着こなし上手を手に入れてパーティードレスを素敵に着こなす

着こなし上手を手に入れてパーティードレスを素敵に着こなす

着こなし上手を手に入れてパーティードレスを素敵に着こなす

 

パーティー会場で、とても素敵にドレスを着こなしている人がいます。そのような人はパッと見たところ、どこにも欠点のない「完璧なスタイル美人」に見えて羨ましくなります。

 

しかしその人をよく観察してみると、意外と足が太かったりお尻が大きかったりします。ではなぜ、自分と同じように欠点があるにもかかわらず、完璧なスタイルに見えるのでしょうか。

 

そこに「着こなし上手」の秘訣があります。たとえばあなたは、自分がどのような服を着ればスタイルがよく見えるかご存知でしょうか。

 

客観的な目で自分を見る

他人の着こなしは目につきやすく「あのコーディネートは太って見える」などと指摘をします。しかし、自分はどのように見られているか分からない人は多いです。
  
「他人にどのように見られるか」を知るには、自分を客観的な目で見ることから始めます。まずは全身が見える鏡の前で、「自分の身体の短所と長所はどこにあるのか」、「バランスよく着こなせているか」などの細部を見ます。

 

そうすることで、どこに問題があるのかを冷静に見られるようになります。バランスの良い着こなしは、「足したり引いたりすること」が基本です。

 

したがって目の錯覚を利用して装えば、「着こなし上手」なオシャレな人になることができます。

 

そこで「下半身が太いのが悩みの人」を例に、ドレスをどのように着こなせばオシャレに見えるのかについて解説いたします。
 

着こなし上手になるためのステップ

まずは自分の身体をしっかりチェックして「気になる部分」「気に入っている部分」を確認します。「下半身が太い悩み」の人は、「お尻や太ももが大きい・胸が小さい・足が細い・背が低い・ウエストが細い」などの身体の特徴があります。

 

そして次に、活かせる部分とカバーしたい部分を考えながら全体のバランスを見ます。今回の例では、一番悩みのお尻や太ももは隠し、細いウエストは強調したい部分です。

 

お尻や太ももが大きい人は、つい気になる部分を隠すことだけに意識が集中します。

 

しかし華奢な上半身に少しボリュームを持たせて、上半身と下半身のバランスを取った方が下半身の大きさが目立たなくなります。

 

そこで鏡の前でXネックのシンプルなドレスを着てじっくり観察します。そうすると胸元がスッキリするので、かえって下半身が目立つのが確認できます。

 

この場合、Xネックのドレスを着たまま鏡の前でフリル使いのボレロを合わせたたり、大ぶりのネックレスを合わせたりします。

 

少し離れた位置から見ると、下半身の大きさが目立たなくなるのを自分の目で確かめることができます

 

次に、自分の体型に合うドレスのシルエットを確認します。下半身が大きい人は、細いウエストをしっかり見せて、ヒップラインに添うスカートで装うXラインが似合います。

 

またドレス丈は、靴を履いた状態で全身を見ると全体像がつかめます。このように、鏡の前で客観的に自分を見ることによって、上手に着こなすことができます。

 

さらに、「可愛い雰囲気」「カッコいい雰囲気」「ゴージャスな雰囲気」と自分の好きなテイストをイメージして装うと、自分に合った装いができます。

 

着こなしの上手な人は自然に着こなせるのではなく、試行錯誤をしながら自らで作っていくものだと思います。そのため「他人は自分をどのように見ているのか」「自分はどのように見られたいか」を考えることは、着こなし上手に欠かせません。

 

「他人の目を気にすることなく好きなように装いたい」と言う人もいるでしょう。しかし、自分の欠点を上手くコントロールする手段を心得て、ここぞというときに颯爽と着こなせれば、あなたも「スタイル美人」になれるはずです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ