卒業式40代母親服~使える黒のフォーマルワンピースの見つけ方

卒業式、40代母親、絶対使える、黒ワンピ、選び方と着こなし方

卒業式のシーズンになると、フォーマル売り場で卒業式の洋服を探す方が増えてきます。

 

そのとき私たちフォーマルの販売員は、「黒のフォーマルワンピースにフォーマルジャケットを組み合わせるスタイル」を提案することが多いです。フォーマル売り場で扱う黒色ワンピースは、「卒業式の装い」に適しているだけではなく、どのようなジャケットとも相性がよく使いやすいからです。

 

しかし最近カラーフォーマル売り場で扱う黒色ワンピースは、「お葬式の洋服に見える」と戸惑う方が目立つようになりました。

 

カラーフォーマル売り場のシンプルな「黒色ワンピース」は、見たところブラックフォーマルのワンピースと同じように見えます。いずれのものも同じに見えて、「どれを選べばよいのか分からない」というのもうなずけます。

 

黒のシンプルなワンピースは、「リトルブラックドレス(黒一色で装飾のないドレス)」ともいわれ利用価値の高い洋服です。ファッションブランドでも、オシャレな黒色ワンピースを取り揃えています。それらは、レースを使ったりドレープを施したりして今風の装いに欠かせません。

 

そこでこのページでは、「利用価値の高い黒色ワンピース」を見つける方法をさまざまな角度からお伝えします。黒色ワンピースのコーディネート方法も合わせて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

まず、フォーマル売り場で扱う黒色ワンピースの特徴から見ていきましょう。

 

フォーマル売り場で扱う黒色ワンピースってどんなの?

フォーマル売り場にある黒色ワンピースは、カラー用とブラック用があります。「カラーフォーマル用」とは、一般に慶事に着用するワンピースのことをいいます。また「ブラックフォーマル用」は、弔事に着用するワンピースのことをいいます。

 

着る目的が異なれば、同じような黒いワンピースでも素材やシルエットは違ってきます。それぞれのワンピースの特徴を知って、自分に適したワンピースを選びましょう。

 

黒のフォーマルワンピース~ブラック用とカラー用の違い

カラーフォーマル売り場でお客さまに、「この黒のワンピースはブラックフォーマルとしても着られますか?」と聞かれることがあります。

 

カラーフォーマル売り場にあるワンピースは、ブラックフォーマル売り場にあるワンピースと同じように見えます。しかしカラーフォーマル売り場で扱う黒色ワンピースは、喪服として着用できない場合があります。

 

ブラックフォーマルは「黒」が集まる喪の席で着る場合が大半で、「深く濃い黒のフォーマル」にこだわりを持つ方は多いです。フォーマルメーカーは濃い黒に染める技術を駆使し、黒がより黒く見える商品を消費者に提供しています。

 

黒はとても染めにくく、深い黒にするのは非常に難しいです。一口に黒色といっても、赤みのある黒や青みのある黒などそれぞれ違います。

 

カラーフォーマル売り場で求めた黒のワンピースをブラックフォーマルウェアの代わりとして着ようと思っても、ジャケットの黒と色が合いません。似たような黒であれば大丈夫かといえば、同じように見えても色が微妙に違う黒のセットアップは正式な喪の場ではあまりお勧めできません(華やかなデザインでなければ法事は許容範囲です)。

 

ではカラーフォーマル売り場で扱う黒色ワンピースには、どのような特徴があるのでしょうか。

 

カラーフォーマルで扱う黒色ワンピースの特徴

カラーフォーマル売り場で黒のワンピースを選ぶのは、たくさんのメリットがあるからです。メリットとデメリットを知って、カラーフォーマルの黒色ワンピースの特徴を知りましょう。

 

下画像は、「ワールドフォーマルセレクション/Apploberry」のフレアスリーブセミロングワンピース。ドレス丈11号で107㎝です。このドレスとよく似たシルエットのドレスが、カラーフォーマル売り場の基本のドレスとなります。

 

メリット1:着るだけでフォーマルらしくなる

カラーフォーマル売り場には、シンプルなデザインの黒のワンピースが並んでいます(上画像参照)。

 

それは、「黒」は他の色に染まることがないことから「誠実さ」「正式な」「まじめ」「高級」というイメージを持つため、着用するだけでフォーマルな装いになるからです。黒のワンピースにカラーフォーマルジャケットを合わせる着用方法は、私がフォーマルで仕事を始めた頃から今でもずっと続いています。

 

メリット2:さまざまなシーンに活用できる

フォーマルワンピースは、シンプルなデザインが多いです。

 

そのため、どのようなジャケットを合わせても様になります。「卒・入学式」はもちろんのこと、「結婚式」「パーティー」「式典」「食事会」などさまざまなシーンに活用できます。

 

メリット3:オールシーズン着用可能

フォーマルワンピースはポリエステル系の素材が多いため、年間通して着用可能です。

 

ベルベットや膨れ織り(表面に凹凸の文様を表した二重織物)のジャケットを合わせて冬用に、また薄いレースのジャケットを合わせて夏用と合わせるジャケットによってシーズンの対応が容易にできます。

 

(注)ベルベットは冬の素材です。9月末から3月初め(卒業式は可)の季節素材となりますので注意しましょう。

 

メリット4:年齢に関係なく着ることができる

フォーマル売り場にある黒のワンピースは、30代~80代の方まで同じデザインのものを買っていかれます。それは、年齢に合うジャケットを合わせるからです。

 

ベーシックなデザインのフォーマルワンピースは、年齢に関係なく着用可能です。

 

メリット5:着痩せして見える

黒は、収縮色のため細く見えるのはご存知の通りです。とくに黒のワンピースにジャケットの前を開けて羽織る着方は、縦のラインが強調されるためよりスッキリとシャープに見えます。(下画像参照)

 

下画像は、「White Joola(ホワイト ジョーラ」のMixツイード×ブラックワンピースセット(M)(こちらはレンタル商品です)です。ドレス丈106㎝です。

 

メリットの裏返しがデメリットです。

 

デメリット1:どのように合わせてもフォーマル感がでる

黒は、色のイメージでフォーマル感がでてしまいます。

 

カジュアルに着たい場合は、ジャケットの代わりにカーディガンを羽織ったり、パンプスの代わりにスニーカーを履いたりすればカジュアルな装いになります。全体のバランスを見て、カジュアルな要素を取り入れましょう。

 

デメリット2:お葬式の服に見える

シンプルなデザインの黒のワンピースは、一見お葬式の洋服に見えるかもしれません。

 

しかし、ブラックフォーマルのワンピースとは素材が異なるためお葬式に着用することはお勧めできません。実際に着比べると、カラーフォーマルで扱う黒のワンピースは「華やかさがある」ことが理解できます。

 

なおブラックフォーマルで扱うワンピースは、フォーマルジャケットと合わせてお祝いの席に着用することができます。

 

ブラックフォーマルで扱うワンピースの特徴

「ブラックフォーマルのジャケットとセットになったワンピース」は、カラーフォーマルのジャケットと合わせて卒業式など慶事に着用することができます。

 

(注)卒業式は、ブラックフォーマルをそのままお召しいただくことも可能です。

 

下画像は、「自由区/フォーマル」の【オールシーズン対応】バーズアイ ジャケット+ワンピースです。ワンピースはウエスト部分が2枚仕立てのペプラムデザインになっているため、夏場に一枚でお召しいただいてもエレガントです。

 

なお「バーズアイ」という細かな柄織は、しわになりにくいため着席の多いフォーマルの場に最適な素材です。

 

ブラックフォーマルのワンピースを弔事以外で着用する場合は、少し注意が必要です。

 

素材に気を付ける

ブラックフォーマルは、ポリエステル系の素材でも特殊なポリエステルを使って濃く美しい黒を表現しています。また細かい紋織の素材(上画像のバーズアイなど)もあります。

 

そのためカラーフォーマルのジャケットと合わせたときに、素材のバランスが悪く、ちぐはぐになる可能性があります。その場合は、ツイードなど織のある素材を合わせるとバランスよく着こなせます。

 

素材自体に凹凸があると、ブラックフォーマルのワンピースに多少織り柄があったとしても目立ちにくいです。

 

デザインに気をつける

ブラックフォーマルは夏一枚で着用してもオシャレに見えるように、一見ブラウススーツに見える「ふらし」デザインやトリックデザインのワンピースがあります。

 

その場合は、ジャケットのデザインと合わない可能性があります。実際にコーディネートをして、バランスを確かめて選ぶと失敗が防げます。

 

色に気をつける

手持ちのブラックフォーマルを活用できればそれに越したことはありません。しかし、デリケートな素材のブラックフォーマルウェアはほかにも注意をする点があります。

 

ブラックフォーマルの黒は染めるのが非常に難しいため、クリーニングを頻繁にすると色が少しずつ抜ける可能性があります。それらのことを十分わきまえた上で、卒業式用にブラックフォーマルワンピースをコーディネートしましょう。

 

ファッションブランドが扱う黒色ワンピースってどんなの?

ファッションブランドでも、卒業式などに着用できる黒のワンピースを取り扱っています。

 

下画像は、「組曲」の【WEB限定】ジャージーコンビプリーツワンピースです。さりげなく揺れるプリーツが、女性らしく上品な印象を与えます。ワンピース丈9号で104.0㎝です。単品使いの他、ジャケットを合わせてセレモニーから通勤など様々なシーンにお召しいただけます。

 

下画像は、「any SiS(エニィ スィス)の【洗える】シフォンスリーブコンビワンピースです。身頃部分にはジョーゼット、袖部分にはシフォンを使用した異素材コンビワンピースです。セレモニーシーンから通勤まで幅広くお召しいただけます。ワンピース丈Mサイズで105㎝です。

 

下画像は、軽くてしなやかなストレッチ性のあるジョーゼット素材を使用した「リフレクト」の【フォーマル/入卒/ママスーツ/洗える】プリーツシフォジョーゼットワンピースです。5号(SS)サイズ~17号(LL)サイズまで展開しています。ワンピース丈9号で106㎝です。

 

ファンションブランドのワンピースの特徴

卒業式の洋服を、ファッションブランドで選ぶお母さまは多いです。

 

では、フォーマル売り場の黒色ワンピースとどのような違いがあるのでしょうか。メリットとデメリットを知って、ファッションブランドのワンピースの特徴を把握しましょう。

 

メリット1:おしゃれで今風なデザインが多い

これまで紹介してきたように、フォーマル売り場で扱う黒色ワンピースはシンプルでどちらかといえばファッション性に欠けます。

 

今風のデザインを好むお母さまは、「地味で落ち着いたデザインは苦手だ」とおっしゃいます。そのようなお母さまに、ファッションブランドの黒色ワンピースはピッタリです。

 

メリット2:ふだん使いが容易にできる

ファッションブランドのワンピースは、ストレッチが施されていたり自宅で手洗いができたりと素材が若干カジュアルです。

 

その分、ふだん使いが容易にできます。

 

デメリット1:長く着用できない(年齢が限られる)

流行のあるデザインが多く、長期にわたって着用できない可能性があります。

 

またフォーマルウェアは幅広い年齢に対応しているのに対し、ファッションブランドは年齢によってブランドが細分化されています。そのため、そのブランドの対象年齢から外れるとサイズが合わなくなる可能性があります。

 

デメリット2:略礼装のフォーマルシーンでなければ使えない

フォーマルは、ファッション性が加わるとカジュアルになるため親族の結婚式など正式なフォーマルな場面ではお召しいただけないことが多いです(カジュアルな結婚式の場合は可)。

 

このように、フォーマル売り場で扱う黒色ワンピースとファッションブランドで扱う黒色ワンピースはそれぞれ特徴が異なります。

 

さらに、ネットショップで卒業式の洋服を探す方もお見えになるのではないでしょうか?ネット専門ショップは黒色ワンピースを単品で扱うというより、セットでお値打ちになるショップが多いです。

 

では、もう少し詳しくネット専門ショップの特徴を見ていきましょう。

 

ネットショップで扱う黒色ワンピースってどんなの?

ネットショップのワンピースは、比較的手ごろな価格でお求め頂けます(セット販売が一般的です)。また、サイズも幅広く扱っているところが多いです。

 

下画像は、「ニッセン」の【Neina(ネイナ)】丸レースジャケットワンピースナチュアラルアンサンブル〈大きいサイズ有〉です。ワンピース丈Mサイズで116.0㎝です。Sサイズから8Lサイズまで対応しています。
icon
icon

 

下画像は、「ルイルエブティック」のツイードジャケット&カシュクールワンピース4点セット(ジャケット+ワンピース+ネックレス+コサージュ)です。7号~19号までサイズ展開をしています。ワンピース丈9号で前108㎝ 後105㎝です。

上画像の商品は「ルイルエブティック 楽天市場店」からもお求めいただけます

 

下画像は、「パーティードレス通販GIRL/フロリア」のツイードノーカラージャケット・ブラウス・フレアひざ丈ワンピース・テーパードパンツの4点セットセットアップセレモニースーツです。S(7号-9号)サイズ~2L(13号-15号)サイズまで展開しています。ワンピース丈Mサイズで101.5㎝です。


上画像の商品は「ドレス通販 GIRL 楽天市場店」からもお求めいただけます

 

ネットショップのワンピースの特徴

ネットショップの商品は、卒業式の洋服にお金をかけたくない方やサイズが合わなくて困っている方にお勧めです。

 

メリット1:比較的低価格で購入できる

実店舗を持たない分、フォーマルやファッションブランドより低価格で提供しているお店がおおいです。

 

メリット2:サイズの幅が広い

卒業式のシーズンになると、百貨店のフォーマル売り場でも「大きいサイズを探しても見つからないお客さま」が、毎年必ず2~3名はいらっしゃいます。

 

フォーマル売り場で大きいサイズを探す方は、型数が少ないうえに地味で気にいった商品が見つからず苦労していらっしゃいます。そのような方は、ネットショップで大きいサイズを探すと比較的見つけやすいです。

 

デメリット1:素材や縫製が若干劣る

すべてではないですが、フォーマルやファッションブランドより素材や縫製が劣る可能性があります。

 

口コミをチェックしたりショップに問い合わせたりすると、比較的失敗が防げます。また最近は、自宅の試着サービスを行っているショップも増えていますので面倒がらずに利用しましょう。

 

デメリット2:セット販売がおおく不必要なものがある

こちらは利用する方の需要によりメリットにもなるのですが、ネックレスやコサージュがセットになっていたりジャケットが2着セットになっていたりするネットショップは多いです。

 

気に入らないものがセットになっている場合は、「単品で購入できればいいのに」となります。

 

卒業式に40代母親が着る黒色ワンピースのコーディネート例

これまで述べた特徴を踏まえたうえで、コーディネート例を見ていきましょう。

 

カラーフォーマルワンピースのコーディネート例

フォーマル売り場では、下画像のようなデザインのワンピースが定番となっています。このワンピースを使って、「卒業式」「結婚式」「パーティー」「食事会」のコーディネート例を見ていきましょう。

 

卒業式のコーディネート

下画像は、セレモニー着用後も通勤やカジュアルコーデのアクセントとしてお召しいただける「any SiS」のミニライトボーダージャケットです。さりげなくラメが入っていますので、シンプルで控えめなシルエットですが華やかさがあります。

 

 

結婚式のコーディネート

下画像は、シンプルで合わせやすい「ドリードール」のフォーマルノーカラージャケットです。着丈が短くすっきりとした印象で脚長効果が期待できます。カジュアルな親族の結婚式や友人・知人の結婚式にお召しいただけます。

 



 



 

ディナーショーのコーディネート

ディナーショーの場合は、シンプルなジャケットより華やかさがでるストールやファーボレロがお勧めです。

 

下画像は、羽織るだけでより華やかさが引き立つ「ドリードール」のエコファーボレロジャケットです。

 



 

ランチ女子会のコーディネート

下画像は、カジュアルにもキレイめにも合わせやすい「組曲」のツイードニットジャケットです。特殊な編み地組織で表現したツイード柄ニット素材や大きめのパールボタン使いで、カジュアルになりすぎることなく上品にお召しいただけます。

 

このようにカラーフォーマル売り場で扱うシンプルな黒色ワンピースは、どのようなジャケットとも相性が良くさまざまなシーンでお召しいただけます。

 

ブラックフォーマルワンピースのコーディネート例

ブラックフォーマルは弔事に着用しますが中のワンピースは、フォーマルジャケットを組み合わせて「卒業式」「式典」「食事会」に着用することができます。

 

なお結婚式やパーティーに着用する場合は、華やかさに欠けるためお勧めはできません。(ご高齢の方は、カラーフォーマルのジャケットと組み合わせて結婚式に着用される場合があります)

 

下画像は、「自由区/フォーマル」の【オールシーズン対応】バーズアイ ジャケット+ワンピースです。ワンピースはウエスト部分が2枚仕立てのペプラムデザインになっていますが、こちらのデザインでしたらジャケットのデザインを選ばずお召しいただけます。

卒業式のコーディネート

下画像は、ループ糸とモール糸をタテ・ヨコ糸に多用した「組曲」のツイードのジャケットです。ツイード素材は、素材自体の凹凸があります。ブラックフォーマルのワンピースに多少織り柄があったとしても目立ちません。

 

下画像はコットンパールとビジュー調パーツをあしらったリースモチーフがオシャレな「組曲」のパールブローチと、シンプルで使い勝手のよい「any SiS」のトートバッグです。
通勤やお出かけだけではなく、セレモニーや学校行事など幅広いシーンにお持ちいただけます。

表彰式のコーディネート

表彰式など各種式典のコーディネートは、落ち着いた服装が相応しいためブラックフォーマルのワンピースとフォーマルジャケットで装っていただけます。

 

下画像は、「自由区」の【セット着用可】カラミツイードノーカラージャケットです。

 

下画像は、「東京ソワール」のロンデル入りパールネックレスと和装にも洋装にもお使いいただける「東京ソワール」のカラーホースバッグです。こちらのホースヘアバッグは落ち着いたデザインとカラーリングで、フォーマルのさまざまなオケージョンシーンにお使いいただけます。

 

ファッションブランドの黒色ワンピースコーディネート例

ファッションブランドでも、フォーマルシーンに着用できる黒のワンピースを取り扱っています。

 

下画像は、上で紹介した「リフレクト」のワンピースです。共布のベルト付きですが、ベルトを取っていただいても広がりすぎることなくボディに添うキレイなシルエットでお召しいただけます。

 

美シルエットにこだわったシンプルで落ち着いた印象の上品なワンピースですのでさまざまなシーンで着用していただけます。

 

卒業式のコーディネート

下画像は、ストレッチ性があり着心地を追求した「リフレクト」の【フォーマル/入卒/ママスーツ】ノーブルツイードジャケットです(05号(SS)サイズ~17号(4L)サイズまで展開しています(17号は2022年11月1日現在在庫なしです)。上画像のワンピースと合わせて卒業式にお召しいただけます。

 

下画像は、2連でも1連ずつでもお使いいただける「リフレクト」の【フォーマル/入卒】2連パール調ネックレスとお顔周りに華やぎをプラスしてくれる「リフレクト」の【フォーマル/入卒】フェザーライクコサージュです。

 

下画像は、金具などがあまり目立たないシンプルデザインに仕上げた「リフレクト」の【フォーマル/入卒】セレモニーバッグと長時間立っても疲れにくい「リフレクト」の【フォーマル/入卒】セレモニーパンプスです〈20号(22.0㎝)~50号(25.0㎝)まで展開〉パンプスのヒールの高さは5.5㎝です

 

結婚式2次会のコーディネート

ファッションブランドのワンピースには、落ち着いたフォーマルジャケットより軽く羽織れるジャケット風ボレロやストールのコーディネートが似合います。知人や職場の同僚の結婚式2次会にお勧めです。

 

下画像は、袖が内蔵されたデザインでずれ落ちを防ぐことができる「フォルムフォルマ」のエレガント袖付きストールとドレスのデザインや気分に合わせて「ショート1連・ロングチェーン1連・ダブル使い」の3パターンが楽しめる「フォルムフォルマ」のコットンパールネックレスです。



 

下画像は、シンプルで使いやすい「フォルムフォルマ」のサテンクラッチバッグと何かとかさばる結婚式やパーティーシーンに1つあると重宝していただける「フォルムフォルマ」のメタリックトートサブバッグです。



同窓会のコーディネート

今期は、カーディガンよりきちんと感がありジャケットより気軽にお召しいただけるカーディガンがたくさんでています。それらの多くは同窓会にお召しいただけます。

 

下画像は、襟ぐり・裾・ポケットにモール糸をアクセントに使用した「リフレクト」の【WEB限定カラーあり】ミックスカラーカーディガンです。大きなループ糸と小さなループ糸をミックスし、凹凸の表情感を楽しめるテキスタルを使用した華やかなカーディガンです。

 

下画像は、フォーマルから普段使いまで単品あわせでアレンジしていただける「デッサン」の7WAYパール調ネックレスと「ワールドフォーマルセレクション/プチソワール」のビジュー2WAYバッグです。

上画像の商品を見ていただいても分かるように、「ファッションブランドのワンピース」は「フォーマル売り場のワンピース」と比べてファッショナブルで今どきスタイルが作れます。

 

黒のフォーマルワンピースは、卒業式だけではなくさまざまなシーンに使える優秀アイテム!

上記で紹介したように、黒のフォーマルワンピースは卒業式だけではなくさまざまなシーンに活用することができます。

 

けれども、黒のフォーマルワンピースを着回すにも「永く着たい方」「オシャレにカッコよく着たい方」「卒業式の洋服にお金をかけたくない方」などさまざまです。

 

そこで自分が欲しいのはどのタイプの黒のフォーマルワンピースかを把握して選べば、着こなしの幅が広がります。

 

上のワンピースの特徴を表にまとめました。上記のコーディネートを参考に、自分に合う黒のフォーマルワンピースを見つけましょう。

 

黒のフォーマルワンピース メリット デメリット
フォーマル専門ブランド ベーシックなデザインで年齢に関係なく着用できる(永く着られる) お葬式に着るワンピースのように見える(シンプル過ぎて個性がない)
ファッションブランド ファッショナブルで今どきスタイルが作れる

年齢が高くなると着られない
(長く着られない)

一般的なネット専門ショップ

手ごろな価格で購入できる
サイズの幅が広い

若干素材が劣る場合がある

 

大人女性が自分に適したフォーマルウェアを見つけるには、「フォーマルドレス・ワンピ通販サイト」や「レンタルドレス・ワンピ通販サイト」がお勧めです。

 

カジュアルな服装が主流な近年、「フォーマルウェアにお金をかけたくない」という方が増えてきたからです。

 

けれども、フォーマルウェアは、相手の気持ちや周りの人々のことを常に配慮して装うことを求められる洋服です。そのことを理解したうえで、自分に適したフォーマルウェアを探すことが大切です。

 

そこでこのサイトでは、価格以上の価値があるフォーマルウェアを厳選して紹介しています。ぜひあなたらしいフォーマルウェアを見つけてください。