卒園式にふさわしい先生の服装とは?好感度をあげる着こなし方

卒園式、先生の服装、好感度アップ、装い方

フォーマル売り場では、12月頃から徐々に卒園式や卒業式の洋服を探す先生方が増え始めます。

 

最近は、フォーマル売り場だけではなくどこの婦人服売り場でも「セレモニー用のスーツ」が並んでいます。

 

選択肢が増えれば増えるほど、「どこで」「どのような洋服」を選べばよいかで悩む方も多いかと思います。

 

そこでこのページでは、卒園式に臨む「園長先生」「卒園児担任の先生」「担任以外の先生」方が安心して着られる服装を、画像を交えて紹介します。

 

しかし、そもそもなぜ卒園式や卒業式にフォーマルウェアを着用するのでしょうか。

 

まずは、「卒園式」という人生の節目に着目し「冠婚葬祭」における着こなしのマナーとルールを見ていきましょう。

 

「冠婚葬祭」における着こなしのマナーとルール

私たちは人生の節目において、さまざまな人と関わりながら暮らしています。

 

また日本人は古くから「非日常」「特別な日」と「日常」に分けて考え、「ハレの日」には相応しい装いをしました。

 

たとえば今回解説する卒園式を例にとれば、「子供の成長のお祝いする節目の日」を「特別な日」とし、「セレモニースーツ」でお祝いをすることに繋がります。このようにその気持ちを装いで表現するのが「フォーマルウェア」です。

 

冠婚葬祭って何?

【冠は人生のお祝い事】

 

「冠」はもともと元服(成人)のことをいい、十五歳前後で行われる男子の成人の式の際、貴族は冠を武家は烏帽子(えぼし)を被ることに由来しています。現在では、誕生から成人までのさまざまな成長行事を「冠」としています。

 

・着帯祝 ・お七夜 ・お宮参り ・お食い初め ・初節句 ・初誕生日 ・七五三 ・入園式 ・入学式 ・卒園式 ・卒業式 がそれにあたります。

 

【婚は結婚】

 

・お見合い ・婚約 ・結納 ・結婚式 ・披露宴 ・二次会 がそれにあたります。

 

【葬は葬式】

 

仏式では ・通夜 ・葬儀 ・告別式 ・初七日 ・四十九日 ・1回忌 ・3回忌 ・7回忌 ・33回忌 ・100回忌 がそれにあたります。

 

【祭は年中のしきたり】

 

「祭」は先祖の祭祀(さいし/まつり)です。先祖に感謝をしてお祈りをし、供物やそのほかのものを捧げたことに由来しています。

 

・正月 ・節分 ・節句 ・彼岸 ・七夕 ・中元 ・お盆 ・歳暮 ・大晦日 がそれにあたります。

 

「卒園式」における着こなしのマナーとルール

上記で解説したように、「卒園式」はご両親からお預かりしたお子さまが初めてセレモニーを体験する大切な場面です。

 

お子さまの成長を、「愛しむ気持ち」「歓びの気持ち」を装いにあらわすことが大切です。

 

それでは「卒園式」は、どのようなことに注意をして装えばよいのでしょうか。

 

あくまで子どもが主役の卒園式、派手な装いは避けましょう。なおフォーマルの礼装区分に照らし合わせると園長先生は昼の「正礼装」、卒園児担任の先生は昼の「正礼装」または「準礼装」、担任以外の先生は「準礼装」となります。

 

卒園式にふさわしい先生の服装

下記の服装は、卒園式にふさわしい「一般的」な先生の服装です。

 

卒園式先生の服装は、「幼稚園」や「保育園」で決まっているところも多いです。初めての卒園式なら、園長先生か周囲の先生に必ず確認をしましょう。

 

園長先生の服装

園長先生は、男性のモーニングコートと同格の服装で装います。

 

下画像は、ラメジャガード素材を使用した「東京ソワール」の上品なジャケットです。

 

下画像は、「東京ソワール」のシンプルな黒のロングドレスです。ドレス丈9号で140センチです。格調高い装いにピッタリですので、上画像のジャケットと合わせて卒園式にお勧めです。

 

シンプルなジャケットには、大ぶりで華やかなコサージュが合います。

 

下画像は、シックで華やかな「東京ソワール」のコサージュとシフォン×スパンコールボールが華やかな「レリアン」のコサージュです。

 

パールのネックレスも必需品です。(白を付けます)

 

 

年長クラス(卒園児)担任の先生の服装

先生の装いは、卒業生が高学年になるほど落ち着いた服装になる傾向があります。

 

「中学校」や「高校」の先生はロングドレス(スカート)のコーディネートが多く、幼稚園(保育園)や小学校の先生は膝丈下丈のスカート(ワンピース)とのコーディネートを好む方が多いように思います。

 

下画像は、入学式や卒業式だけではなくその後のシーンでも着回ししやすいセレモニー服という視点で作られた「組曲×FLICKA(フリッカ)コラボ」のダブルクロスストレッチノーカラージャケットです。

 

下画像は、「組曲×FLICKA(フリッカ)コラボ」のニットコンビタフタドレスです。上画像のジャケットとセットでお召しいただけます。

 

下画像は、「組曲×FLICKA(フリッカ)コラボ」のコンシャススリーブブラウスです。上画像のジャケットのインにお召しいただけます。

 

画像ではわからないですが、裾がハンカチーフヘムになっているため、パンツと合わせていただいたときもオシャレです。

 

下画像は、上画像のジャケットとセットでお召しいただける「組曲×FLICKA(フリッカ)コラボ」のダブルクロスストレッチフレアスカートです。

 

下画像は、淡水パールネックレスとチェーンネックレスを組み合わせた「組曲」の【2WAY】ダブルチェーン淡水パールショートネックレスとぷっくりとしたカーブに左右非対称のパールをつけた「組曲」パールカールブローチです。

 

(注)卒園生の担任の先生は、お揃いのお花を胸に付ける幼稚園もあるようです。その場合は、コサージュやブローチは不要になります。

 

下画像は、シンプルなVラインジャケットとフィッシュテールワンピースがエレガントな「ルイルエブティック」のジャケット+ワンピース2点セットです。

上画像の商品は「ルイルエブティック 楽天市場店」からもお求めいただけます

 

下画像は、ジャケットとプリーツスカートをドッキングさせた「ルイルエブティック」のワンピースです。

 

長め丈のプリーツスカートがエレガントなワンピースで、個性的なスーツをお探しのオシャレな先生にお勧めです。

上画像の商品は「ルイルエブティック 楽天市場店」からもお求めいただけます

 

下画像は、さまざまな大きさのパールにビジューやビーズで動きを付けた「ルイルエブティック」バックワードパールネックレスと華やかで上品な「ルイルエブティック」のシルク100%マスクです。

 

担任以外の先生の服装

担任以外の先生は、「ブラックフォーマル」と決められているところは多いです。

 

下画像は、「組曲 NOIR」の【ストレッチ/オールシーズン対応】アンサンブル(ワンピース+ジャケット)です。

 

ノーカラーのシンプルなジャケットとタックデザインワンピースのアンサンブルで、年齢に関係なくお召しいただけます。

 

下画像は、「組曲 NOIR」の【ガシューストレッチバーズアイ】アンサンブル(ワンピース+ジャケット)です。

 

ふんわりシルエットのワンピースがフェミニンな、オールシーズン対応のアンサンブルです。

 

下画像は、シンプルで使い勝手の良い「組曲 NOIR」のパール調ネックレスと「自由区」のシルクオーガンジーコサージュです。

 

下画像は、シンプルなデザインで長く愛用できる「ニッセン」防しわテーラードアンサンブル(ジャケット+前開きセミフレアワンピース(オールシーズン対応)(大きいサイズ有)です。

 

下画像は、ワンピースの丈がレギュラー丈とロング丈から選んでいただける「ニッセン」のノーカラーアンサンブル(ジャケット+前開き7分袖ワンピース)(リボンブローチ付き)(オールシーズン対応)(大きいサイズ有)です。

 

下画像は、「ニッセン」の貝パール2点セット(選べる玉経&長さ)(人工真珠)(ネックレス+イヤリング)と「ニッセン」の取り外し可能パール調チャーム付き2WAYコサージュです。

 

「ブラックフォーマルはお葬式の洋服のようで苦手だ」という方、はこちらをお勧めします。

 

下画像は、ショールカラージャケットとスカートに少しボリュームをもたせてたワンピースがフェミニンな「タケイヒロミ」のブラックフォーマルアンサンブルです。

 

素材は、ウール(新ダブルウール)100%で「シワになりにくい」「形がくずれない」「動きやすい」などの特徴があります。

 

下画像は、ノーカラージャケットと斜めにタックをとったスカートがセットになった「タケイヒロミ」のブラックフォーマルスーツです。

 

ジャケットは、「グログランテープ付き」と「グログランテープなし」を選ぶことができます。

 

下画像は、慶弔どちらでもお使いいただける「東京ソワール」の貝パールネックレスと小粒のベビーパールを敷き詰めた「東京ソワール」のコサージュです。

 

主役は園児!卒園式の先生はお祝いの席にふさわしい装いで

最近フォーマル売り場に立って、「オシャレな先生が増えた」と感じます。

 

それは良いことではありますが、「他の先生と一緒の服装は嫌」「もっとオシャレな洋服で卒園式を迎えたい」そのように考えて装うと、主役の「園児」が「なおざり」になってしまうことがあります。

 

主役はあくまでも園児であることを考慮し、華やかな中にも知的な装いを心掛けることが大切です。

 

卒園式は、ご両親とお子さまがセレモニーを体験する大切な場です。このページでは、「園長先生」「卒園児担任の先生」「担任以外の先生」方が安心して着られる服装をお伝えしております。是非参考にしてください。

 

(注)幼稚園(保育園)によっては、服装が決められているところがあります。事前に確かめて、卒園式にふさわしい服装を心掛けましょう。

 

大人女性が自分に適したフォーマルウェアを見つけるには、「フォーマルドレス・ワンピ通販サイト」や「レンタルドレス・ワンピ通販サイト」がお勧めです。

 

カジュアルな服装が主流な近年、「フォーマルウェアにお金をかけたくない」という方が増えてきたからです。

 

けれども、フォーマルウェアは、相手の気持ちや周りの人々のことを常に配慮して装うことを求められる洋服です。そのことを理解したうえで、自分に適したフォーマルウェアを探すことが大切です。

 

そこでこのサイトでは、価格以上の価値があるフォーマルウェアを厳選して紹介しています。ぜひあなたらしいフォーマルウェアを見つけてください。