卒業式母親が着るベロア〜素材を活かしてトコトン着まわす方法

 

百貨店のカラーフォーマル売り場には、9月中旬から3月末までベルベットのボレロ・ジャケット・スカート・ワンピース(黒色が主流です)が店頭に並びます。

 

ベルベットは冬の定番素材で、フォーマル売り場では卒業式には欠かすことのできない人気素材です。

 

またベルベットは卒業式ではもちろんのこと、「結婚式」「同窓会」「パーティー」「食事会」など幅広いシーンに着用することもできます。

 

けれども近年、「ベロア素材」がベルベットと同じように注目されるようになりました。もともとベロア素材は、伸縮性のある編地であるため「ベルベット」より安価でチープな印象を持たれていました。

 

しかし製造技術が発達して、ベルベットと比べても見劣りしない「高級感のあるベロア素材の洋服」が増えています。そのため、ベロア地とベルベット地の区別がつきにくくなっています。

 

そこでこのページではベロア素材の魅力をお伝えするとともに、ベロア素材の洋服を卒業式や結婚式などの「フォーマルシーン」から同窓会や食事会などの「カジュアルシーン」まで着まわす方法をお伝えいたします。

 

卒業式のベロア〜素材の特徴と魅力

近年注目されているベロア素材ですが、ベルベットとどこが違うのでしょうか。まずはベロアとベルベットの違いを見ていきましょう。

 

製造方法の違い

フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)に「ベルベット」「ベロア」「ベッチン」について解説されていますので、それを紹介します。

 

ベルベット(英:velvet)は、平織か綾織の経糸にパイルを織り出したパイル織物の一種である。ビロード(ポルトガル語:veludo、スペイン語:Velludo)や天鵞絨(てんがじゅう)とも呼ばれる。

 

柔らかで上品な手触りと深い光沢感が特徴で、フォーマル・ドレスやカーテンに用いられる。レーヨンや絹が一般的。縫いずれし易く、きれいに縫製するには高度な技術が必要である。

 

ベッチン(綿ビロード、ベロア)と見た目では区別がつきづらく混同され易い。どちらも製品としては見た目がよく似ているが、製法に違いがある。

 

一般にベッチンやコーディロイはヨコ糸を飛ばした組織で織った織物で、後に飛ばしたヨコ糸をカットして羽毛(パイル)を作る織物であり、ベロアとはストレッチ性のあるニット素材のループパイルを形成した丸編み生地のループをシャーリングカットして羽毛にした編み物の生地を指す

 

ベロアの魅力〜柔らかい印象になる

黒の洋服は、色のイメージからともすると堅苦しい印象になったり暗い印象になったりします。

 

けれどもベロアは、毛足があるため柔らかな印象になります。またストレッチが効いているので着心地がよいです。

 

ベロアの魅力〜カジュアルからフォーマルまで着用可能

このページでも着用例を多く取り上げていますが、どの素材のものとも相性がよくさまざまなシーンで着用可能です。

 

ベロアの魅力〜暖かい素材

ベロアで作られたジャケット・スカート・ワンピースは9月から3月までの期間で着用できる冬限定の季節アイテムです。

 

とくに卒業式シーズンは、季節外れの雪に見舞われたり「寒さ対策」に追われたりすることがよくあります。さらに学校の体育館は特別寒く、そのようなシーンでベロアのジャケットやスカートは「毛足」があるので暖かく、とても重宝します。

 

このようにフォーマル売り場に欠かせないベロア素材のボレロ・ジャケット・スカート・ワンピースですが、卒業式で着用するのは黒色が大半です。

 

黒色のベロア素材は深く濃い色が際立ち、高級感がでるので人気があります。そこでそのベロア地のアイテムをつかったスタイリングを紹介します。

 

卒業式に着るベロア素材〜アイテムと特徴

ベロア素材は、「ジャケット」「ボレロ」「スカート」「ワンピース」とアイテムが揃っています。それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

ベロア素材〜ボレロ

ベロア素材の中でもボレロは、人気商品です。ボレロを合わせると柔らかい雰囲気になるので、フェミニンなスタイリングを好む方にお勧めです。

 

どの素材のワンピースとも相性がよく、とくにタフタやシャンタンといった光沢のある素材と合わせると美しさが際立ちます。

 

下画像はベロア素材のボレロです。ベルベットより若干カジュアルになりますが、表地 トリアセテート72% ポリエステル28% 裏地 キュプラ100% と総裏付きのボレロで高級感があります(ANAYIの商品です)。

 

 

ベロア素材〜ジャケット

ベロア素材のジャケットは同素材(ベロア)のワンピース(スカート)と合わせると重く見えるため、シフォンやジョーゼットのワンピース(スカート)とコーディネートをして着用する方もいます。

 

そしてワンピース(スカート)のデザインで、フェミニンな雰囲気やエレガントな雰囲気と全く違った表情が作れます。

 

下画像は、「TOCCA」のベルベットジャケットです。素材 【表地】 [基布] キュプラ 95%  ポリウレタン5% [起毛部分] レーヨン100% [身返し] ポリエステル 100% 【裏地】 キュプラ100% です。

 

基布にポリウレタンが入っているため、ストレッチが効いて着心地がよいです。ベルベットの良さとベロアの良さをあわせ持ったお勧め素材です。

 

三色展開で、下画像はブラウンです。ブラックもありますが、ブラックは画像のデザインが分かりにくいためブラウンのジャケット画像で紹介しています。

 

色のイメージで「ブラックのジャケット」と比べると、「ブラウンのジャケット」の方がややカジュアルになります。

 

 

下画像は上画像の色違い「ブラックのジャケット」です。

 

 

ベロア素材〜スカート

マーメードライン(ミディ丈・ロング丈)・タイトラインなどさまざまなデザインがあります。別素材のジャケットと合わせて、異なる雰囲気が作れます。

 

また冬素材であるベロア地のスカートを合わせることにより、薄手のジャケットであっても冬用に様変わりします。これは、結婚式などにお勧めの着方です。

 

下画像は、ベロア素材のタイトスカートです。(ANAYIの商品で、上画像とボレロとお揃いです)

 

【表地】 トリアセテート72% ポリエステル28% 【裏地】 キュプラ100%です。スカート丈61センチです。

 

 

ベロア素材〜パンツ

下画像は、エレガントな装いにもタウンスタイルにも重宝するベロアワイドパンツです。素材 ポリエステル95% ポリウレタン5%

 

 

ベロア素材〜ワンピース

一枚できることができる袖の付いたタイプと袖のないノースリーブタイプがあります。袖の付いたタイプは、羽織るものを考える必要がないためで気軽に着用できます。

 

ベルベットのワンピースは結婚式や食事会・パーティー用として人気ですが、法事やお葬式には着ることができないので注意してください。(ブラックフォーマルジャケット・ワンピースの部分使いベルベットは、喪服として着用可能です)

 

下画像は、「TOCCA」のベルベットワンピースです。ドレス丈95.7センチです。なお、上画像の羽織るタイプジャケットとお揃いです。

 

素材 【表地】 [基布] キュプラ 95%  ポリウレタン5% [起毛部分] レーヨン100% [身返し] ポリエステル 100% 【裏地】 キュプラ100% です。

 

また、ベルベットのワンピースはどの素材とも相性が良いので合わせるもので表情が変わります。

 

 

ベロアアイテムを使った具体的なコーディネート

それではどのように合わせればよいか、具体的なシーンで見ていきましょう。

 

卒業式のコーディネート

卒業式は、「黒」「グレー」「紺」の方が大半です。また素材・柄は「無地」の方が多く次いで「ツイード」となっています。なお年齢が高くなると、レースなど素材のバリエーションが増える傾向にあります。

 

【ベロアボレロを合わせた場合】

 

ボレロは、ジャケットと比べると若干着丈が短いです。そのため、ワンピースと合わせてバランスの良い着こなしをしましょう。

 

 

下画像は、DUAL VIEW(デュアルビュー)のワンピースです。縦にフリンジが施してあるオシャレなデザインです。

 

ネックラインとアームホールにベルベットのトリミングが施されていますので、上画像のベロア素材ボレロと合わせると統一感がでます。

 

表地 ポリエステル87% 綿13% 裏地 キュプラ100%  着丈 92.5センチ

 

 

一連のパールでもよいですが、胸元が華やかになるため下画像のネックレスもお勧めです。

 

 

「今どき卒業式にコサージュをつける人いるの?」という方が見えます。けれども、フォーマル売り場では年間通して2〜3月が一番コサージュの売れる時期です。(卒・入のシーズンのため)

 

 

卒業式は黒のバッグを持つ方が多いです。けれどもお葬式のバッグに見えない工夫が必要です。下画像のバッグはサテン地とサイドのフリルが華やかで、卒業式にピッタリです。

 

【ベロアジャケットを合わせた場合】

 

下画像は、TOCCA(トッカ)ジャケットとワンピースのセットアップです。上の画像で紹介したジャケットとワンピースを組み合わせて着用します。

 

 

 

ベルベット(ベロア)同士のコーディネートは卒業式に相応しい装いですが、黒の色が濃いので全体に重く感じることがあります。その場合は、下画像のシフォンワンピースを合わせると全体に柔らかい雰囲気になります。

 

下画像のワンピース 【表地】 ポリエステル100% 見返し布(サテン) ポリエステル100% 【裏地】 キュプラ100% 着丈92.5センチです(こちらはレンタル商品です)

 

 

下画像は、ふんわりしたシルエットがフェミニンな「タフタ素材のワンピース」です。タフタは光沢とハリのある素材で、ベロア地と合わせると高級感のある上品な装いになります。(卒業式は黒のワンピースを合わせます)

 

素材 【表地】 ポリエステル100% 【裏地】 ポリエステル100% ドレス丈98センチです

 

 

パールのネックレスは、必需品です。一連のシンプルなタイプでもよいですが、二連のネックレスで華やかに装います。

 

 

セレモニー用は、少し小ぶりタイプ付けます。

 

 

下画像は、「お受験」や「入卒シーン」のフォーマルバッグで定評がある「濱野皮革工藝」のバッグです。

 

 

黒のシンプルなシューズで合わせます。

 

 

【ベロアスカート・パンツを合わせた場合】

 

スカートやパンツなどボトムにベロア素材を用いる場合は、単品でコーディネートします。

 

手持ちのブラウスやジャケットがある場合は、その手持ちアイテムを生かして上手にコーディネートしましょう。

 

 

 

インナーとボトムの色を合わせたり、ジャケットとボトムの色を合わせたりして着用します。けれどもボトムが黒ベロアの場合は、画像のようにブラウスと色をつなげた方がバランス良くスッキリと着こなせます。

 

 

最近は、ブローチ感覚で付けられるコサージュが人気です。

 

 

 

【ベロアワンピースを合わせた場合】

 

ベロア素材のワンピースは、ツイード素材のジャケットを合わせると卒業式にピッタリの装いになります。

 

下画像は、anySiS(エニィスィス)のジャケットです。

 

素材 【表地】ポリエステル 43% レーヨン 22% アクリル 20% 毛 13% ナイロン 1% 再生繊維(セルロース) 1% 【身返し】 ポリエステル 65% レーヨン 30% ,ポリウレタン 5% 【裏地】 ポリエステル 着丈46.6センチと短めですので、ワンピースと合わせてバランスよく着こなせます。

 

 

 

 

上画像ジャケットに付けたコサージュの位置は、少し低いです。コサージュを付ける位置は、鎖骨くらいの高い位置に付けます。(コサージュの軸が肩から少し見えるくらいの位置です)

 

なぜならコサージュを高い位置につけることにより、より華やかに見えるからです。一度鏡の前で試してみてください。なお、ブローチなら画像の位置でOKです。

 

 

黒のバッグは、慶弔両用タイプです。法事などの弔事からセレモニー・学校行事まで幅広く使えます。なお、シューズは黒を合わせます。

 

 

食事会・同窓会のコーディネート

それぞれアイテム別に見ていきましょう。

 

【ベロアボレロを合わせた場合】

 

 

下画像は、「銀座マギー」のドレスです。着丈91.5センチ 素材 表地 ポリエステル99% ポリウレタン1% 裏地 ポリエステル100% 

 

プリントのドレスは無地よりカジュアルになりますのでベロアボレロと合わせて食事会や同窓会にお勧めです。(ボレロの鍵ホックは外してドレスの前を見せた方がスッキリします)

 

 

バッグの合わせ方も重要です。小ぶりのムートンのバッグを合わせれば、カジュアルな食事会や同窓会に相応しい装いになります。

 

またフォーマルバッグを合わせれば、高級なホテルでの食事会や同窓会に相応しい装いになります。(左画像はレンタル商品です)

 

靴をパンプスではなく下画像のようなブーツにすれば、カジュアル度は増します。

 

高級ホテルでの「同窓会」や「食事会」なら、下画像左のようなパンプスをお勧めします。(こちらはレンタル商品です)

 

このようにバッグやシューズを変えるだけで、カジュアルにもフォーマルにもなります。

 

【ベロアジャケットを合わせた場合】

 

下画像のように、ブラウンのベルベットは黒のベルベットよりカジュアルな印象になります。また、幾何学模様に見える刺繍ドレスを合わせていますのでさらにカジュアル度が増します。

 

このように色や柄でカジュアルな印象になったりフォーマルな印象になったりします。

 

 

上画像ブラウンベルベットジャケットのインに着ているのが、下画像のドレスです。このようなややカジュアルなドレスと合わせると、全体の雰囲気がカジュアルになります。
食事会や同窓会なら、画像のコーディネートでもOKです。

 

 

上画像の色違いです。色のイメージで、下画像のフォーマル度が高いです。

 

 

 

ワンピースが上画像のように「カジュアル寄り」の場合は、バッグをあえてパーティーでも持てるバッグにして「カジュアル」と「フォーマル」のバランスをとります。

 

下画像のバッグは、食事会やパーティー・結婚式など幅広いシーンに利用できるお勧めバッグです。(こちらはレンタル商品です)

 

【ベロアスカート・パンツを合わせた場合】

 

スカートやパンツなど単品でコーディネートする場合は、プリントのブラウスやニットを合わせてオシャレに装いましょう。

 

 

プリントのブラウスを合わせて、ファッショナブルに装います。ブラウスはグレースコンチネンタルです。

 

 

 

フォーマル度の高いアクセサリーは、装いを格上げしてくれます。

 

 

フォーマル度の高いバッグやシューズを合わせて、ドレッシーに装いましょう。

 

【ベロアワンピースを合わせた場合】

 

ベロア(ベルベット)のワンピースも、ニットのボレロを合わせればカジュアルになり同窓会や食事会に相応しい装いになります。

 

 

 

下画像は、アンテプリマのバッグです(こちらはレンタル商品です) シューズは黒で合わせます。

 

 

結婚式のコーディネート

手持ちのベロアの洋服を他のベロア地と合わせる場合、扱っているメーカーによって素材が異なるので合わせないほうが無難です。その場合はベロア地以外の素材と合わせましょう。

 

上記で同窓会や食事会のコーディネートを紹介しました。では同じアイテムを、結婚式などフォーマルなシーンで着用するにはどのようにすればよいのでしょうか。

 

【ベロアボレロを合わせた場合】

 

 

下画像のような刺繍&レースの華やかな花柄のドレスならフォーマル度がアップしますので結婚式に相応しい装いになります。(こちらはグレースコンチネンタルのレンタルドレスです)

 

けれどもドレス丈92センチですと若干短いですし、柄がはっきりしますので「ゲストの立場」か、親族なら「カジュアルな結婚式」がお勧めです

 

 

コサージュには「あなたをお祝いします」という意味があります。ネックレスと共につけてもOKです。

 

キラキラしたコサージュは顔がキレイに見えますので、ぜひ付けてください。

 

 

シューズは黒とゴールド系のどちらでもよいですが、黒の方がバランスよくまとまります。なお、バッグはレンタル商品です。

 

 

【ベロアジャケットを合わせた場合】

 

ジャケットとボレロを比べた場合、ジャケットの方がよりキチンと感がでます。したがって、ボレロは「略礼装」ジャケットは「準礼装」となります。

 

 

下画像は、グレースコンチネンタルのドレスです。着丈104センチで、レース素材の華やかなドレスです。襟は取り外しができます。取った方がスッキリ見えます。

 

単色使いですので、上画像のベロアジャケットと合わせて親族の結婚式に着用できます。(こちらはレンタル商品です)

 

 

コサージュはドレスの色に合わせて、ネイビーのコサージュを付けます。

 

 

ビーズのバッグは、光を反射しますのでどの色のドレスとも相性が良いです。(こちらのバッグはレンタルです)

 

【ベロアスカートを合わせた場合】

 

衿元から前端、袖口にあしらったフリルがフェミニンなジャケットです。(こちらはレンタル商品です)

 

 

 

ベージュ系のコサージュはどの洋服とも相性がよく、合わせやすいです。

 

 

ジャケットの色と合わせたバッグは、統一感がでるのでスッキリとまとまります。

 

 

【ベロアパンツを合わせた場合】

 

下画像は、大柄のフラワーモチーフが個性的なウンガロソワのジャケットです。ベロアパンツと合わせてスタイリッシュに装います。

 

けれども、このような装いはカジュアルな結婚式で着用しましょう。(こちらはレンタル商品です)

 

 

 

バッグはレンタル商品です。靴は黒を合わせます。

 

【ベロアワンピースを合わせた場合】

 

下画像は、サテン地のボレロです。ボレロのコーディネートは、ジャケットのコーディネートよりカジュアルになります。したがって親族の結婚式に着る場合は、カジュアルな結婚式の方がよいです。(こちらはレンタル商品です)

 

 

下画像は、ウンガロソワのジャケットです。親族の結婚式ならこちらのジャケットのように、フォーマル度の高い装いがお勧めです。(こちらはレンタル商品です)

 

 

 

ベージュのボレロにはゴールド系、グリーンのジャケットにはシルバー系のコサージュを合わせます。

 

このようにジャケットの色に合わせてコサージュを選ぶと、バランスの良いコーディネートになります。

 

 

バッグとシューズを黒にすると、統一感がでます。

 

 

パーティーのコーディネート

パーティーの装いにベロアを選ぶ場合は、重く見えないようにレースを合わせて華やかに装いましょう。

 

【ベロアボレロを合わせた場合】

 

 

 

パールとビジューを組み合わせた華やかなネックレスです。

 

 

ビーズやパール使いの華やかなバッグで装います。

 

 

【ベロアパンツを合わせた場合】

 

 

 

人工パール&スワロフスキーを組み合わせたネックレスとイヤリングは、パーティーらしい装いになります。

 

 

 

【ベロアワンピースを合わせた場合】

 

ストールは二の腕をカバーするだけではなく、華やかさが欲しいときにお勧めです。

 

(注)ミセスのストールは、パーティー限定のコーディネートです。結婚式は、ストールよりキチンと感がでる袖のある羽織物にしましょう。

 

 

ストールの代わりにボレロでもOKです。

 

 

 

シンプルなドレスには、キラキラしたビジューネックレスが映えます。

 

 

小ぶりのパーティーバッグを持つだけで、華やかな装いになります。

 

 

卒業式に着るベロアはさまざまなシーンに活用できるお勧め素材

このページでは、ベロア素材を使ったコーディネートを紹介しております。近年ベロア素材は進化をして、さまざまなアイテムで使われるようになりました。

 

また伸縮性があって着心地がよいばかりでなく光沢があり華やかで、カジュアルからフォーマルまで幅広いシーンで着用できる冬に欠かせない素材です。

 

(注)冬限定の素材ではありますが、3月の卒業式は着用可能です。(仮にその日が暖かい日であっても、無理に着る必要はありませんがOKとされています)

 

時代が変わってもずっと愛され続けるベルベット。そして時代によって進化したベロア。その良さをスタイリングに活かして、ベロアの洋服を着こなしましょう。

 

なお、冬限定の素材であるため在庫がなくなる可能性があります。ベロア素材の洋服を卒業式に着る場合は、早い目に準備しましょう。

 

大人女性が自分に適したフォーマルウェアを見つけるには、「フォーマルドレス・ワンピ通販サイト」や「レンタルドレス・ワンピ通販サイト」がお勧めです。

 

カジュアルな服装が主流な近年、「フォーマルウェアにお金をかけたくない」という方が増えてきたからです。

 

けれども、フォーマルウェアは、相手の気持ちや周りの人々のことを常に配慮して装うことを求められる洋服です。そのことを理解したうえで、自分に適したフォーマルウェアを探すことが大切です。

 

そこでこのサイトでは、価格以上の価値があるフォーマルウェアを厳選して紹介しています。ぜひあなたらしいフォーマルウェアを見つけてください。

 

 

 

ページの先頭へ戻る