セミナー女性講師は何を着ればよい?着こなしで信頼を得るポイントとは

 

女性セミナー講師,信頼,着こなし

ファッションや美容のセミナーをはじめ、多くの職種で女性の講師を見かけます。それに伴い女性の受講生も目につくようになり、セミナー人気に拍車をかけています。

 

女性の受講生は、セミナーの内容はさることながら講師のファッションチェックにも余念がありません。人は見た目で判断をしやすく、服装をないがしろにするのは講師の立場から見てもマイナスです。

 

講師は、セミナーを成功させるため服装に気をつけることが大切です。では受講生の信頼を得るためには、どのような装いが「セミナー講師の服装」として相応しいのでしょうか。

 

職種別にデザインを替えるのが正解!セミナー講師の服装をチェック

最近は「イメージ戦略」が一般的になり、「内容さえ良ければ服装なんてなんでもよい」とはいえなくなりました。

 

しかしセミナー講師として受講生の前に立つ際、「何を着れば効果的かわからない」という方は少なくありません。とくに職種によって、講師の服装は異なります。

 

そこで、「職種別」にセミナー講師の着こなし方を画像で見ていきましょう。

 

ファッション・美容系のセミナー講師

ファッションや美容またヨガなどスポーツを教えるセミナー講師は、直接自分の服装と仕事内容が直結するため服装で自分自身をアピール(ブランディング)すると効果的です。

 

下画像は、「銀座マギー」のジャガードワンピースです。立体感のあるジャガード織りで高級感があり、カジュアルになりすぎることなく上品にお召しいただけます。着丈Mサイズ97センチです。

 

 

下画像は、ブルックブラザーズのシフトドレスです。ネクタイをイメージしたストライプ柄がシャープで、スッキリとカッコよくお召しいただけます。ワンピース丈90.5センチです(こちらはレンタル商品です)。

 

 

下画像は、エミリアのラップワンピースです。個性的な柄とデザインで誰でも似合うワンピースではないですが、似合う方なら個性が光ります。ワンピース丈100.0センチです(こちらはレンタル商品です)。

 

 

受講生は、「講師の服装」と「セミナーの内容」を重ねてイメージすると記憶に残りやすくなります。そこで上画像のように個性的な柄ものドレスを着用したり、同じデザインのドレス(ラップドレスなど)を着用したりします。

 

服装で自分自身をアピールする場合は、中途半端な装いより少し大胆に装う方が効果は高いです。なお、小花柄など一般的な柄は普段着のように見えるのでお勧めできません。

 

なお企業を相手にセミナーをおこなう場合は、少し控えめにしたほうが無難です。個性的な柄のドレスであれば、その上にジャケットを羽織ると落ち着いた雰囲気になります。

 

コミュニケーション・マナー系のセミナー講師

コミュニケーションやマナーを教えるセミナー講師は、立ち振る舞いが美しい「エレガントな雰囲気を持ち合わせている方」というイメージがあります。

 

そのため、どちらかといえばフォーマル寄りのデザインがお勧めです。たとえば、ノーカラー(襟なし)ジャケットとドレスというような装いです。

 

下画像は、「東京ソワール」のジャケット+ワンピースのセットアップスーツです。米沢織ジャガードのジャケットが落ち着いた中にも華やかさがあって、コミュニケーション・マナー系のセミナー講師の装いにピッタリです。

 

 

下画像は、「東京ソワール ドルチェ」のノーカラージャケットです。光沢のあるシャンタン素材が美しい、シンプルなジャケットです。

 

 

下画像は、上画像のジャケットとコーディネートしていただける「東京ソワール ドルチェ」のワンピースです。胸下の切り替え部分にリバーレースをあしらった上品なワンピースです。

 

 

ノーカラージャケットとドレスの装いは、柔らかい印象与えるので優しく上品なイメージになります。

 

下画像は、リフレクトのツイード素材ジャケットです。ツイード素材は無地と相性が良く、上画像のワンピースとコーディネートしてお召しいただいてもオシャレです。

 

また、フェミニンな雰囲気になるため受講生に安心感をもたらします。

 

 

下画像は「東京ソワール」のセットアップスーツ(ジャケット+ワンピース)です。下画像のようなフリル襟ジャケットも、フェミニンでエレガントな雰囲気をつくることができます。

 

 

参考までに過去に私が受けた百貨店主催のセミナーで、印象に残ったものを紹介します。そのときの講師は、ワイン色のフリル襟のジャケットを着ていました。

 

色とデザインが講師の雰囲気にピッタリだったことに加え、フォーマルとして使えそうなデザインは、エレガントでドレッシー(あらたまった装い)でした。セミナーの内容はもちろんですが、そのときの服装は今でもとても印象に残っています。

 

このように、装うもので人に与えるイメージは異なります。そのため、セミナー講師として話す際は、それ相応の装いをしましょう。このとき「どう見られたいか」を考えて服装を選ぶことは、大切なポイントです。

 

営業・マネー系のセミナー講師

営業や株・FXなどのマネー系のセミナー講師は、「仕事ができてテキパキした雰囲気の女性」というイメージがあります。そこでこのような方には、下画像のようなテーラードスーツがお勧めです。

 

下画像は、「ICB」のテーラードジャケットです。1つボタンが上品なテーラードジャケットで、ストレッチが効いているため細身なシルエットですが美しいラインがでます。

 

 

下画像は、「ICB」のタイトスカートです。上画像のテーラードジャケットと、セットアップしてお召しいただけます。

 

 

下画像は、「23区」のテーラードジャケットです。上質な梳毛素材を用いた23区の人気ジャケットです。

 

 

下画像は、「23区」のストレートパンツです。上画像のジャケットとセットアップでお召しいただけます。

 

 

テーラードスーツは「プロフェッショナルで仕事ができる女性」という雰囲気がでるため、相手に信頼感を与えます。素材は、ウールかウール混合素材を選ぶとシワになりにくいです。

 

色の持つイメージを理解して効果的に自分を演出する!

色にはさまざまなイメージがあるため、うまく取り入れると効果的に自分を演出することができます。

 

一般的には、「紺色」「グレー」「ベージュ」がビジネスに適した色とされています。

 

しかし、「ファッション・美容系」のセミナー講師の方はもう少し自由に選んでいただいても良いですし、「コミュニケーション・マナー系」のセミナー講師の方は「ピンク色」や「オフホワイト」など明るい色もお勧めです。

 

紺色のイメージ

 

紺色はビジネススーツの定番色で、「冷静・知的・まじめ」というメージがあります。そのため、知的な印象を相手に与えることができます。

 

紺色は他の色とも相性が良く、インナーにベージュ色を用いると柔らかい印象になり親しみやすさが増します。インナーに明るいブルーを用いると、スッキリとさわやかな印象になります。

 

また企業主催のセミナーの場合は、華やかな色のワンピースの上に紺色のジャケットを羽織るときちんとした印象になります。

 

ベージュ色のイメージ

 

ベージュ色は「上品・落ち着き・安心感」という色のイメージがあります。

 

しかし、ベージュ色は「顔映りの良い方」と「悪い方」に分かれますので注意しましょう。顔映りの悪い方がお召しになると、顔がくすんで見え地味に見えてしまいます。

 

どうしても柔らかい雰囲気をだすため「ベージュ色が着たい」という場合は、グレーが混じったようなベージュ色(グレージュ)を合わせると似合うようになります。

 

またスーツとして着用せず、「ネイビー」「ブラウン」「グレー」系のワンピースとコーディネートして頂くのもお勧めです。

 

グレーのイメージ

 

グレーは「シック、落ち着き、控えめ、謙虚」」というイメージがあります。

 

グレーもベージュ色と同様に、「顔映りの良い方」と「悪い方」に分かれます。とはいえグレーは、紺色に次いでビジネスで揃えるべき基本のカラーです。とくにスーツでお召しいただくと映える色で、仕事ができるプロフェッショナルな女性にみえます。

 

どうしてもグレーが苦手な方は、淡いピンクのインナーを合わせたりクリーム色のインナーを合わせたりすると似合います。また、無地ではなくピンストライプにすると無理なくお召しいただけます。

 

セミナー女性講師は「効果的な装い」で受講生の信頼が得られる!

講師は、セミナーを成功させるため服装に気をつけることが大切です。人は見た目で判断をしやすく、服装をないがしろにするのは講師の立場から見てもマイナスだからです。

 

そこで受講生の信頼を得るために、職種別にデザインを替えたり色のイメージを考慮したりして洋服を選ぶと効果的です。

 

セミナー講師は、このページでお伝えしたことを考慮して講師として相応しい洋服を選ぶようにしましょう。

 

大人女性が自分に適したフォーマルウェアを見つけるには、「フォーマルドレス・ワンピ通販サイト」や「レンタルドレス・ワンピ通販サイト」がお勧めです。

 

カジュアルな服装が主流な近年、「フォーマルウェアにお金をかけたくない」という方が増えてきたからです。

 

けれども、フォーマルウェアは、相手の気持ちや周りの人々のことを常に配慮して装うことを求められる洋服です。そのことを理解したうえで、自分に適したフォーマルウェアを探すことが大切です。

 

そこでこのサイトでは、価格以上の価値があるフォーマルウェアを厳選して紹介しています。ぜひあなたらしいフォーマルウェアを見つけてください。

 

 

 

ページの先頭へ戻る