クリスマスディナーショーを盛りあげるフォーマルな装いとは?

 

日本では、パーティーと言えば「結婚式の披露宴くらいしかイメージできない」という方はおおいです。

 

しかし最近はさまざまなパーティーが催され、ドレスアップをする機会が増えてきました。たとえばクリスマスシーズンに行われる「クリスマスディナーショー」もその一つで、ドレスアップをしてでかけると普段味わうことができない楽しい気分が味わえます。

 

けれどもフォーマルウェアで装う機会が少ないおおくの方は、服装指定があるパーティーでどのような装いにすればよいか迷います。

 

ではクリスマスディナーショーには、どのような服装で行ったらよいのでしょうか。

 

ディナーショーは参加をする方の意識で装い方が変わる

特にディナーショーの中でもクリスマスシーズンに行われる高級ホテルのディナーショーは、「フォーマルの装いでお越しください」や「ドレスコードはセミフォーマルです」などドレスコード(着装ルール)を示されることがおおいです。

 

さらにドレスコードが示されない場合や、ドレスコードが「平服でお越しください」また「スマートカジュアルで」などの場合もあります。

 

ドレスコードがフォーマルの装いの場合はおおよそ見当がつくのですが、「平服」や「スマートカジュアル」などの場合はどのように装えばよいか分からなくなります。

 

特に「クリスマスディナーショー」は、そこに参加をする方の意識で装い方がかわります。

 

たとえば、「せっかくの機会なのでドレスアップをして楽しみたい」と思う方がいる一方で、「オシャレをして行くと自分だけが浮いてしまうのではないか」と心配する方もいます。

 

しかし「クリスマスディナーショー」はホテル側も「フォーマルな場」として提供しているため、ドレスアップをしてでかけた方が気分も盛りあがります。

 

したがって装いで迷う場合は、服装指定より少しフォーマルな服装にすれば自分自身も楽しめますし安心もできます。

 

では、クリスマスディナーショーはどのような服装ででかければよいのでしょうか。

 

クリスマスディナーショーのドレスコード

クリスマスシーズンのディナーショーは、夕方から夜にかけて行われる場合がおおいです。そのためディナーショーのドレスコードは、「夜のフォーマルシーン(セミフォーマル)」が一般的です。

 

夜のセミフォーマルの装いをフォーマルドレスコードでみると、「ディナードレス」と「カクテルドレス」という種類にわかれます。

 

ディナードレスは、「セミイブニングドレスの一種で形式にとらわれないもの。あまり肌をださずに、長袖でシルエットも誇張を避けてくつろいだ形に仕上げられている」ドレスのことをいいます。

 

またカクテルドレスは、「軽い食事やビュッフェ形式に合わせ気軽に着られるよう、イブニングほど形式にこだわらず、丈もロングからノーマルまで自由に選ばれる。

 

夜の雰囲気にふさわしく、袖なしや流行にもよるが軽快な袖、ドレッシーな襟元が使われる。シルエットはあまり誇張しない」とあります。

 

「ディナードレス」と「カクテルドレス」はともにワンピーススタイル以外にもツーピースやパンツスーツの装いもよいとされていて、自由にオシャレを楽しむことができます。

 

このドレスコードを「クリスマスディナーショー」に照らし合わせてみると、膝丈からふくらはぎ丈のドレスに、ストールやボレロ・ジャケットを合わせたエレガントなスタイルがよくあいます。

 

素材は、ラメ地・タフタ・サテン・シフォン・ベルベット・レースなどが華やかさを演出できます。

 

またディナーショーは着席スタイルなので、胸から上にポイントを持ってくると効果的です。したがってネックレスをうまく活用してオシャレに装いましょう。

 

また靴はヒールのあるパンプスがお勧めです。「ブーツをはいてもよいか」という質問がネットでも取り上げられていますが、私個人の意見としてはあまりお勧めできません。

 

クリスマスディナーショーをフォーマルの場ととらえると、やはりブーツはマナーに沿った装いに反してしまうからです。

 

エレガントな夜のフォーマルシーンに、ブーツは合いません。「カクテルシューズでさっそうと」といかないまでも、ドレスとコーディネートをした少し華奢なシューズを選びたいものです。

 

このようにドレスアップをしてでかける機会を持つだけで、気持ちがとても豊かになります。

 

クリスマスディナーショーの具体的な服装

ディナーショーは明確なドレスコードがないため、「ロングドレス」「ワンピース」「パンツスタイル」など装い方はさまざまです。

 

ではどのように装えばよいのでしょうか。具体的なディナーショーの服装を画像で紹介します。また、「ネックレス」や「イヤリング」「バッグ」「シューズ」をトータルコーディネートして紹介しますので参考にしてください。

 

ディナーショーお勧めドレス〜ロングドレスの装い

ロングドレスは頑張り過ぎて「抵抗がある」という方でも、下画像のドレスなら安心して着られます。

 

下画像は、ハシゴレースが華やかなGRACE CONTINENTAL(グレースコンチネンタル)のドレスです。イレギュラーな裾がオシャレです。(こちらはレンタルドレスです)参考までにドレス丈は、短い部分110センチ長い部分120センチです。

 

 

パールとスワロフスキーを組み合わせたGRACE CONTINENTAL(グレースコンチネンタル)のネックレスです。(こちらの商品はレンタルです)

 

 

バッグで印象が変わります。

 

 

下画像は、総レースが豪華なGRACE CONTINENTAL(グレースコンチネンタル)のロングドレスです。(こちらはレンタルドレスです)着丈117センチです。

 

 

ネックレスは、パールより華やかなラインストーンタイプがお勧めです。

 

 

ビーズとラインストーンが豪華なGRACE CONTINENTAL(グレースコンチネンタル)のバッグです。(こちらの商品はレンタルです)

 

ゴールドの靴を合わせると、統一感がでます。

 

 

ディナーショーお勧めドレス〜ワンピースの装い

袖の形状はさまざまですが、一枚で様になる袖ありワンピースが人気です(下画像参照)。

 

下画像は、パステルイエローが華やかなGRACE CONTINENTAL(グレースコンチネンタル)のワンピースです。(こちらの商品はレンタルです)50代は、少しゆとりのあるタイトシルエットのワンピースがお勧めです。

 

 

上画像のワンピースは、胸元の刺繍が豪華ですので、ネックレスは無くてもよいです。またネックレスを付ける場合は、派手なものは避けます。

 

 

少しモード系のバッグを合わせてオシャレに装います。(バッグはレンタル商品です)

 

靴はバッグに合わせて黒にすればシャープな装いになりますし、ベージュを合わせれば柔らかい雰囲気になります。どちらでも合いますので、好みのタイプを合わせましょう。

 

下画像は、PREFERENCE(プリファレンス)のベロア素材ワンピースです。シンプルなワンピースですが、袖のシフォンが華やかです。(こちらはレンタル商品です)

 

なお、ディナーショーでは黒のワンピースが人気です。

 

 

ネックレスをボリュームのあるタイプにすると華やかになります。

 

 

バッグとシューズをベージュで統一すると華やかさがでます。(バッグはレンタルです)また、ドレスに合わせて黒のシューズもお勧めです。

 

 

下画像はフェイクファーのストールで、クリスマスディナーショーにピッタリです。(こちらはレンタル商品です)なおミセスの羽織物として、結婚式の場合ストールはNGですが、パーティーならOKです。

 

 

総レースが華やかなノースリーブのワンピースです。上画像のストールを羽織ればパーティーシーンの装いになります。(こちらはレンタル商品です)

 

 

ネックレスは、パールより華やかなラインストーンタイプがお勧めです。

 

 

シルバーのストールに合わせて、バッグをシルバーで揃えると上品です。なお、シューズはドレスに合わせて黒にします。

 

 

ディナーショーお勧めドレス〜パンツスタイルの装い

最近は、パンツスタイルの方が増えています。

 

下画像GRACE CONTINENTAL(グレースコンチネンタル)のジャケットは、後ろ裾がバルーンシルエットになっているためどのようなドレスとも相性が良いです。(こちらはレンタル商品です)

 

 

上画像の色違いです。ベージュで合わせれば柔らかい印象に、黒で合わせればシャープな印象になります。

 

 

大ぶりの胸元リボンがアクセントGRACE CONTINENTAL(グレースコンチネンタル)のパンツドレスです。着丈126センチで身長158センチの方でくるぶし上くらいの丈になります。(こちらはレンタル商品です)

 

夜のパーティーでも、ジャケットがあると安心です。(上画像参照)

 

 

パールとスワロフスキーを組み合わせたGRACE CONTINENTAL(グレースコンチネンタル)のネックレスです。(こちらの商品はレンタルです)

 

 

黒のジャケットを着用するときは「黒のシューズ」、ベージュのジャケットを着用するときは「ベージュのシューズ」と色を揃えると落ち着いた「大人の女性に相応しいコーディネート」になります。

 

 

下画像はレース5分袖AIMER(エメ)のパンツドレスです。ウエストの後ろにゴムが入っているので、快適に着用できます。(こちらはレンタル商品です)着丈120センチです。

 

 

上のパンツドレスは袖がついているので、一枚で着られますが寒さ対策を兼ねストールを用意すると安心です。

 

 

コットンパールをポイントにデザインしたロングネックレスです。

 

 

少し大きめのクラッチバッグが、パンツドレスとよく合います。シューズは、黒でもベージュでもよいです。

 

 

 

 

大人女性が自分に適したフォーマルウェアを見つけるには、「フォーマルドレス・ワンピ通販サイト」や「レンタルドレス・ワンピ通販サイト」がお勧めです。

 

カジュアルな服装が主流な近年、「フォーマルウェアにお金をかけたくない」という方が増えてきたからです。

 

けれども、フォーマルウェアは、相手の気持ちや周りの人々のことを常に配慮して装うことを求められる洋服です。そのことを理解したうえで、自分に適したフォーマルウェアを探すことが大切です。

 

そこでこのサイトでは、価格以上の価値があるフォーマルウェアを厳選して紹介しています。ぜひあなたらしいフォーマルウェアを見つけてください。

 

 

 

ページの先頭へ戻る