卒園式にふさわしい先生の服装とは?好感度をあげる着こなし方

 

卒園式、先生の服装、好感度アップ、装い方

フォーマル売り場では、12月頃から徐々に卒園式や卒業式の洋服を探す先生方が増え始めます。

 

最近は、フォーマル売り場だけではなくどこの婦人服売り場でも「セレモニー用のスーツ」が並んでいます。

 

けれども選択肢が増えれば増えるほど、「どこで」「どのような洋服」を選べばよいかで悩む方も多いかと思います。

 

そこでこのページでは、卒園式に臨む「園長先生」「卒園児担任の先生」「担任以外の先生」方が安心して着られる服装を、画像を交えて紹介します。

 

しかし、そもそもなぜ卒園式や卒業式にフォーマルウェアを着用するのでしょうか。

 

まずは、「卒園式」という人生の節目に着目し「冠婚葬祭」における着こなしのマナーとルールを見ていきましょう。

 

「冠婚葬祭」における着こなしのマナーとルール

私たちは人生の節目において、さまざまな人と関わりながら暮らしています。

 

また日本人は古くから「非日常」「特別な日」と「日常」に分けて考え、「ハレの日」には相応しい装いをしました。

 

たとえば今回解説する卒園式を例にとれば、「子供の成長のお祝いする節目の日」を「特別な日」とし、「セレモニースーツ」でお祝いをすることに繋がります。このようにその気持ちを装いで表現するのが「フォーマルウェア」です。

 

冠婚葬祭って何?

【冠は人生のお祝い事】

 

「冠」はもともと元服(成人)のことをいい、十五歳前後で行われる男子の成人の式の際、貴族は冠を武家は烏帽子(えぼし)を被ることに由来しています。現在では、誕生から成人までのさまざまな成長行事を「冠」としています。

 

・着帯祝 ・お七夜 ・お宮参り ・お食い初め ・初節句 ・初誕生日 ・七五三 ・入園式 ・入学式 ・卒園式 ・卒業式 がそれにあたります。

 

【婚は結婚】

 

・お見合い ・婚約 ・結納 ・結婚式 ・披露宴 ・二次会 がそれにあたります。

 

【葬は葬式】

 

仏式では ・通夜 ・葬儀 ・告別式 ・初七日 ・四十九日 ・1回忌 ・3回忌 ・7回忌 ・33回忌 ・100回忌 がそれにあたります。

 

【祭は年中のしきたり】

 

「祭」は先祖の祭祀(さいし/まつり)です。先祖に感謝をしてお祈りをし、供物やそのほかのものを捧げたことに由来しています。

 

・正月 ・節分 ・節句 ・彼岸 ・七夕 ・中元 ・お盆 ・歳暮 ・大晦日 がそれにあたります。

 

「卒園式」における着こなしのマナーとルール

上記で解説したように、「卒園式」はご両親からお預かりしたお子さまが初めてセレモニーを体験する大切な場面です。

 

お子さまの成長を、「愛しむ気持ち」「歓びの気持ち」を装いにあらわすことが大切です。

 

それでは「卒園式」は、どのようなことに注意をして装えばよいのでしょうか。

 

あくまで子どもが主役の卒園式、派手な装いは避けましょう。なおフォーマルの礼装区分に照らし合わせると園長先生は昼の「正礼装」、卒園児担任の先生は昼の「正礼装」または「準礼装」、担任以外の先生は「準礼装」となります。

 

卒園式にふさわしい先生の服装

下記の服装は、卒園式にふさわしい「一般的」な先生の服装です。

 

卒園式先生の服装は、「幼稚園」や「保育園」で決まっているところも多いです。初めての入園式なら、園長先生か周囲の先生に必ず確認をしましょう。

 

園長先生の服装

園長先生は、男性のモーニングコートと同格の服装で装います。

 

下画像は、綾柄ジャガード素材が上品な「銀座マギー」のジャケットです。

 

 

下画像は、「東京ソワール」のシンプルな黒のロングドレスです。シンプルなデザインですのでジャケットと合わせて卒園式に着こなせます。

 

 

シンプルなジャケットには、大ぶりで華やかなコサージュが合います。

 

 

パールのネックレスも必需品です。(白を付けます)

 

 

年長クラス(卒園児)担任の先生の服装

下画像のような袴を選ぶ先生は多いです。しかし先生が袴を選ぶ場合は、先生らしい品のある袴である必要があります。

 

着物は色無地か訪問着が相応しく、シンプルな袴がお勧めです。

 

下画像は、フォーマルシーンに相応しい訪問着袴です。古典的で可愛らしい柄が、卒園式によく合います。フルセットでレンタルできるので安心です。

 

 

下画像は桂由美のレンタル袴です。色無地のフォーマルのシーンに相応しい袴です。

 

 

また袴以外の服装の場合は、ジャケットとスカート(ドレス)をコーディネートした装いがお勧めです。

 

私がフォーマル売り場に立って感じることは、卒業生が高学年になるほど先生の装いが落ち着いた服装になることです。

 

たとえば「中学校」や「高校」の先生はロングドレス(スカート)のコーディネートが多く、幼稚園(保育園)や小学校の先生は膝丈下丈の可愛らしい雰囲気のスカート(ワンピース)とのコーディネートを好む方が多いです。(下画像参照)

 

下画像はベロア素材のジャケットです。フィット&フレアのワンピースとコーディネートをするとフェミニンなスタイリングになり、可愛らしい雰囲気が好みの先生にお勧めです。

 

 

下画像は、フィット&フレアのタフタワンピースです。タフタとは、薄地でも張りがある織物で、光沢がある生地のことをいいます。

 

生地に張りがあるのでタックの入ったスカートは、ふんわりしてフェミニンな印象になります。(下画像参照/ドレス丈は9号で98センチですが、それより8センチ長い106センチ丈があります)先生には、黒の106センチ丈ワンピースをお勧めします。

 

 

下画像のワンピースもお勧めです。36号で着丈110.5センチです。上画像のワンピースより大人の雰囲気でお召しいただけます。

先生は大きめのコサージュで華やかに装います。

 

 

パールのネックレスも必須です。

 

 

担任以外の先生の服装

担任以外の先生は、「黒」と決められているところが多いです。

 

下画像は、東京ソワールのブラックフォーマルです。フォーマルメーカーのブラックフォーマルは、弔事からセレモニーまで幅広く着用できます。

 

 

下画像は、新ダブルウールで仕立てたタケイヒロミのブラックフォーマルです。「ブラックフォーマルはお葬式の洋服のようで嫌だ」という方、はこちらをお勧めします(デザイン・素材を考慮すると略礼装のブラックフォーマルになる可能性があります)。

 

 

 

黒の洋服はお葬式用に見えない工夫が必要です。コサージュとネックレスは必須です。

 

コサージュは、下画像のように高い位置につけます。

 

 

ネックレスは、一連でも二連でもOKです。

 

なお、ストッキングは肌色です。

 

 

主役は園児!卒園式の先生はお祝いの席にふさわしい装いで

上記でも少しお伝えしましたが、最近フォーマル売り場に立って感じることはオシャレな先生が増えたことです。

 

それは良いことではありますが、「他の先生と一緒の服装は嫌」「もっとオシャレな洋服で卒園式を迎えたい」そのように考えて装うと、主役の「園児」が「なおざり」になってしまいます。

 

主役はあくまでも園児であることを考慮し、華やかな中にも知的な装いを心掛けることが大切です。

 

卒園式はご両親とお子さまがセレモニーを体験する大切な場です。このページでは、「園長先生」「卒園児担任の先生」「担任以外の先生」方が安心して着られる服装をお伝えしております。是非参考にしてください。

 

(注)幼稚園(保育園)によっては、服装が決められているところがあります。事前に確かめて、卒園式にふさわしい服装を心掛けましょう。

 

大人女性が自分に適したフォーマルウェアを見つけるには、「フォーマルドレス・ワンピ通販サイト」や「レンタルドレス・ワンピ通販サイト」がお勧めです。

 

カジュアルな服装が主流な近年、「フォーマルウェアにお金をかけたくない」という方が増えてきたからです。

 

けれども、フォーマルウェアは、相手の気持ちや周りの人々のことを常に配慮して装うことを求められる洋服です。そのことを理解したうえで、自分に適したフォーマルウェアを探すことが大切です。

 

そこでこのサイトでは、価格以上の価値があるフォーマルウェアを厳選して紹介しています。ぜひあなたらしいフォーマルウェアを見つけてください。

 

 

 

ページの先頭へ戻る