですが、レースは華やかになるため新郎新婦のお母さまに人気があります。

 

 

下画像も、ブティックコーランのセットアップです。フォーマルジャケットと黒のロングスカートのコーディネートで、ロングスカートを合わせた装いもお母さま用のフォーマルとして人気です。

 

 

下画像も黒のドレスとジャケットのセットアップです。こちらはドレス丈が若干短いです。

 

相手のお母さまが黒留袖をお召しになるなら、上画像で紹介した「くるぶしが隠れる丈のロングドレス」を合わせた方がバランスがよいです。(こちらの商品はレンタルです)参考までにこちらのドレス丈は9号で113センチです。

 

 

このように、現在は黒留袖の代わりに着用するフォーマルとして黒のロングドレス(スカート)とフォーマルジャケットを多くのお店が紹介しています。

 

そこで「ブライダルマザードレス」と「フォーマル売り場にある洋服」についてもう少し詳しく見ていきましょう。

 

黒のロングドレスは黒留袖の代わりになる?それともならない?母親が着るフォーマルはどれが正解かを解説

先ほども紹介しましたが、黒のロングドレスとフォーマルジャケットのコーディネートは「黒留袖の代わりとして着用できる」洋服です。

 

それには、フォーマルメーカーの知識が必要なのでここで少し紹介します。

 

着物から洋服へ受け継がれたフォーマルの流れ

1969年に、女性が「冠婚葬祭すべてに着られる服」として和服に代わる喪服(ブラックフォーマル)がフォーマルメーカーより開発されました。

 

とはいうものの1970年代はじめまで女性がお葬式に参列する場合、黒の着物が正式で洋装は略式とされていたそうです。

 

その後合理的な生活を求める日本女性が目立つようになり、衣生活が変化してくると「お葬式の時だけ着物を着るのは面倒」や「盛夏の着物は苦痛」と感じる方が増え始めます。

 

その頃から「一着の服で冠婚葬祭をカバーしたい」とのぞむお客さまのニーズに応える形で、ブラックフォーマルが百貨店のコーナーに並び、需要が一気に高まり定着していきました。

 

けれども当時、カラーフォーマルはまだつくられておらず、フォーマルコーナーでは黒の礼服を「シンプルに着てお葬式用」「アクセサリーをプラスして華やかにすれば結婚式用」という形でお客さまにアドバイスをしたそうです。

 

その後経済が加速して、さまざまなデザインのカラーフォーマルがフォーマル売り場に並ぶようになりました。そのときフォーマルメーカーが提案したのが、黒のドレスやスカートを黒留袖と見立てジャケットを組み合わせるスタイルです。

 

また、ジャケットも着物を意識して膨れ織り(立体感のある凹凸で柄を織り出した、二重織物)やジャガード織(絵が浮き上がるような織り方で作った織物)で作ったりシルク素材で作ったりしています。

 

そのスタイルは、いまでもずっと受け継がれ多くの日本女性に支持をされています。

 

しかしその一方で時代が進むにつれ、国際儀礼(プロトコール)という国際的な基本儀礼やマナー行うためにドレスコードが作られました。それが一般に伝わるフォーマルの礼装区分です。

 

たしかにドレスコードには、昼の正礼装(アフタヌーンドレス)は「黒のロングドレスとフォーマルジャケットの装いが正式である」とは書いてありません。

 

下画像は、昼の正礼装(ロングアフタヌーンドレス)のもっとも基本的なスタイルです。(こちらはレンタル商品です)

 

 

なお女性の礼装区分の定義はあいまいで、素材やデザインによって格式が変わります。

 

一般にフォーマルは、一番基本のかたち(上画像で紹介したロングアフタヌーンドレス)をベースに、デザインが加わったり素材が変化したりすれば少しずつフォーマル度が下がります。

 

(例) フォーマル度が高い順番(素材を同じものとした場合)昼用の場合

 

同色同素材のロングドレス+ジャケット → 長袖〜七分袖シンプルなデザインのロングドレス(襟元があまりくらないスタイル) → 黒のロングドレス+色物フォーマルジャケットとなります。

 

(注)上画像で紹介したブライダルマザードレスは、デザイン性・素材(ストレッチ素材はフォーマル度が低くなります)を考慮すると、黒のロングドレス+ジャケットと比べてフォーマル度は下がります。

 

けれども相手のお母さまが黒留袖を着用した場合、上記で紹介したブライダルマザードレスで装っても問題ありません。

 

黒のロングドレスは黒留袖をイメージして作られたフォーマルウェア

日本は着物の文化です。その日本で結婚式を取り行う場合は、黒留袖に匹敵する洋装が必要です。

 

したがって黒のロングドレスを黒留袖と見立て、和装を意識した格調高いフォーマルジャケットのコーディネートは、ロングアフタヌーンドレスの代わりとして十分お召しいただけるフォーマルウェアです。

 

下画像は、淡いグリーンの色味が上品なウンガロソワのジャケットです。凹凸感のある柄生地が華やかです。(こちらはレンタル商品です)

 

 

上のジャケットとコーディネートして装えば、黒留袖の代わりとして装って頂けます。

 

 

下画像は、高級感のある米沢織のジャケットと黒のロングスカートのセットアップです。(こちらはレンタル商品です)なお、スカート丈は85.5センチです(9号)

 

 

下画像は、フォーマルジャケットとロングスカートのセットです。(こちらの商品はレンタルです)参考までにこちらのスカートは81センチで若干短いです。

 

この長さでも黒留袖の代わりとしてお召しいただけますが、できれば90センチくらいの長さのスカートで装って頂きたいです。

 

けれども、小柄な方ならそのままでOKです。なおフォーマルの装いは、スカート(ドレス)の丈が長いほどフォーマル度が高くなります。

 

参考までにフォーマル売り場にあるロングスカートは、90センチくらいあります。

 

 

このように黒のロングドレス(ロングスカート)とフォーマルジャケットのコーディネートは若干落ち着いた印象にはなりますが、重厚感がでる「着物に匹敵する」装いです。

 

ブライダルマザードレスは黒留袖の代わりになるの?

先ほど紹介したブライダルマザードレスは、新郎新婦の母親に相応しい装いで「黒留袖の代わり」としてお召しいただける洋服です。

 

けれども上記で紹介したロングアフタヌーンドレスと比べると、ブライダルマザードレスは形状が異なります。

 

それは昼の正礼装であるロングアフタヌーンドレスは、「ローブモンタント」を原型としているからです。

 

では、ローブモンタントとはどのような服装をいうのでしょうか。

 

あまり馴染みのないドレスの名称ですが、女性皇族が宮中の昼の「正式な行事で着るドレス」をイメージすると分かりやすいです。

 

ローブモンタントの「モンタント」とは、フランス語で、「上がる」「登る」「高まる」を意味します。

 

襟が身ごろから続いて首の長さいっぱいまであるデザインで丈は長く裾を引き、袖も長く手首まであるドレスのことをいいます。(下イラスト参照)

 

 

ブライダルマザードレスは、ローブモンタントを基につくられているため新郎新婦のお母さまにお召しいただけるドレスです。

 

けれども、ブライダルマザードレスはどちらかといえばファッショナブルな今風のスタイルです。(下画像参照)したがって、チャペルやゲストハウスなど洋風の挙式がよく合います。

 

下画像は、五分袖のロングドレスです。ドレス丈145センチですが、着丈は無料でお直し可能です。

 

 

下画像は、シャンタン素材のロングドレスです。上身ごろのレースが華やかです。後ろがゴム仕様になっているため、楽にお召しいただけます。参考までにドレス丈142センチです。(こちらはレンタル商品です)

 

 

上画像のロングドレスとコーディネートしていただけます。夜の披露宴なら袖のないドレス一枚でもお召しいただけますが、日本で結婚式をする場合は羽織物があると安心です。(こちらはレンタル商品です)

 

 

下画像は、レースが華やかなロングドレスです。参考までにドレス丈は129センチです。(こちらはレンタル商品です)

 

 

下画像は、ノースリーブのロングドレスと同色のジャケットを組み合わせたスタイルです。ドレスは後ろが編み上げスタイルになっているため、体にフィットします。ドレス丈125センチです(こちらはレンタル商品です)

 

 

下画像は、ノースリーブのロングドレスとボレロを組み合わせたスタイルです。ドレス丈121センチです。(こちらはレンタル商品です)ドレス丈は若干短いですが、黒留袖の代わりとしてお召しいただけます。

 

けれども相手のお母さまがくるぶしの隠れる丈をお召しになる場合は、同じくらいの長さの方が両家のバランスが保てます。

 

 

上記で紹介したように、ブライダルマザードレスは黒のロングドレスとフォーマルジャケットを組み合わせたスタイルより若々しくファッショナブルな装いになります。

 

このように装うイメージは異なりますが、どちらも「新郎新婦のお母さまとして相応しい装い」です。

 

では若々しくファッショナブルなブライダルマザードレスを着るには、どのようなことに注意をすればよいのでしょうか。

 

ブライダルマザードレスを装うときの注意点

日本ではまだまだ馴染みのないブライダルマザードレスですが、着用するにあたり少し注意が必要です。

 

【肌をあまり露出しない】

 

海外のドレスをブライダルマザードレスとして着用する場合、背中が大きく開いたり、肩先が見えたりするドレスがあります。(下画像参照)

 

このようなドレスは、豪華ではありますがどいらかといえばパーティー用です。

 

 

【派手な色や柄物は避ける】

 

結婚式は、無地が基本です。また、「ネイビー」「ベージュ」「グレー」などベーシックカラーがお勧めです。

 

柄物のドレスは、リゾートっぽくなりますので注意してください(下画像参照)

 

 

【デザインを考慮する】

 

ロングドレスとジャケットのコーディネートは、ジャケットで体型がカバーできます。たとえばドレス一枚ではお腹周りが気になる方でも、ジャケットを羽織ることによりお腹周りは隠れてしまいます。

 

けれども、ドレスは体型がカバーしにくいです。したがって、ご自身の体型を配慮してドレスのデザインを選ぶことが大切です。

 

ブライダルマザードレスは「オシャレなお母さま」に着て欲しいフォーマルウェア

洋風の結婚式が増えたとはいえ、まだまだ黒留袖にこだわる方は多いです。

 

けれどもその一方で、おしゃれで今風の装いを好むお母さま方に「娘と同じようにドレスが着たい」「ありきたりの装いはしたくない」と考える方が増えてきました。

 

しかし、母親の立場として「ドレスは派手ではないか」や「ドレスは留袖の代わりにならないのでは」と躊躇する方は多いです。

 

けれども、「正礼装」「準礼装」「昼の装い」「夜の装い」の違いが曖昧なのが日本の結婚式です。なぜなら日本はもともと男性中心の社会で、女性はフォーマルの場にでることが少なかったからです。そのため、女性の着装ルールが曖昧になっています。

 

さらに、女性はファッション性を重視する傾向があるので、少しくらいルール通りでなくとも通用してしまうところがあります。

 

とはいうものの結婚式には、その場に相応しい「装いのマナー」があります。したがって、ファッション性を重視するブライダルマザードレスを着用するときは、基本から外れすぎないことが大切です。

 

ブライダルマザードレスで装えば「今風の結婚式によく合うファッショナブルなお母さま」となり、新郎新婦も満足されるのではないでしょうか。

 

ここでお伝えしたブライダルマザーの装いを参考にして頂き、思い出に残るステキな結婚式にして頂ければ嬉しいです。

 

大人女性が自分に適したフォーマルウェアを見つけるには、「フォーマルドレス・ワンピ通販サイト」や「レンタルドレス・ワンピ通販サイト」がお勧めです。

 

カジュアルな服装が主流な近年、「フォーマルウェアにお金をかけたくない」という方が増えてきたからです。

 

けれども、フォーマルウェアは、相手の気持ちや周りの人々のことを常に配慮して装うことを求められる洋服です。そのことを理解したうえで、自分に適したフォーマルウェアを探すことが大切です。

 

そこでこのサイトでは、価格以上の価値があるフォーマルウェアを厳選して紹介しています。ぜひあなたらしいフォーマルウェアを見つけてください。

 

 

 

トップへ戻る