卒業式40代女性服〜ベルベットジャケットの今どきコーディネート

 

百貨店のカラーフォーマル売り場には9月中旬から3月中頃までベルベットのジャケット、スカート、ワンピースが並びます。

 

ベルベットは冬暖かいので、卒業式に欠かすことができない素材です。けれどもベルベットは古くから親しまれてきた歴史ある素材で、合わせ方を間違える野暮ったい印象になってしまいます。

 

2017年頃から再びトレンドとなっておりますが、「母親が昔ベルベットのコートを着ていた。懐かしい」と思う方もいるのではないでしょうか。

 

ベルベットは毛足があるので柔らかく深い光沢があるのが特徴で、高級感があります。しかし織物工程が複雑(二枚の生地の間にパイル糸を織り込みその間をカットする)で、最近ベルベット素材の洋服を見かけることが少なくなりました。

 

そこでこのページでは卒業式に欠かせない「ベルベット」とはどのような素材をいうのかをお伝えするとともに、ベルベットジャケットをオシャレに着こなす方法をお伝えします。

 

ベルベット素材の基礎知識〜そもそもベルベットってどんな素材?

まだまだ健在のベルベット素材ですが、そもそもベルベットとはどのような素材をいうのでしょうか。

 

たとえば、インターネットで「ベルベットジャケット」を検索するとベルベットジャケットと紹介されてさまざまな画像がでてきます。けれども、その大半が「ベロア」であったり「別珍」であったりします。

 

それでは素材の知識がない方は、区別をするのが難しいです。そこでまず、それぞれの素材の特徴を見ていきましょう。

 

ベルベット・ベロア・別珍の違い

ベルベットとは別名をビロードといい、毛足が立った素材で光沢があり深く濃い色が特徴です。

 

古くから親しまれてきた素材ですが、近年では重厚な従来の生地ではなく軽いソフトなタイプがフォーマルメーカーの主流になっています。

 

ベルベットは、主にキュプラの基布にレーヨン糸でパイルをつくる方法が用いられ、毛足が長く柔らかいのが特徴です。

 

毛足があるので冬暖かく(9月から3月までの季節素材です。それ以外のシーズンは着られません)、風合いはしなやかで光沢があり高級感があります。そのため、フォーマルウェア(とくに卒業式)に最適な素材として人気があります。

 

また綿素材でパイルをつくる、短い毛足が特徴のタイプに別珍(べっちん)があります。別珍はベルベットとよく似ていますが、綿素材のためカジュアルな雰囲気になるのでフォーマルには向きません。

 

そしてベロアは、ストレッチ性のあるニット素材のループパイルを形成した丸編み生地のループをシャーリングカットして毛羽にした編み物の生地を指します。

 

ベルベット 別珍 ベロア
生地 織物(タテ糸でパイルをつくる)伸縮性はない 織物(ヨコ糸でパイルをつくる)伸縮性はない 編み物(伸縮性がある)
素材 おもに絹・キュプラ・レーヨン おもに綿 おもにポリエステル
風合い 柔らかい やや硬い やや柔らかい
表面の光沢 光沢がある 光沢はあまりない やや光沢がある
用途 フォーマルドレス・フォーマルジャケット デイリーからカジュアル(フォーマルでは使わない) フォーマルからカジュアルまで幅広い

 

表を見ていただいて分かるように、ベルベットはフォーマルウェア(とくに卒業式)に欠かせない素材です。しかし織物工程が複雑で難しく、価格はベロアや別珍より高額になります。

 

ベルベットのお手入れと保管方法

デリケートな素材のベルベットは、お手入れと保管方法に気をつけて大事に扱うと「風合い」を長く保てます。

 

【お手入れ方法】

 

◆毛足があるため、長時間堅い椅子に座ると毛足が寝てしまうことがあります。その場合は、布から1センチほど離して「ハンドスチーマー」や「スチームアイロン」などで蒸気を吹きかけると毛足がたちます。

 

もし自分でケアをするのが不安な場合は、信用のあるクリーニング店や洋服修理店に相談する方法がお勧めです。

 

私事で恐縮ですが、以前フォーマル売り場でベルベットジャケットとスカートをお求め頂いたお客さまが「このスカートの丈を短くしてください」と持って見えたことがあります。

 

見るとスカートのベルト部分の毛足が寝て無残な状態になっています。

 

ビックリしてお聞きすると、「スカートの丈が長かったからベルト部分を一折して着用した」とのこと。それでは、ベルベットの毛足が全て寝ても仕方がありません。

 

「こんな無残なスカートが無事元の状態になるのか?」と、とても不安でしたが「お修理室」で綺麗に直してもらえました。

 

このお客さまのような失敗をしないように、ベルベット素材は大切に扱いましょう。(ベルベットジャケットを着た状態で、バッグを同じ腕に長時間かけても毛足は乱れます)

 

万が一毛足が乱れてしまったら、自己判断せずに専門家に見てもらい早い目に処置をすることが大切です。

 

◆雨などに濡れたときは、できるだけ早く乾いた布で軽くたたいて「水滴」を吸い取ってください。そのままにしておくと「シミ」になる場合がありますので気を付けてください。

 

【保管方法】

 

◆できるだけ、ハンガーにかけて保管してください。なお、ハンガーは厚手のハンガーがベストです(型崩れが防げます)。

 

またたくさんの洋服と一緒に詰めて保管せずに、余裕をもってハンガーにかけましょう。

 

ベルベット着用時の注意点

◆繰り返しになりますが、ベルベットは毛足があります。そのため、小さいサイズを無理して着用すると縫い目が避けることがあります。ベルベットは、少し余裕を持って洋服のサイズを選びましょう。

 

◆黒のベルベットは「お葬式に着用しても大丈夫」と勘違いをする方がいますが、黒でも光沢がありますので弔事には着用できません。

 

◆ベルベットは冬限定の素材です。したがって着用できるのは、9月中旬から3月中頃までです。なお一般的に「卒業式であれば着用可能」とされておりますので、暖かい日であっても卒業式に問題なく着用できます。(結婚式は3月であれば、避けた方が無難です)

 

卒業式40代女性服〜ベルベットジャケットをおしゃれに着る方法

このようにデリケートで高級感のあるベルベット素材ですが、どのように着れば今風でおしゃれに着こなすことができるのでしょうか。

 

そこで、卒業式に欠かせないベルベット素材のジャケットを使った今どきコーディネート方法をお伝えします。

 

ベルベットのスカートと合わせる

フォーマル売り場にある黒のべルベットは、ジャケットと同素材のベルベットスカートがあります。

 

ベルベットのスカートは、ポリエステル系の素材のスカートと比べると黒の色が濃く・深いので重いイメージになります。

 

そのため、ジャケットとスカート両方をベルベットにすると、見ためが暗く重いので一般的には異素材のスカートをコーディネートして少し軽さをだして装います。

 

しかし教員の卒業式の装いは、フォーマルウェアが基本でドレスコードは「準礼装以上」になります。そのためできる限り、スカートもベルベットでそろえるスタイリングをお勧めします。

 

とくにくるぶし丈のベルベットスカートはベルベットのジャケットと合わせると格調がたかく重厚感がでます。

 

またロング丈(ふくらはぎが隠れる丈)のスカート(下画像のスカート丈は78センチです)を合わせると、くるぶし丈ほど重厚感はないですがきちんとした印象になります。

 

このようにセットアップしたベルベットは、親の装いというより担任教員の装いに最適です。

 

下画像は、百貨店フォーマルメーカーのベルベットジャケットとスカートです。よく似た素材に、「ベロア」があります。ベロア素材は伸縮性に富んだ綿またはポリエステル製のパイル布地のことをいい、ベルベットよりカジュアルになります。

 

(注)現在こちらのベルベットジャケットとスカートは、お取り扱いを終了しております。ご了承ください。

 

 

 

タフタのスカート(ワンピース)と合わせる

ベルベットのジャケットは、タフタ素材のスカート(ワンピース)と合わせると高級感がでる、とても相性のよいコーディネートです。

 

 

タフタとは、薄地でも張りがある織物で、光沢がある生地のことをいいます。生地に張りがあるのでタックの入った膝丈スカートは、ふんわりしてフェミニンな印象になります。(下画像参照/スカート丈は66センチです)

 

 

そしておなじタフタのスカートでも、ロング丈の場合はファッショナブルでスタイリッシュな印象になります。

 

したがって、膝丈のスカートのコーディネートは一般教員・卒業生の母親の装いに、またロング丈は担任教員の装いに適しています。(下画像参照/スカート総丈88センチです)

 

 

 

シフォンのスカートやワンピースと合わせる

シフォンのような薄い素材のスカートやワンピースは、毛足のあるベルベットのジャケットと合わないと思われますが、スカートやワンピースのデザインに少しボリューム感をだすと合わせやすくなります。

 

とくにベルベットのジャケットは、黒の色が濃いので重いイメージです。しかしスカートやワンピースの素材が軽いと、全体がやわらかい印象になりエレガントな雰囲気になります。

 

したがってベルベットのジャケットとシフォンスカートやワンピースのコーディネートは、卒業生の母親や来賓の装いに適しています。(下画像参照)

 

 

下画像は、裾が二枚重ねになったフェミニンなスカートです。スカート丈は72センチ、安心のフォーマル丈です。

 

 

下画像のような、ワンピース(ワンピースの素材はサテンです)のコーディネートもお勧めです。

 

上記のベルベットジャケットは、取り外しのできる胸当てがついています。ワンピースとコーディネートするときは、胸当てを取って着用します。(下画像のワンピースはレンタル商品です/こちらはワンピース丈98センチです)

 

 

ブラックフォーマルのパンツと合わせる

フォーマルな装いが必要な卒業式ですが、卒業式の母親の装いにパンツをコーディネートして「略礼装以上」として装うことができます。

 

しかし、パンツのデザインをカジュアルにしないというのが前提です。

 

ブラックフォーマル売り場に並んでいるパンツは、ヒップラインを強調することのないストレートラインで、ドレッシーな装いにピッタリです。

 

「日ごろからスカートを履きなれない」や「パンツばかり履いている」という母親は、ベルベットのジャケットとパンツのスタイリングでスタイリッシュに装いましょう。

 

 

上画像のジャケットは、着丈が51センチです。下画像のようなやや広めのワイドパンツで合わせると、ヒップラインが強調されずにキレイに着こなせます。

 

 

フォーマル小物をあわせる

ベルベットは、黒の色が深く光沢があるのでそのジャケットに負けない存在感のある小物を合わせます。

 

【ネックレス】

 

画像は、パールネックレスとイヤリング(ピアス)セットです。パールは、「10〜10.5ミリ玉/長さ43センチ」の淡水パールで存在感があります。教員には、シンプルなパールがお勧めです。

 

 

下画像は、コットンパールのネックレスです。デザイン性のあるネックレスは若干カジュアルになりますので、卒業生の母親にお勧めです。

 

 

【コサージュ】

 

教員は、どちらかといえば卒業生の母親より大きめのコサージュを付けます。(下画像参照)

 

 

こちらは卒業生の母親にお勧めのコサージュです。

 

胸の大きい方がベルベットジャケットを着用するときに注意すること

ジャケットを着るときのポイントとして、ベルベットは黒の色が深くはっきりしているので、胸元が開いているデザインは顔まわりが明るくなって、若々しい雰囲気になります。

 

しかし胸の大きい方が下画像のようなベルベットのジャケットを着用すると、ジャケットの前身ごろが上に上がって胸元が詰まって重苦しく見えることがあります。

 

そのようなときは、胸当てを外して(カラーフォーマル売り場のジャケットは、胸当てが取り外せるタイプのデザインが多いです)白のブラウスかカットソーをインにして着ると、顔まわりが明るく見えて若々しい印象になります。

 

なおフォーマルで着用する場合、重ね着をするとカジュアルになるため一般的にブラウスは重ねません。

 

 

下画像のように、ネックラインが開いたブラウス(カットソー)を着用します。

 

ベルベットジャケットは40代女性の卒業式にお勧めの一着!

上記で紹介したようにベルベットのジャケットは、コーディネートをするアイテムを変えるだけで全く違う雰囲気になります。そして合わせるボトムを変えるだけで、それぞれの立場に合わせた装いが可能です。

 

冬だからこそ楽しめるベルベットのアイテムは、暖かく着れてドレッシーな雰囲気が演出できるお勧め素材です。ベルベットのジャケットとそれぞれのアイテムをコーディネートして、卒業式に臨みましょう。

 

なお季節品ですので、2月中頃になるとサイズ切れが起こる可能性があります。購入時は、早い目がお勧めです。

 

大人女性が自分に適したフォーマルウェアを見つけるには、「フォーマルドレス・ワンピ通販サイト」や「レンタルドレス・ワンピ通販サイト」がお勧めです。

 

カジュアルな服装が主流な近年、「フォーマルウェアにお金をかけたくない」という方が増えてきたからです。

 

けれども、フォーマルウェアは、相手の気持ちや周りの人々のことを常に配慮して装うことを求められる洋服です。そのことを理解したうえで、自分に適したフォーマルウェアを探すことが大切です。

 

そこでこのサイトでは、価格以上の価値があるフォーマルウェアを厳選して紹介しています。ぜひあなたらしいフォーマルウェアを見つけてください。

 

 

 

ページの先頭へ戻る