エレガンスな装いで楽しむイタリアンレストラン女子会

エレガンスな装いで楽しむイタリアンレストラン女子会

エレガンスな装いで楽しむイタリアンレストラン女子会

 

イタリア料理でも、高級ホテルのレストランからカジュアルな雰囲気の店までさまざまなクラスがあります。それらは場の雰囲気や提供される料理が異なり、さらには私たちの装い方も変わります。

 

そこでイタリアンレストランのクラスにあわせて、どのように装えばよいかを解説いたします。

 

日本に「日本料理店」や「居酒屋」があるように、イタリア料理の店にもそれぞれ名称があるので、まずご紹介します。

 

 イタリア料理の店の種類
料理のクオリティーが高いだけではなく、「ウエディングスペース」や「バーコーナー」などの設備が整った高級ホテルのイタリア料理レストランが「リストランテ」です。また、コース料理が食べられるレストランもリストランテと言います。

 

カジュアルなイタリア料理レストランが「トラットリア」です。リストランテと比較をして、トラットリアは大衆向きのレストランになります。

 

トラットリアよりも庶民的なレストランで、いわゆる居酒屋が「オステリア」です。またカジュアルさを売りにだしたいときに、わざとオステリアとする場合もあります。

 

ワインバーのことを「エテノカ」といいます。またワインを取り扱うレストランにも使われます。日本のエテノカではたくさんの種類のワインのほかに、ワインに合う料理が食べられます。

 

主にピッツァを専門に提供するイタリア料理店が「ピッツェリア」です。基本的には、ピザ焼き職人がピザを焼きます。またその職人はピッツァヨーロと呼ばれ、女性の場合はピッツァヨーラと呼ばれています。

 

このようにどのような雰囲気と何を食べたいかによって、店の種類を選びます。またそれぞれの店を利用するには、その店に合った装いが必要です。

 

そこで次に、イタリアンレストランのドレスコードを紹介します。

 

 レストランのドレスコード
高級ホテルのリストランテでは、ドレスコードを設けている店もありますが、そのほとんどが「スマートカジュアル」「カジュアルエレガンス」「スマートエレガンス」です。

 

しかしこれらのドレスコードはじつに曖昧で、「スマートカジュアル」より「スマートエレガンス」のほうがフォーマル度は高いですが、個人の判断で装いが異なります。

 

またディナーとランチによっても本来装いは変わりますが、あまり神経質に考える必要はなさそうです。特に女子会という女性の集まりでは、誰しも装いは気を使います。

 

結婚式のドレスのような装いは必要ありませんが、普段着ではないオシャレな装いで望めば失礼になることはありません。

 

しかし気をつけるポイントは、靴とバッグです。ふだん仕事でトートバッグを使っている方はそのバッグを持って、高級ホテルのレストランに行くのは避けたいところです。

 

そこで結婚式でも使えるようなクラッチバッグであれば、フォーマル過ぎずスタイリッシュな雰囲気になるのでお勧めです。また、ブーツやカジュアルな靴も避けた方がよいです。

 

オシャレに装うことができても、料理のマナーができなければ素敵な女性に見えません。そこでイタリア料理のマナーを紹介します。

 

 イタリア料理の食事作法
イタリア料理のコースでは、伝統的料理を提供する順番があります。またメニューも一般的に、この順番で記載されています。

 

最初の「アンティパスト」は、前菜のことです。まずはメインがでるまでの「つなぎ」の意味があり、作り置きの冷たい料理が多いです。

 

次の「プリモ・ピアット」は、一つ目のメイン料理です。一つ目の皿と言う意味で、パスタやリゾットやピッツァやスープなどがでます。

 

イタリア料理のスープは、フランスのように何時間もかけて丹念につくるスープではなく、具が入った食べるリゾット系のスープが一般的です。

 

その次の「セコンド・ピアット」は、二つ目のメイン料理です。二つ目の皿と言う意味で、フランス料理のメインディッシュにあたり、肉料理か魚料理のどちらかが提供されるのが一般的です。

 

「コントルノ」は、副菜のことで野菜料理が多いです。コントルノはメインディッシュを食べ終わった後か、メインディッシュと一緒に提供されます。

 

野菜料理は、サラダだけでなくジャガイモを使った料理やほうれん草のソテーなど、シンプルな料理が多いです。

 

また味も素材を生かした素朴なもので、自分で塩やビネガーをかけてからオリーブオイルで味を調えると美味しくいただけます。

 

「ドルチェ」は、デザートのことです。日本でもなじみのパンナコッタやティラミス、ジェラードはイタリアで生まれたデザートです。

 

「カッフェ」はコーヒーという意味ですが、基本的にはエスプレッソ・コーヒーのことをいいます。カプチーノなどミルクの入ったコーヒーは、満腹でないことを意味するので、イタリア人は飲まないそうです。

 

また日本と文化の違いによって、食べ方も異なります。

 

 イタリア料理の食べ方
スパゲッティは、一口で食べられる大きさにフォークに巻いて食べます。和食の麺類のようにすするのはマナー違反です。また、お皿を手にもって食べるのもマナー違反にあたります。

 

他には、一枚のピザを分けて食べる行為は日本だけのようなので気をつけます。したがって、同じお皿から二人が同時に食べると言うのは避けたい行為です。またピザを手でつかまないで、ナイフとフォークを使って食べます。またパンは、手でちぎって食べます。

 

このようにイタリアンレストランを利用することによって、日本とイタリア文化の違いを肌で感じることができます。イタリアンレストランの女子会を楽しみながら、他国の文化を感じてみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ