神社婚「親族」は着物じゃないとダメ?和婚スタイルに相応しい服装とは

 

神社婚「親族」は着物じゃないとダメ?和婚スタイルに相応しい服装とは

チャペルでウエディングドレスもよいけれど、一生に一度の晴れ姿は白無垢を着るなどの「和婚」にしたいという新郎・新婦が増えています。

 

和婚を望む新郎・新婦の多くは、「引き出物の日本製」にこだわったり「装いの着物」にこだわったりするのではないでしょうか。

 

しかし「和」にこだわって新郎・新婦が和装で通そうと思っても、お母さまや祖母さま・叔母さまは「洋装にしたい」という場合があります。

 

新郎・新婦が和装の場合は、親族も和装にしないといけないのでしょうか。

 

神社での結婚式といえば和装の方が良いように思われますが、結論からいえば洋装でも問題なくお召しいただけます。

 

しかしせっかくの機会ですから、洋装でも違和感のない洋服をお召しいただきたいです。

 

そこでこのページでは、和のテイストを取り入れた洋装のフォーマルを紹介いたします。その前に、神社婚のメリットを知って「和婚」を理解しておきましょう。

 

神社の結婚式のメリット

最大のメリットは、伝統があるということです。神社は古くからその場所にあり、そしてこれから先もあり続ける場所です。

 

二人が将来を誓い合った場所が、その先に子供が生まれればその子供のお宮参りの場所になり、また子供が成長すれば七五三に訪れる場所になります。

 

このように神社は、これから築いていく人生の節目に気持ちを新たにできる場所です。そして自分たちを見守ってくれる場所となり、いつも自分たちの関係を見つめなおす場所となります。

 

またもう一つのメリットは、神社での結婚式を通し日本の伝統の良さを改めて感じるよい機会になることです。神前で行われる厳かな挙式は、日本古来の式次第にそって粛々(しゅくしゅく)と執り行われます。

 

そのため日本古来の伝統や文化を重んじたい方はもちろんのこと、和のテイストに興味のない方でも、日本の良さを見なおすよい機会になります。

 

このように、神社婚にはたくさんのメリットがあります。では親族はどのような服装で参列すれば、神社婚に相応しい装いになるのでしょうか。

 

神社結婚式の装いマナー

神社での結婚式は、どうしても和装の方が多くなります。しかし、先ほどもお伝えしましたがマナーとして洋装がNGというわけではありません。

 

お母さまや祖母さま・叔母さまが洋装にする場合、一番気になるのが「黒留袖と並んで違和感がないか」ということだと思います。

 

百貨店のフォーマル売り場にも「黒留袖の代わりになる着物柄のドレスやジャケットがないか」とのお問い合わせがありますが、いわゆる着物をリフォームして作ったドレスやジャケットは格式の高い装いにはなりません。

 

和装と並んでも違和感のない洋装のフォーマルって何?

留袖に匹敵する洋装のフォーマルとしてお勧めなのが、着物調の生地(膨れ織りやりんず調ジャガード)で仕立てられたジャケットと黒のロングドレスのコーディネートです。

 

着物調の生地でお勧めの膨れ織りとは、立体感のある凹凸で柄を織り出した二重織物のことをいい、着物の帯地などによく使われています。また「りんず」も、絹の紋織物のひとつとして着物でなじみの生地です。

 

このようにフォーマルウェアで使われるジャケットの生地は、「タフタ」や「シャンタン」「シルクジャガード」「レース」などさまざまです。それらは、着物を意識して仕立てられています。

 

親族の結婚式の装いに最適な紋織りジャケットは、黒のロングドレスと合わせると重厚感がでて黒留袖の方と並んでも全く違和感なくお召しいただけます。

 

さらにバッグを着物の装いにも使える「小ぶりの地模様」や「ビーズのデザイン」を合わせれば、とてもエレガントです。では、具体的な装いを見ていきましょう。

 

お母さまにお勧めの洋装フォーマル

新郎・新婦のお母さまの装いは、黒留袖と同格の装いである正礼装(ロングアフタヌーンドレス)が基本になります。

 

下画像は、クリームベージュの米沢織ジャガードで仕立てた「東京ソワール」のフォーマルジャケットです。ウェーブ調の織り柄が美しいフォーマルジャケットで、着物と比べても見劣りしない存在感があります。

 

 

下画像は、タイトなシルエットが上品な「東京ソワール」のロングドレスです。透け感のない黒のジョーゼット素材で、上画像のフォーマルジャケットと合わせて留袖の代わりにお召しいただけます。

 

 

下画像は、「東京ソワール」のコサージュとネックレスです。ラインストーンやラメなどキラキラしたアイテムは、顔がきれいに見えるのでお勧めです。

 

 

下画像は、一面にビーズを敷き詰めた「東京ソワール」のフォーマルバッグと慶弔両用でお使いいただける「東京ソワール」のフォーマルシューズです。

 

 

祖母さまにお勧めの洋装フォーマル

ご高齢の祖母さまの装いは、お母さまより控えめな装い「正礼装に近い準礼装」が基本になります。

 

下画像は、タックギャザーで立体的に仕立てたテーラー衿が上品な「東京ソワール」のフォーマルジャケットです。

 

 

ご高齢の方は、締め付け感のある素材が苦手です。上画像のジャケットはシャンタンオーガンジーで軽い仕上がりになっています。

 

レース仕立ての胸当ては、取り外していただけます(胸当てを付けた状態で胸が空きすぎる場合は、胸当てを少し上にずらしてお召しになると安心です)。

 

ウエストまわりが窮屈な場合は、取り外して中に下画像のようなインナーを合わせてお召しいただけます(鍵ホック留めのジャケットは、前を外してお召しいただけます)。

 

 

長いスカートは、裾を引っかけて転ぶ可能性があるため避けた方が無難です。

 

下画像は、総プリーツが華やかな「東京ソワール」のスカートです。スカート丈74センチです

 

 

下画像のような、フォーマルパンツでもOKです(ストッキングは肌色がよいです)。

 

 

コサージュを敬遠される方がいらっしゃいますが、コサージュを付けていただくと華やかになります。小ぶりのコサージュでもよいので、是非お付けいただきたいです。

 

 

叔母さまにお勧めの洋装フォーマル

 

下画像は、上見ごろのチュールレースが華やかな「ブティックコーラン」のドッキングワンピースです。ドレス丈9号115センチです

 

 

下画像は、立体的な襟がエレガントなジャケットとミモレ丈ワンピースのセットアップスーツです。ドレス丈9号113センチです(こちらはレンタル商品です)

 

 

コサージュは「あなたをお祝いします」という意味がありますのでお付けいただきたいですが、レースにつける場合「ごちゃごちゃする」ようなら付けなくてもよいです。

 

ネックレスは必ず必要です。キラキラ光るアクセサリーはNGですが、ロンデルパール(右画像参照)は華やかになるためお勧めです。

 

 

フォーマルな席では、小ぶりのバッグが基本です。大きいバッグは、カジュアルになるので避けましょう。

 

小ぶりのバッグには、右画像のような補助バッグがあると重宝していただけます。

 

 

 

このように「和」にこだわる新郎新婦も納得のできる母親の装いは、洋装でも問題なくかなえることができます。ぜひ着物調の生地で仕立てられたジャケットと黒のロングドレスで装って、神社の結婚式に望んでください。

 

大人女性が自分に適したフォーマルウェアを見つけるには、「フォーマルドレス・ワンピ通販サイト」や「レンタルドレス・ワンピ通販サイト」がお勧めです。

 

カジュアルな服装が主流な近年、「フォーマルウェアにお金をかけたくない」という方が増えてきたからです。

 

けれども、フォーマルウェアは、相手の気持ちや周りの人々のことを常に配慮して装うことを求められる洋服です。そのことを理解したうえで、自分に適したフォーマルウェアを探すことが大切です。

 

そこでこのサイトでは、価格以上の価値があるフォーマルウェアを厳選して紹介しています。ぜひあなたらしいフォーマルウェアを見つけてください。

 

 

 

ページの先頭へ戻る