卒業式担任教員の服装:ベルベットを買う前に知っておきたいこと

卒業式担任教員の服装:ベルベットを買う前に知っておきたいこと

卒業式担任教員の服装:ベルベットを買う前に知っておきたいこと

 

卒業式は教育課程を全て修了したことを認定し、そのお祝いをする式典です。したがって卒業式出席者の服装は、フォーマルな装いが必要です。

 

とくに学校教員の卒業式の装いは、フォーマルウェアの中でも「黒」と決められていることがおおく、ベルベットのスーツは定番になっています。

 

そこでベルベットの購入を予定している学校教員(とくに担任)に、装うときに知っておきたいポイントをお伝えいたします。

 

インナーを着ない

カラーフォーマルのジャケットは、取り外しができる胸当てがついているデザインが多くあります。取り外しができる胸当ては、ボタンで簡単に取れるようになっていて、ワンピースやインナーを着たりしてイメージを変えることができます。

 

そのためベルベットのジャケットの胸当てを外し、白いレースのカットソーやブラウスをインナーとして着る方法は、卒業式でも馴染みのコーディネートです。しかしこの着方は、卒業式で送る立場にある担任教員には、あまりお勧めできません。

 

フォーマルウェアには、「正礼装」をワンモチーフとすると、1つを崩して「準礼装」に、そしてファッション性を加えて「略礼装」というフォーマルのルールがあります。

 

卒業生の親なら、華やかに装うのも一つの方法です。しかし学校教員は「卒業証書授与式」と呼ばれる式典において、卒業生を送る立場です。

 

とくに担任教員は「準礼装」以上の装いが必要で、袴の装いも多いです。そのため袴に変わる洋装は黒のベルベットのスーツ(とくにスカートはくるぶし丈)が最もふさわしく、相手に「格調が高い」「高級」「正式な」「真面目」「誠実」と言うイメージをあたえます。

 

確かに黒のベルベットに白いレースのカットソー(ブラウス)をインナーとして着ると、顔が明かるく華やかに見えます。そのためつい着たくなるのもわかります。

 

しかしこのように格調高いベルベットの装いに、ファッション性のある白いレースのカットソー(ブラウス)を合わせてしまうと、カジュアルな要素が加わって正式な装いから遠ざかってしまいます

 

一着で完成された黒のベルベットのジャケットは、何も加えなくてもそれだけで凛として美しいです。卒業式は、そのことを十分考慮して装いましょう。

 

フェミニンなスカートをはかない

フェミニンとは女性らしく優しい雰囲気のことで、シフォンのふんわりスカートやフリルのブラウスのイメージが伴います。

 

黒のベルベットのジャケットは、このようなフェミニンなふんわり柔らかい雰囲気のスカート(ワンピース)とよく合います。そして一般的にフェミニンなスカートを好む女性は多く、それは卒業式の洋服を買い求める教員にも同じことが言えます。

 

しかし先ほども述べましたが、フォーマルウエアには、「正礼装」をワンモチーフとすると、1つをくづして「準礼装」そこにファッション性を加えて「略礼装」という着装原則があります。

 

したがってお揃いのベルベットのスカート(とくにくるぶし丈)を着用するほうが、きちんとした印象になるので卒業式の担任教員の装いとして効果的です。

 

ただジャケットと同素材のベルベットのスカートでも、マーメードのシンプルなスカートとフレアのフェミニンなスカートでは、シンプルなスカートの方がきちんとした印象になります。

 

それはシンプルな装いに対して、ファッション性が加わるとどうしてもカジュアルな要素が強くなるからです。卒業式の担任教員の装いは、オシャレ優先より、格式優先で格調高く装いましょう。(下記イラスト参照)

 

                                       

ボレロを着ない

ボレロとは、丈がウエストよりも短く、前立てや打ち合わせがなく前が開いているデザインの洋服のことを言います。そしてボレロは、カジュアルなシーンからフォーマルなシーンまで着こなせる人気アイテムとして定着しています。

 

しかし子供っぽく可愛らしい雰囲気のボレロは、ジャケットに比べてカジュアルな装いになります。したがって、「卒業証書授与式」と呼ばれる式典において、卒業生を送る立場の学校教員の装いには相応しくありません。

 

確かにワンピースとボレロの装いは、華やかさと若々しさが手に入ります。そのため学校教員の中でも可愛らしい雰囲気が好きな人は、つい選びがちです。

 

しかしオシャレを優先するより、格調高く凛とした装いが担任教員には必要です。したがってシンプルなベルベットのジャケットとスカート(とくにくるぶし丈)の装いが一番相応しい装いですが、ワンピースのコーディネートであれば、ボレロではなくジャケットが相応しいです。

 

キラキラしたネックレスやコサージュをつけない

卒業式の担任教員の装いに、ネックレスとコサージュは必須ですが、ラインストーンの輝きが華やかなタイプは避けた方が無難です。

 

卒業式は昼の式典です。卒業生の親の立場なら、少し華やかさがあっても問題はありません。しかし担任教員は卒業生を送る立場であるため、キラキラしたアクセサリーは夜のフォーマルアクセサリーに見えるので相応しいとは言えません。

 

確かに顔の近くにキラキラと光るネックレスやコサージュがあると、肌がキレイに見えます。そのため、合わせてみたくなるのもわかります。しかし立場上、避けた方が無難でしょう。しかしコサージュは、小さいと貧弱に見えるので大ぶりを選んでください。

 

このように卒業生の親なら、華やかに装うのも一つの方法ですが、担任教員は「卒業証書授与式」と呼ばれる式典において、卒業生を送る立場です。

 

そして黒のベルベットの装いは、担任教員の卒業式の装いとして最もふさわしく、「格調が高い」「高級」「正式な」「真面目」「誠実」と言うイメージをあたえます。卒業式の担任教員は、オシャレ優先より、格式優先で格調高く装いましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ