ビジネスパーティーでじょうずに交流をはかるコツ

ビジネスパーティーでじょうずに交流をはかるコツ

ビジネスパーティーでじょうずに交流をはかるコツ

 

パーティーには、バースデーパーティーなどの私事パーティーの他に、政府や企業主催の公事パーティーがあります。

 

気ごころの知れた仲間や家族とおしゃべりをしながらのパーティーは、とても楽しく盛り上がります。しかし、取引先の○○周年記念や新作発表会に招待されるパーティーは、気を使うことも多く苦手と感じる方は少なくありません。

 

確かにビジネスパーティーは、「人脈をつくってビジネスチャンスにつなげる」と言われますが、なかなか思うように立ち回れないのが現実です。

 

また、初対面の相手と話すことに苦手意識がはたらいて、親しい人同士がかたまってしまうと言う光景もよく見られます。そこで、ビジネスパーティーを上手にこなして、交流をはかるコツをお伝えします。

 

パーティー前に準備しておきたいこと

パーティーの招待状が届いたら、パーティー会場の日時と場所を最初に確認しておきます。ビジネスパーティーでは、仕事場から直行することもあるので、スムーズに会場に向かうための下準備になります。

 

また主催者には、事前に招待をしていただいたお礼と出欠の返事も忘れないようにします。しかし、当日急な用事で欠席をしなければならない場合は、できる限り早く主催者にその旨を伝えてお詫びをしましょう。

 

それから必ず行なうべきことが、パーティーの主催者の名前、パーティーの趣旨、会社の概要の下調べです。事前に下調べをしておけば、会話の中に調べた事柄を織り込むことができるので、会話の流れを作りやすくなります。

 

またパーティー会場では、名刺が必需品になるので切れていないか確認することも大切です。会場ではすぐ取り出せるように、名刺をパーティーバッグの中に入れておきましょう。

 

席が決まった着席形式とは違い、基本的に出入りが自由なパーティーが立食形式です。しかし通常は最初に主催者の挨拶と乾杯があり、それまでには会場についているのが正しいマナーです。

 

パーティーで活かせるコミュニケーション能力

ビジネスパーティーに参加したものの、気後れしてうまく会話に入れない経験を持つ方もいるのではないでしょうか。しかしそれでは、せっかくのチャンスが無駄になってしまいます。

 

そこで、以前私が学んだ「コミュニケーション講座」の内容がビジネスパーティーの場でも生かせるので、ここで伝授いたします。

 

コミュニケーション講座の内容

黙っていても楽しい気持ちにさせてくれる人もいれば、黙っているだけで、周りの人をイライラさせたりムッとさせる人もいます。それは何が違うかと言えば、その人の持っている空気が違うのです。空気がソフトであれば話さなくても好感度は高くなります。

 

人の第一印象は5秒で決まると言われています。ソフトな空気を作るために一番大事なのが笑顔です。にっこり笑って自分から先に声をかけると、相手をリードしやすくなります。

 

また、明るい空気であなたから挨拶をすれば、相手もどんどん明るくなります。

 

しかし中には、「初対面の人と会話が続かなくなって困った」と言う人がいると思います。その人は感受性が高くその場の空気に敏感なので、相手のことを気にしすぎるそうです。

 

そのため、会話が続かなくて、何を話したらいいのか分からなくなってしまうようです。そこでちょっと鈍感になって、あえて空気の読めない人になってしまうと「こんなこと聞いてもいいかな」と頭で悩むことがなくなり、どんどん話ができるようになります。

 

ただそこで注意をしたいのが、「相手と安心して話せる関係をつくる」と言うことです。

 

それは、「相手に信用や安心をしてもらうために空気をよくすること」と、「自分もある程度の情報をたくさんもって、相手との共通点を増やす(類友になる)こと」だと言います。

 

確かに鈍感になると言うのは、相手のことを気にしないで話すためのコツに過ぎず、自分自身に魅力がなければ、相手と対等には話せません。

 

たくさん本を読んで、浅くてもいいので情報量を増やせば魅力的な人間になることができます。他にも、魅力的な人間になるためにはさらにコミュニケーション能力を高める必要はありますが、小手先だけの能力はビジネスの場では通用しません。

 

気を使うビジネスパーティーは、できることなら参加を避けて通りたいのが本音です。しかし招待されたビジネスパーティーが、今後の自分自身のビジネスにきっと生きてくるはずです。

 

何度もパーティーに参加をしていると、徐々に雰囲気にも慣れてきます。ビジネスパーティーを上手にこなして、多くの人と交流をはかっていきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ