勲章の概要と叙勲のドレスコード(着装ルール)

勲章の概要と叙勲のドレスコード(着装ルール)

勲章の概要と叙勲のドレスコード(着装ルール)

 

百貨店のフォーマル売り場には、春と秋に叙勲(じょくん)の内示を受けたお客さまが「どのようなフォーマルウェアで装えばいいのか分からない」とアドバイスを求めに来ます。

 

ひとことに叙勲といっても、「勲章(くんしょう)を授与される場合」「文化勲章(ぶんかくんしょう)を授与される場合」「褒章(ほうしょう)を授与される場合」とあります。

 

また授与される内容によって「正礼装で装う場合」と「平服でもよい場合」があります。そのため、勲章や褒章を授与される方だけではなく、お客さまにアドバイスを求められる販売員にも叙勲の知識は重要です。

 

そこで、ここでは勲章の概要と勲章を授与される方(または配偶者の方)のドレスコード(着装ルール)について解説します。

 

勲章の概要

明治8年4月に「勲章従軍記章制定ノ件」(太政官布告第54号)が公布され、これが現在の旭日章(きょくじつしょう)の基になったもので、我が国の勲章制度の始まりと「内閣府のホームページ」に記されています。

 

その後、明治9年に菊花章(きっかしょう)、明治21年に瑞宝章(ずいほうしょう)と宝冠章(ほうかんしょう)、また、昭和12年に文化勲章(ぶんかくんしょう)が制定されました。

 

日本では、「菊花章(きっかしょう)」・「桐花章(とうかしょう)」・「旭日章(きょくじつしょう)」・「瑞宝章(ずいほうしょう)」・「宝冠章(ほうかんしょう)」および「文化勲章(ぶんかくんしょう)」に大別されます。

 

また「菊花章」は「大勲位菊花章頸飾(だいくんいきっかけいしょく)」と「大勲位菊花大綬章(だいくんいきっかだいじゅしょう)」の二章、桐花章は大綬章のみ、旭日章と瑞宝章は功労内容の違いによってそれぞれ六段階に分かれています。

 

勲章の種類

大勲位菊花章(だいくんいきっかしょう)
大勲位菊花章頸飾(だいくんいきっかしょうけいしょく)

「旭日大綬章」又は「瑞宝大綬章」を授与されるべき功労より優れた功労のある方が授与対象者です。これは、日本における最高勲章で、宮中に於いて天皇陛下から親授されます。

 

これまでに明治天皇・昭和天皇・今上天皇等皇族、又一般人として吉田茂や佐藤栄作が没後受勲しています。

 

大勲位菊花大綬章(だいくんいきっかだいじゅしょう)

「旭日大綬章」又は「瑞宝大綬章」を授与されるべき功労より優れた功労のある方が授与対象者で、日本における大勲位菊花頸飾に次ぐ最高勲章です。宮中に於いて天皇陛下から親授されます。

 

これまでに皇族・王公族、又内閣総理大臣の多くが没後受勲しています。

 

桐花大綬章(とうかだいじゅしょう)

「旭日大綬章」又は「瑞宝大綬章」を授与されるべき功労より優れた功労のある方が授与対象者です。宮中に於いて天皇陛下から親授されます。

 

記憶に新しいところでは、2010年秋に扇千景さんが女性初として旭日大綬章から昇叙(しょうじょ)されています。

 

旭日章(きょくじつしょう)

功績内容に着目し、顕著な功績を挙げた方が授与対象者です。

 

旭日大綬章(きょくじつだいじゅしょう)

宮中に於いて天皇陛下から親授されます。主に民間人が授与対象者で、記憶に新しいところでは、2015年春に石原慎太郎さんが受章されています。

 

旭日重光章(きょくじつじゅうこうしょう)

宮中に於いて内閣総理大臣から伝達され、その後天皇陛下に拝謁(はいえつ:天皇陛下にお目どおりすること)します。

 

旭日中綬章(きょくじつちゅうじゅしょう) 
旭日小綬章(きょくじつしょうじゅしょう)
旭日双光章(きょくじつそうこうしょう) 
旭日単光章(きょくじつたんこうしょう) 

中綬章から順に等級が下がります。

 

瑞宝章(ずいほうしょう)

公務等に長年にわたり従事し、成績を挙げた方が授与対象者です。

 

瑞宝大綬章(ずいほうだいじゅしょう)

宮中に於いて天皇陛下から親授されます。主に公務員が授与対象者です。

 

瑞宝重光章(ずいほうじゅうこうしょう)

宮中に於いて内閣総理大臣から伝達され、その後天皇陛下に拝謁(はいえつ)します。

 

瑞宝中綬章(ずいほうちゅうじゅしょう)
瑞宝小綬章(ずいほうしょうじゅしょう)
瑞宝双光章(ずいほうそうこうしょう)
瑞宝単光章(ずいほうたんこうしょう)

中綬章から順に等級が下がります。

 

中綬章以下の受章者は、所定の場所で所管大臣や知事から伝達され、後日勲章を着用して配偶者同伴で天皇陛下に拝謁(はいえつ)します。

 

文化勲章(ぶんかくんしょう)

文化の発達に関し特に顕著な功績のある方が授与対象者です。文化功労者の内から特に勳績卓越(くんせきたくえつ)な方を内閣総理大臣に推薦して決めます。宮中に於いて天皇陛下から親授されます。

 

記憶に新しいところでは、2012年に 山中伸弥さんが受章されています。

 

上記のほかに、皇族女子及び外国人女性に対する叙勲など特別な場合に限り運用される勲章として、宝冠章があります。(勲章の種類 内閣府ホームページ参照)

 

叙勲のドレスコード(着装ルール)

内閣府の「勲章等着用規程第三条」に勲章等は、「燕尾服(えんびふく)若しくはローブデコルテ若しくはローブモンタント又はこれらに相当する制服に着用するものとする」とあります。

 

ただし、授与される勲章の種類によって、ドレスコードが異なります。

 

大勲位菊花頸飾・大勲位菊花大綬章・桐花大綬章・旭日大綬章・瑞宝大綬章・宝冠大綬章の親授式では、男性は燕尾服、女性はローブデコルテもしくはローブモンタントを着用します。(下記イラスト参照)

 

ローブデコルテは、女性の夜の礼服の一種です。ネックラインが深く大きくカットされ首元や胸元をあらわにしたスタイル(デコルテ)で、丈の長いドレスのことをいいます。イブニングドレスの代表的なスタイルの1つです。

 

またローブモンタントは、女性の昼の礼服の一種です。襟が見ごろから高くせりあがっていて、袖は手首まであり、肩や胸はおおわれていて裾は床まであるドレスのことをいいます。(下記イラスト参照)

 

 

 

文化勲章親授式では、男性はモーニングコート、女性はローブモンタント(ロングアフタヌーンドレス)か色留袖を着用します。(下記イラスト参照)

 

旭日重光章・瑞宝重光章は宮中で伝達されその後、天皇陛下から拝謁(はいえつ:天皇陛下にお目どおりをすること)されます。男性はモーニングコート、女性はローブモンタント(ロングアフタヌーンドレス)か色留袖を着用します。(下記イラスト参照)

 

 

 

旭日中綬章・瑞宝中綬章以下小綬章・双光章・単光章の伝達式に男性はモーニングコート、女性はロングアフタヌーンドレスか色留袖が望ましいです。ただ、平服を着用することもできるとあります。

 

平服とは、普段着(デニムやニット)の装いとは異なります。ミディ丈(ひざが隠れる丈)からミモレ(ふくらはぎ丈)のドレス(スカート)が基本で、ジャケットを合わせたフォーマルな装いのことをいいます。(下記イラスト参照)

 

 

 

このように勲章の種類によってドレスコード(着装ルール)は違いますが、男性の格と女性の格を合わせることが大切です。

 

何はともあれ限られた方だけに与えられる名誉な勲章です。お祝いの気持ちを装いに託して、叙勲の伝達式に臨みましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ