部下の結婚式ドレスはこう着る!40代上司の立場が保てる3つのスタイル

 

部下,結婚式,上司の立場,服装

近年、仕事関係で結婚式に参列する方が増えています。それはご両親ではなく、新郎・新婦が主体になって結婚式のスタイルを決めることが多くなってきたからだといえます。

 

しかし40代女性が仕事関係の結婚式にお呼ばれしたときは、親族の結婚式とは異なり着るものに気を使います。

 

若い方と同じようなスタイルでは「年齢を考えない若作りの人」と思われそうですし、地味なスタイルでは「ファッションセンスのない人」と思われる可能性もあります。

 

なかでも部下の結婚式に参列するとなると女性の服装は選択肢が多いため、「自分の立場や役職に相応しい服装がどのようなものか分からない」という方は多いです。

 

そこで「立場」や「役職」に相応しく自分らしく装うための装いを、「コンサバティブ(保守的)スタイル」「フェミニン(女性らしい)スタイル」「スタイリッシュ(今ふう・かっこいい)スタイル」と分けて紹介いたします。

 

それぞれのスタイルにあったドレスを画像でお伝えしますので、ご自身にあったドレスを見つけてください。

 

部下の結婚式には、上司の立場を保つ服装が大切!

友人の結婚式とは違い、仕事の延長線上にある「部下の結婚式」はきちんと見えて信頼される装いが必要です。

 

とはいうものの結婚式というフォーマルの場なら、華やかさと上品さを取り入れたオシャレなドレスで部下をお祝いしたいものです。

 

けれどもせっかくオシャレをして結婚式に臨んでも、自分の雰囲気に合っていないドレスではちぐはぐな印象になりかねません。ではどのように、自分の立場が保ててきちんと見えるドレスを選べばよいのでしょうか。

 

コンサバティブスタイルが似合う方にお勧めな装い

コンサバファッションとは、「保守的な」ファッション傾向を表す言葉として使われています。

 

ビジネスシーンにおいても、コンサバティブは流行に左右されない落ち着いたファッションを指すことが多く、「万人ウケ」する上品なファッションとして定評があります。

 

コンサバファッションが似合う女性は、仕事のできる上司として信頼されます。しかし結婚式の装いで堅苦しくベーシックなファッションは、場にそぐわないファッションになる可能性がありマイナスです。そこで、少しファッション性を取り入れオシャレに装います。

 

下画像は、プリーツが上品な「ガール」のドレスです。(ドレス丈Mサイズで112センチです)伸縮性のあるベルトがセットになっており、ベルトをするとシャープでスタイリッシュな雰囲気に、またベルトを外すとモードでファッショナブルな雰囲気になります。

 

 

下画像は、しわになりにくくスッキリとお召しいただける「ガール」のボレロ風ジャケットです。上画像のドレスと合わせて、上品に装います。

 

なおドレスにストールや丈の短いボレロを合わせるスタイルは、20代の独身女性ならよいですが部下の結婚式の装いには不向きです。40代女性は、ひじが見えない袖丈が基本です。

 

 

下画像は、胸元から袖にかけてレースの透け感が上品な「プールヴー」のドレスです。こちらのドレスもお勧めです。ドレス丈Mサイズで97センチです。 

 

 

上画像のドレスは、袖があるためカジュアルな結婚式なら一枚でも着用できます。しかしジャケットを羽織ることにより、きちんとした雰囲気が保てます。

 

 

 

下画像は、パールとビジューが華やかな「プールヴー」のバッグとレースと流線形の飾りが美しい「プールヴー」のシューズです。

 

バッグとシューズの色を揃えても黒のシューズを合わせてもOKです。黒のシューズを合わせると引き締まって見えます。

 

 

いつもコンサバファッションに傾きがちな方は、ドレスのデザインにプリーツを入れたりレースを入れたりしてファッション性を摂り入れるとうまく装うことができます。

 

また、ドレスに合わせたフォーマル小物もシンプルなタイプではなくデザインのあるタイプを選ぶとバランスが良くなります。

 

フェミニンスタイルが似合う方にお勧めな装い

フェミニンとは、「女性らしい」という意味があり「フェミニンファッション」は、ふんわりとした柔らかいイメージのファッションを指します。

 

とくに小柄な日本人の多くが好むファッションで、40代の女性にも人気があります。しかしフェミニンファッションは可愛らしい雰囲気になることが多く、職場の上司が着る場合は注意が必要です。

 

そこで、ドレス丈を長くしたり色をダークにしたりして辛口の要素を取り入れるとうまく装えます。

 

下画像は、オパール加工の花柄が上品な「ルイルエブティック」のドレスです。ネイビーとブラックの2色展開で、ネイビーでも良いですがフェミニンな要素のあるドレスですので、上司の立場の方にはブラックをお勧めします。ドレス丈9号で102センチです。

 

 

下画像は、バックのぺプラムリボンがフェミニンなボレロ風ジャケットです。ベージュ・ピンク・ブラック・ネイビーの4色展開ですが、上のドレスと合わせて黒×黒のコーディネートをお勧めします。

 

 

黒×黒のコーディネートは暗くなるため、コサージュを添えて華やかさをだします。色はパープルでもよいですが、合わせやすいベージュがおススメです。

 

 

下画像は、サテンプリーツが上品な「ルイルエブティック」のパーティーバッグと華やかなラメと上品なレースを組み合わせた「ルイルエブティック」のパンプスです。

 

ルイルエブティックのシューズは、神戸のシューズメーカー(神戸はシューズメーカーさんが多い地として有名です)とコラボしており履きやすいと評判です。

 

※バッグをベージュにするとコサージュのベージュとつながりバランスが良くなります。なお、靴はベージュでも黒でもOKです。(注)シューズの画像で紹介されているバッグは、現在販売しておりません

 

 

下画像は、ハシゴレースがオシャレな「プールヴー」の総レースドレスです。レースやコクーンシルエットなどフェミニンな要素の多いドレスではありますが、ドレス丈が長いため(9号で110センチ)大人の雰囲気でお召しいただけます。

 

なお、ピンク・グリーン・ネイビーの3色展開ですが、グリーンかネイビーをお勧めします。

 

 

下画像は、シンプルなプールヴー」のノーカラーボレロです。色はグレージュとブラックの2色展開ですがどちらの色でもOKです。

 

 

上画像のドレスはネックに特徴があるため、ネックレスをするとドレスの雰囲気に合わない可能性があります。代わりに、コサージュとイヤリングをお勧めします。

 

下画像は、クリスタルビーズが上品な「エメ」のイヤリングとグラデーションがキレイな「エメ」のコサージュです。コサージュはドレスの色に合わせても良いですが、どのドレスにも合わせやすいベージュをお勧めします。

 

 

小物は、シンプルで大人っぽい雰囲気にするとバランスが保てます。下画像は、シンプルな「エメ」のバッグとつま先とヒールのラメが上品な「エメ」のシューズです。

 

バッグの色をベージュにすると、コサージュの色とつながりすっきりとまとまります。なおその場合は、シューズの色を黒にしたほうが全体が引き締まって見えるのでお勧めです。

 

 

このようにデザインがフェミニン(女性らしいスタイル)でも、ドレスの着丈を長くしたりや色をダークにしたりすれば、少し辛口なフェミニンスタイルになり部下の結婚式に相応しい装いになります。

 

スタイリッシュスタイルが似合う方にお勧めな装い

スタイリッシュとは、「今風の」という意味や「カッコいい」「洗練された」という意味があります。ありきたりのファッションでは物足りない、「オシャレでカッコいいファッション」を好む方はこのタイプのファッションがよく似合います。

 

しかし、スタイリッシュなファッションはカッコよくて目立ちます。また最近はカジュアル傾向にあり、今風のファッションで装うと若干カジュアルになります。

 

したがって職場の上司が部下の結婚式にお呼ばれするときは、そのスタイルにキチンと感をプラスするとうまく装えます。

 

下画像は、「GIRL」の今季人気総レース袖ありドレスです。このスタイルは今風でカッコよくおしゃれですが、部下の結婚式にお召しになるには若干カジュアルです。その場合は、デザインの良さは半減しますがその上からジャケットを羽織った方が良いです。

 

 

下画像は、ガールのジャケット風ボレロです。上のドレスと合わせるなら黒でもベージュでもOKですが、ベージュの方が顔が明るくなりおススメです。

 

 

 

大人女性が自分に適したフォーマルウェアを見つけるには、「フォーマルドレス・ワンピ通販サイト」や「レンタルドレス・ワンピ通販サイト」がお勧めです。

 

カジュアルな服装が主流な近年、「フォーマルウェアにお金をかけたくない」という方が増えてきたからです。

 

けれども、フォーマルウェアは、相手の気持ちや周りの人々のことを常に配慮して装うことを求められる洋服です。そのことを理解したうえで、自分に適したフォーマルウェアを探すことが大切です。

 

そこでこのサイトでは、価格以上の価値があるフォーマルウェアを厳選して紹介しています。ぜひあなたらしいフォーマルウェアを見つけてください。

 

 

 

ページの先頭へ戻る