フォーマルウェアのルールとマナー

カラーフォーマルウェアのルールとマナー

カラーフォーマルウェアのルールとマナー

カラーフォーマルウェアのルールとマナー記事一覧

フォーマルウェアを装う意味は「相手への思いやり」にあるフォーマルのルールやマナーを学ぶ前に、「装う」という意味を少し考えてみたいと思います。あなたは「衣食住」と言う言葉を聞いたことがあると思いますが、明確な意味をご存知でしょうか。意味を調べると、「着ることと食べることと住むこと。衣服と食物と住居。生活の基本的な要件(出典・三省堂)」とあります。でも、なぜ「衣・食・住」という順番なのでしょう。食べな...

正式と略式を考慮し、単品コーディネートでフォーマルウェアを装う「普段にも着れるフォーマルウェアが欲しい」とか「結婚式だけではなく、卒業式や入学式にも着れるフォールウェアが欲しい」と、お客さまの要望はさまざまです。そのため、そう言うお客さまの声を反映したフォーマルウェアは年々多くなる傾向にあります。百貨店のカラーフォーマル売り場を見ると「スーツ」や「アンサンブル」ではなくて、単品のコーディネート商品...

フォーマルウェアはゆったりが美しいフォーマルウェアは美しく装うことが基本です。美しければ、多少ルールに沿わない装いでも許される場合が多いです。では、美しい装いとはどういうものを言うのでしょうか。着席スタイル合わせて装うフォーマルウェア日本の披露宴の多くが着席スタイルであることでもわかるように、フォーマルウェアは座った時の着こなしがとても大切になります。そのためフォーマルウェアは、ウエストからヒップ...

フォーマルウェア選びは、売り場の雰囲気への慣れから始まる普段買いなれないフォーマルウェアを選ぶときは、ちょっとした「コツ」があります。そのことを知っていると失敗することが少なくなるのでおすすめです。多くの人は百貨店のフォーマル売り場を利用すると思いますが、まずはフォーマル売り場の雰囲気に慣れてください。「何となく高級そう」「普段にフォーマルウェアを着れない」などのお客さまの声はとても多いです。でも...

フォーマルウェアがあなたのきれいを引き立て、場を華やかにするフォーマル売り場の雰囲気に慣れると、「自分にあうフォーマルウェア」がどのようなものか気になると思います。そこで、「百貨店のフォーマル売り場」を例に、あなたにお勧めのもっともスタンダードなスタイリングを見ていきましょう。まずベースになるアイテムとして、ワンピースかスカートを選びます。この「ベースアイテム」を元にしてジャケットを組み合わせます...

フォーマルウェアのマナーとルールを知る「マナー」や「ルール」を知ることはなぜ大切なのでしょか。これは社会全体を見ればよくわかります。マナーやルールを無視すれば、人と人とがお互いに心地よく暮らしていくのは難しいです。これは、フォーマルシーンでも同じことが考えられます。基本となる考え方は、「相手に不愉快な思いをさせない」という心遣いなのです。では、フォーマルウェアで装うときのマナーやルールは、なにを基...

ベストなバランスでフォーマルウエアの似合う丈を決めるあなたがフォーマルウェアを着る際、「ルールが優先ではないのか」と思っていないでしょうか。例えば、着丈が長ければ長いほど正式になるというルールがあります。しかし一般的な結婚式をはじめ、私たちがフォーマルで装うとき、それほど難しくルールを考える必要はないです。そうは言っても、私がフォーマルウェアの相談にのる際に「結婚式で新婦(新郎)の親の立場で着る」...

フォーマルウェアでは、「自分らしく装う気持ち」を大切にすべきフォーマルウェアで装うとき、「ひざが出る丈のスカートは良くない」ということは比較的よく知られるルールです。それだけにスカートの長さを気にするお客さまは多いです。「自分の好みの丈で装えたら、もっとフォーマルウェア選びが楽しくなる」と誰しも思うことです。たとえば、ひざ丈のスカートですと、若々しい雰囲気になります。また、ひざ下丈(ミディ丈)のス...

色の制約を気にしないで自由にフォーマルウェアを装うフォーマルウェアで装うときは、ベースのワンピース(スカート)を黒にする装い方とジャケットと同じ色(似た色)にする装い方があります。黒のワンピース(スカート)に、ベージュやグレーなど色物のジャケットを組み合わせる方法は、フォーマル売り場特有で、違和感を持つ人がいます。そういう私も、百貨店のフォーマル売り場で初めて仕事をしたとき、デザインの違う黒のスカ...

トップへ戻る