卒業式来賓の服装:地味にならずに上品に装うポイント

卒業式来賓の服装:地味にならずに上品に装うポイント

卒業式来賓の服装:地味にならずに上品に装うポイント

 

春は一年のうちで卒業・入学・お受験など、もっともセレモニーが増えるシーズンです。また卒業式は学校にとっても大切な行事で、無事に終わるまでは神経を使います。

 

そして、ハレの卒業式をお祝いするには、その気持ちを表現する装いが重要なポイントになります。したがって教員や卒業生の親はもちろんのこと、卒業式に学校側から招待される来賓も何を着るべきか頭を悩ませます。

 

とくに来賓となると、教員より「格式のある装い」や卒業生の親より「華やかな装い」は避けたいです。その微妙なさじ加減の装いが必要な、来賓の装いについて解説します。

 

 ブラックフォーマルの装い
卒業式の装いは、地域によって違います。そのためブラックフォーマルウェアが「卒業式に最もふさわしい装い」という意見と、「お葬式のようで卒業式にふさわしくない装い」という意見に分かれます。

 

しかし、現在はブラックフォーマルウェアもセレモニー用にふさわしいオシャレなタイプが増えています。それらのブラックフォーマルはグログラン織り(固く密に織られたよこ畝のある織物)など光沢のある素材で作られていて、「いかにもお葬式用のフォーマル」には見えません。

 

そこにコサージュをあしらえば、さらに卒業式の来賓の装いにふさわしくなります。しかしこの装いは、教員と同じような装いになる可能性があります。

 

そこでブラックフォーマルウェアのなかでも、ファッショナブルなデザインを選ぶという選択肢があります。これらのブラックフォーマルは、お葬式用というより「お別れ会」や「偲ぶ会」または「卒業式」などのセレモニーにふさわしい装いです。

 

ただ個性的なブラックフォーマルの装いは、オシャレ過ぎて目立ちます。来賓がファッショナブルなデザインのブラックフォーマルを選ぶなら、程よいデザインのタイプを選んで少し控えめにしたほうが無難です。

 

 

 

 カラーフォーマルの装い
ブラックフォーマルは、卒業式にふさわしい装いです。しかし、「手持ちのブラックフォーマルを使いたいがお葬式のような雰囲気になりそうだ」とか、「ブラックフォーマルはやはりお葬式のイメージをもってしまう」など、できればブラックフォーマルは避けたいという方もいるでしょう。

 

その方にお勧めなのが、ブラックフォーマルのワンピースにカラーフォーマルのジャケットを合わせて着る方法です。

 

たとえば、ブラックフォーマルのワンピースに大きなリボンがついているデザインがあります。また、地柄のある素材は合いませんが、シンプルなタイプならカラーフォーマルのジャケットを合わせると、問題なく着ることができます。

 

とくに来賓は、ずっと椅子に腰を掛けているので目立つのは上半身だけです。そのため合わせるワンピースが極端にデザイン性のあるものでなければ、ジャケットのデザインで好みの雰囲気が作れます。

 

たとえば、立ち襟やノーカラーのジャケットは、シャープでスタイリッシュな雰囲気の方に似合います。また、大きな衿や丸みのある衿のジャケットは、フォミニンな雰囲気の方に似合います。

 

このようにカラーフォーマルのジャケットとブラックフォーマルのワンピースを合わせて着る方法は、叔母の立場の結婚式や式典・お宮参りの付き添い・七五三の付き添いなどにもお勧めです。

 

 

さらにフォーマル売り場の多くは、ブラックフォーマルウェアとカラーフォーマルウェアが並んで展開されています。そのためため卒業式の洋服をフォーマル売り場で購入するときに、ブラックフォーマルとカラーフォーマルの洋服を合わせた着方のイメージがつきやすいです。

 

たとえば、自分の手持ちのワンピースがマーメードラインだったとしても、ブラックフォーマル売り場によく似たデザインがあるので、それをカラーフォーマルのジャケットと実際に合わせることができます。

 

とくに来賓となると、教員より「格式のある装い」や卒業生の親より「華やかな装い」は避けたいです。そこでフォーマルで装えば、地味になり過ぎることなく上品な装いが可能です。

 

したがって卒業式に何を着たらよいかわからない来賓の方は、フォーマルを選択肢に入れて洋服を求めるのが一番効果のある方法です。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ