卒業式40代母親服〜使える黒のフォーマルワンピースの見つけ方

 

卒業式、40代母親、絶対使える、黒ワンピ、選び方と着こなし方

卒業式のシーズンになると、カラーフォーマル売り場で卒業式の洋服を探す方が多くなります。

 

そのとき私たち販売員は、「黒のフォーマルワンピースにフォーマルジャケットを組み合わせるスタイル」を提案します。

 

それは黒のフォーマルワンピースは、「卒業式の装い」に適しているだけではなく、どのようなジャケットとも相性がよく使いやすいからです。

 

けれどもフォーマル売り場にある黒のワンピースを合わせる着方は、「お葬式みたいで嫌だ」と嫌う方が増えています。たしかにシンプルな「黒のフォーマルワンピース」は、見たところブラックフォーマルのワンピースと同じように見えます。

 

そのため、「いずれのものも同じに見えて、どれを選べばよいのか分からない」というのもうなずけます。

 

とはいうものの、黒のフォーマルワンピースは「リトルブラックドレス(黒一色で装飾のないドレス)」ともいわれ利用価値の高い洋服です。

 

ファッションブランドも、オシャレな黒のフォーマルワンピースを取り揃えています。それらは、レースを使ったりドレープを施したりして今風の装いに欠かせません。

 

そこでこのページでは、「利用価値の高い黒のフォーマルワンピースを見つける方法」をさまざまな角度からお伝えいたします。

 

また、黒のフォーマルワンピースのコーディネート方法も合わせて紹介しますのでぜひ参考にしてください。

 

そもそも黒のフォーマルワンピースってどんなの?

卒業式は、約半数の方が黒や黒白の洋服を着られます。

 

また単品を組み合わせた服装が多いことからも、黒のフォーマルワンピースを合わせる方が大半だと予測できます。

 

黒のカラーフォーマルワンピースは、どれも同じように見えますが「ブラックラックフォーマルのワンピース」とは生地やシルエットが異なります。

 

また、「フォーマル売り場のワンピース」「ファッションブランドのワンピース」「ネットショップのワンピース」などがありどれを選べばよいか迷います。

 

したがって、それぞれの特徴を把握して自分にピッタリのフォーマルワンピースを見つけると、着こなしの幅が広がります。では、どのように選べばよいのでしょうか。

 

そこでまずは最初に、黒のフォーマルワンピースのメリットとデメリットから見ていきましょう。

 

黒のフォーマルワンピースのメリット

黒のフォーマルワンピースを選ぶのは、たくさんのメリットがあるからです。

 

【着るだけでフォーマルらしくなる】

 

フォーマル売り場には、いろいろなデザインの黒のワンピースがあります。

 

それは、「黒」は他の色に染まることがないことから「誠実さ」「正式な」「まじめ」「高級」というイメージを持つため、着用するだけでフォーマルな装いになるからです。

 

黒のワンピースにカラーフォーマルジャケットを合わせる着方は、私がフォーマルで仕事を始めた頃から今でもずっと続いています。

 

【さまざまなシーンに活用できる】

 

フォーマルワンピースは、シンプルなデザインが多いです。そのため、どのようなジャケットを合わせても様になります。

 

「卒・入学式」はもちろんのこと、「結婚式」「パーティー」「式典」「食事会」などさまざまなシーンに活用できます。

 

【オールシーズン着用可能】

 

フォーマルワンピースはポリエステル系の素材が多いため、年間通して着用可能です。

 

ベルベットや膨れ織り(表面に凹凸の文様を表した二重織物)のジャケットを合わせて冬用に、また薄いレースのジャケットを合わせて夏用と合わせるジャケットによってシーズンの対応が容易にできます。

 

なお、ベルベットは冬の素材です。9月末から3月初め(卒業式は可)の季節素材となりますので注意しましょう。

 

【年齢に関係なく着ることができる】

 

フォーマル売り場にある黒のワンピースは、30代〜80代の方まで同じデザインのものを買っていかれます。それは、年齢に合うジャケットを合わせるからです。

 

ベーシックなデザインのフォーマルワンピースは、年齢に関係なく着用可能です。

 

【着痩せして見える】

 

黒は、収縮色のため細く見えるのはご存知の通りです。とくに黒のワンピースにジャケットの前を開けて羽織る着方は、縦のラインが強調されるためよりスッキリとシャープに見えます。(下画像参照)

 

 

黒のフォーマルワンピースを選ぶデメリット

メリットの裏返しがデメリットです。

 

【どのように合わせてもフォーマル感がでる】

 

黒は、色のイメージでフォーマル感がでてしまいます。

 

カジュアルに着たい場合は、ジャケットの代わりにカーディガンを羽織ったり、パンプスの代わりにブーツを履いたりすればカジュアルな装いになります。

 

全体のバランスを見て、カジュアルな要素を取り入れましょう。

 

【お葬式の服に見える】

 

シンプルなデザインの黒のワンピースは、一見お葬式の洋服に見えるかもしれません。けれども下記で紹介するファッションブランドの黒のフォーマルワンピースは、オシャレでお葬式の洋服には見えません。

 

また、合わせるジャケットでイメージも変わります。このページを参考に、自分に合ったワンピースを見つけましょう。

 

黒のフォーマルワンピースを使ってなりたい自分をイメージしよう!

黒のフォーマルワンピースは、カラーフォーマル用とブラックフォーマル用があります。

 

カラーフォーマル用とは、一般に慶事に着用するワンピースのことをいいます。またブラックフォーマル用は弔事に着用するワンピースのことをいいます。

 

着る目的が異なれば、同じ黒いワンピースでも素材やシルエットは違ってきます。

 

また黒のフォーマルワンピースと言っても、「フォーマルブランド」・「ファッションブランド」・「ネットショップ」とさまざまです。

 

それらは同じように見える黒のワンピースでも、「セレモニーに向くもの」・「結婚式に向くもの」・「パーティーに向くもの」・「食事会」に向くものなどがあります。

 

それぞれのワンピースの特徴を知って、自分に適したワンピースを選びましょう。

 

その前に、ブラックフォーマルの黒のワンピースとカラーフォーマルの黒のワンピースの違いを知りましょう。

 

黒のフォーマルワンピース〜ブラック用とカラー用の違い

カラーフォーマル売り場でお客さまに、「この黒のワンピースはブラックフォーマルとしても着られますか?」と聞かれることがあります。たしかに、ブラックフォーマル売り場にあるワンピースもカラーフォーマル売り場にあるワンピースも同じように見えます。

 

しかし残念ながら、カラーフォーマルの黒いワンピースを喪服用として着用することはできません。

 

とくにブラックフォーマルは、「黒」が集まる喪の席で着る場合が大半で「深く濃い黒のフォーマル」にこだわりを持つ方は多いです。

 

そこでフォーマルメーカーは濃い黒に染める技術を駆使し、黒がより黒く見える商品を消費者に提供しています。また黒はとても染めにくく、深い黒にするのは非常に難しいです。一口に黒色といっても、赤みのある黒や青みのある黒などそれぞれ違います。

 

そのためカラーフォーマル売り場で求めた黒のワンピースをブラックフォーマルウェアの代わりとして着ようと思っても、ジャケットの黒と色が合いません。

 

また似たような黒であれば大丈夫かといえば、同じように見えても色が微妙に違う黒のセットアップは正式な喪の場ではマナーに反した装いになります。

 

したがって、カラーフォーマルの黒いワンピースを結婚式に着ることはできても、喪服の代わりに着ることはできません(華やかなデザインでなければ法事は許容範囲です)。

 

ブラックフォーマルワンピースを卒業式に着るときの注意点

カラーフォーマルの黒のワンピースとは反対に、「ブラックフォーマルのアンサンブルとセットになったワンピース」は、カラーフォーマルのジャケットと合わせて卒業式に着ることができます。

 

しかしブラックフォーマルのワンピースを卒業式に着用するときは、注意する点があります。

 

ブラックフォーマルは、ポリエステル素材使用といってもブラックフォーマル用の特殊なポリエステルを使って濃く美しい黒を表現しています。また細かい紋織の素材もあります。

 

そのためカラーフォーマルのジャケットと合わせたときに、素材のバランスが悪く、ちぐはぐになる可能性があります。

 

またブラックフォーマルは、ワンピースのウエスト部分(スーツに見えるワンピースがあります)も重要で、ジャケットのデザインと合わない場合があるので注意しましょう。

 

このように同じフォーマルウェアでも、カラーフォーマルとブラックフォーマルは着る目的が違い、素材やデザインが異なります。そのため、実際にコーディネートをしてバランスを確かめて選ぶと失敗が防げます。

 

手持ちのブラックフォーマルを活用できればそれに越したことはありません。しかし、デリケートな素材のブラックフォーマルウェアはほかにも注意をする点があります。

 

たとえばブラックフォーマルの黒は染めるのが非常に難しいため、クリーニングを頻繁にすると色が少しずつ抜ける可能性があります

 

ブラックフォーマルは先ほども述べましたが、黒の色がとても重要です。したがってクリーニングにだすときにアンサンブルやスーツは、揃った状態でださないと色が異なって見えることがあります。

 

それらのことを十分わきまえた上で、ブラックフォーマルのワンピースの着用例を見ていきましょう。

 

ブラックフォーマルワンピース

上記でお伝えしたようにブラックフォーマルは、主に弔事に着用します。けれども、お葬式ばかりではなく卒業式や結婚式などにも着用します(礼服)。

 

下画像は卒業式でも着用される、ブラックフォーマルアンサンブルです。オールシーズン用のアンサンブルはジャケットとワンピースがセットになっています。

 

 

下画像は、上のアンサンブルとセットになったワンピースです。ワンピースのデザインもさまざまですが、七分袖が重宝します。

 

こちらのワンピースは、カラーフォーマルのワンピースの代わりとしてフォーマルジャケットを組み合わせて「卒業式」「式典」「食事会」に着用することができます。

 

けれども結婚式やパーティーに着用する場合は、華やかさに欠けるためお勧めはできません。(高齢者の方は、カラーフォーマルのジャケットと組み合わせて結婚式に着用する方も見えます)

 

 

下画像のような、ツイードのジャケットを合わせて卒業式に着用可能です。

 

ツイード素材は、素材自体の凹凸があります。したがって、ブラックフォーマルのワンピースに多少織り柄があったとしても目立ちません。

 

 

コサージュの苦手な方にお勧めの、パールビーズのコサージュです。パールネックレスと合わせても、ごちゃごちゃした感じにはなりません。

 

 

カラーフォーマルワンピース

フォーマル売り場では、下画像のようなデザインのワンピースが定番となっています。

 

【シンプルなフレアワンピース】

 

下画像は、広がりを抑えたエレガントなワンピースです。(こちらはレンタル商品です)なお着丈は、92.5センチでフォーマル用としては若干短いです。(フォーマル用は100センチ前後が一般的です)素材はポリエステル100%です。

 

シンプルなワンピースは、ジャケットを合わせてこそ映えるデザインです。

 

 

下画像のジャケットは、上のワンピースと合わせて卒業式にお勧めです。ジャケットの着丈は、51センチ(Mサイズ)でバランスよく着用できます。

 

 

 

下画像は、フリルのトリミングが華やかなショート丈(着丈45センチ)のジャケットです。

 

ワンピース自体がシンプルな場合は、ジャケットにフリルがあってもすっきりと着こなせます。結婚式にお勧めのスタイリングです。(こちらはレンタル商品です)

 

 

「コサージュは、嫌いだから付けたくない」という方がいらっしゃいます。けれども、コサージュには「あなたをお祝いします」という意味がありますので、出来れば付けていただきたいです。

 

また、顔の近くにきらきらとしたコサージュがあると顔がキレイに見えます。鏡の前で試してみてください。

 

 

下画像のようなシンプルなボレロは、上のワンピースと合わせると寂しい雰囲気になります。その場合は、大ぶりのネックレスやコサージュでバランスを取ります。

 

 

華やかなネックレスとコサージュを合わせれば、パーティーや結婚式の二次会の装いに

 

 

【広がりを抑えたAラインワンピース】

 

下画像も、フォーマル売り場でよく見かけるワンピースです。広がりを抑えたAラインのシルエットで、どのような体型の方でもお召しいただけます。

 

着丈は98センチです。上のワンピースより若干落ち着いた雰囲気になります。若々しい雰囲気にしたい場合は、着丈の短いジャケットを選びましょう。

 

素材はポリエステル100%です。(こちらはレンタル商品です)このようなシンプルなワンピースは、パーティーより結婚式やセレモニーにお勧めです。

 

 

上のワンピースと相性の良いジャケット。着丈50センチ(Mサイズ)です。上のワンピースと合わせれば、セレモニー用として着用できます。

 

 

 

下画像のようなジャケットを合わせれば、50代〜60代の方にお勧めの結婚式の装いになります。

 

このようにカラーフォーマル売り場にあるワンピースは、ジャケットのデザインを変えるだけで幅広い年齢の方にお召しいただくことができます。

 

 

 

下画像のようなストールを合わせるなら、上のワンピースではなくもう少しデザインのあるドレッシーなワンピース(ドレス)を選びましょう。

 

 

【個性的なデザインのブランドワンピース】

 

下画像はウンガロソワのワンピースです。画像では分かりにくいですが、ウエストサイドにギャザーが入ったファッショナブルなデザインです。

 

着丈91.5センチと若干短いワンピース丈で、若々しくスタイリッシュに決めたい方にお勧めです。

 

ブランドのワンピースは、どちらかといえばファッションブランドのワンピースのデザインに近くなります。(こちらはレンタル商品です)このようなワンピースは、着丈が短いためどちらかといえば親族の結婚式には不向きです。

 

 

下画像のようなツイードのジャケットを合わせて、卒業式に着用できます。

 

 

 

下画像は、シャンタン素材のボレロです。このようなボレロを合わせたスタイリングは、華やかなネックレスを付ければパーティーの装いになります。

 

 

 

下画像のジャケットはニット素材のツイードジャケットです。こちらのジャケットは上のワンピースと合わせて、同窓会や食事会にお勧めです。

 

 

フォーマルワンピースとして、3型のワンピースを紹介しました。これらのワンピースは、百貨店やショッピングセンターのフォーマル売り場で購入することができます。(こちらでは、三越伊勢丹オンラインレンタルショップの商品を紹介しております)

 

なおこの3型の中で、2番目に紹介したワンピースが最も幅の広い年齢の方にお召しいただけるデザインです。

 

またどのような体型の方でも着用できますので、長く着たい方は2番目に紹介したAラインのデザインに近いワンピースを選びましょう。

 

しかしどんな方でも着用できるということは、個性がなく物足りないということです。したがってどのように着たいかを考えて、自分に合うワンピースを選ぶことが大切です。

ファッションブランドのフォーマルワンピース

ファッションブランドでも、フォーマルシーンに着用できる黒のワンピースを取り扱っています。

 

これらのワンピースは、フォーマル売り場にあるワンピースよりファッショナブルで今風の装いになります。

 

【フレアラインがエレガントなワンピース】

 

2018年11月1日にオープンしたオンワードの新ブランド「フェテローブ」のドレスです。セレモニーからパーティーまで、フォーマルシーンで着用できるパーティードレスを扱っています。

 

下画像は、フレアラインがキレイなフェテローブのドレスです。こちらのドレスは、アシンメトリーなフレアラインが華やかです。ドレス丈110.5センチのフォーマル丈でセレモニーに着用可能ですが、どちらかといえばパーティーや結婚式の装いに適しています。

 

 

下画像は any SIS のテーラードジャケットです。お揃いのスカートもありますが、上のドレスと合わせて卒業式にお召しいただけます。

 

ジャケットの前ボタンをはずすと、こなれ感(自然にオシャレな雰囲気が出せる)がでます。

 

 

最近卒業式にコサージュではなく、ブローチをつける方が増えています。ロングタイプにネックレスと合わせて、今どきスタイルに。

 

 

ショート丈の羽織るタイプのジャケットを合わせれば、結婚式の装いになります。

 

 

シンプルなジャケットは、コサージュとネックレスで華やかに装います。

 

 

レースのストールを合わせて、パーティーの装いに

 

 

下画像はタイトラインでシンプルですが、大きなリボンベルトが華やかなドレスです(リボンベルトは取り外しができます)。

 

また光沢のあるジャガード生地を使っているため、エレガントな雰囲気になります。ドレス丈101センチ、安心のフォーマル丈です。

 

 

下画像は、INDIVI(インディヴィ)のツイード調ストレッチジャケットです。ツイードのように凹凸がある素材で、セレモニーからデイリーまで着回せます。

 

上画像のドレスと合わせて、卒業式にお勧めです。なお、ジャケットを着用するときはリボンベルトを取り外すとスッキリします。

 

 

 

下画像は、羽織るタイプのジャケットです。丈の短いボレロより、キチンと感がでます。上のドレスと合わせて、結婚式や結婚式の二次会に着用できます。

 

こちらのジャケットと合わせる場合は、リボンベルトをポイントにしてもオシャレです。

 

 

 

下画像のような、軽いボレロを羽織ればパーティーの装いになります。

 

 

 

レース切り替えのサックドレスです。シルエットがややカジュアルですが、ジャケットを合わせてセレモニー・食事会・結婚式の二次会に着用できます。

 

 

下画像は、同素材のジャケットです。上のワンピースとセットアップをして卒業式の装いとしてお召しいただけます。

 

 

 

下画像のジャケットを羽織って、結婚式の二次会や食事会にお勧めです。

 

 

 

ファッションブランドワンピースとして、3型のワンピースを紹介しました。これらのワンピースは、百貨店や公式サイトのショップで購入することができます。(こちらでは、オンワードのブランド・フェテローブの商品を紹介しております)

 

上画像の商品を見ていただいても分かるように、「ファッションブランドのワンピース」は「フォーマル売り場のワンピース」と比べてファッショナブルで今どきスタイルが作れます。

 

ネットショップのフォーマルワンピース

ネットショップのワンピースは、比較的手ごろな価格でお求め頂けます。また、サイズも豊富に扱っているところが多いです。

 

下画像はノースリーブと七分袖が選べるだけではなく、ドレスの丈も9号/92センチと9号/100センチが選べるので便利です。

 

 

下画像は単品のワンピースではなく、ジャケットとセットになった商品です。

 

黒のワンピース(ネイビーもあり)に無地(ドビー地/変わり織の一種))のジャケットとツイード地のジャケットがセットになっています。

 

若干素材の薄さが気になりますが、この価格で卒業式用と入学式用の洋服が揃うのは魅力です。

 

 

このようにネットショップの商品は、卒業式の洋服にお金をかけたくない方やサイズが合わなくて困っている方にお勧めです。

 

特に卒業式のシーズンになると、百貨店のフォーマル売り場でも「大きいサイズを探しても見つからないお客さま」が、毎年必ず2〜3名はいらっしゃいます。

 

サイズが大きい商品は型数が少ないうえに地味で、気にいった商品が見つからず苦労していらっしゃいます。

 

そのような事情からネットショップで大きいサイズを探す方は多いです。日にちが押し迫ってからの購入は、サイズ切れが発生しやすいので気をつけましょう。

 

黒のフォーマルワンピースは、卒業式だけではなくさまざまなシーンに使える優秀アイテム!

上記で紹介したように、黒のフォーマルワンピースは卒業式だけではなくさまざまなシーンに活用することができます。

 

けれども、ひとくくりに黒のフォーマルワンピースを着回すにも「永く着たい方」「オシャレにカッコよく着たい方」「卒業式の洋服にお金をかけたくない方」などさまざまです。

 

そこで自分が欲しいのはどのタイプの黒のフォーマルワンピースかを把握して選べば、着こなしの幅が広がります。

 

上のワンピースの特徴を表にまとめました。上記のコーディネートを参考に、自分に合う黒のフォーマルワンピースを見つけましょう。

 

黒のフォーマルワンピース メリット デメリット
フォーマル専門ブランド ベーシックなデザインで年齢に関係なく着用できる(永く着られる) お葬式に着るワンピースのように見える(シンプル過ぎて個性がない)
ファッションブランド ファッショナブルで今どきスタイルが作れる

年齢が高くなると着られない
(長く着られない)

ネットショップ(一般的なショップ)

手ごろな価格で購入できる
サイズの幅が広い

若干素材が劣る場合がある

 

大人女性が自分に適したフォーマルウェアを見つけるには、「フォーマルドレス・ワンピ通販サイト」や「レンタルドレス・ワンピ通販サイト」がお勧めです。

 

カジュアルな服装が主流な近年、「フォーマルウェアにお金をかけたくない」という方が増えてきたからです。

 

けれども、フォーマルウェアは、相手の気持ちや周りの人々のことを常に配慮して装うことを求められる洋服です。そのことを理解したうえで、自分に適したフォーマルウェアを探すことが大切です。

 

そこでこのサイトでは、価格以上の価値があるフォーマルウェアを厳選して紹介しています。ぜひあなたらしいフォーマルウェアを見つけてください。

 

 

 

ページの先頭へ戻る