色の効果を利用して理想のパーティードレスを手に入れる

色の効果を利用して理想のパーティードレスを手に入れる

色の効果を利用して理想のパーティードレスを手に入れる

 

私たちは常にたくさんの色のなかで生活しています。そして無意識のうちに色に反応し、影響を受けています。

 

たとえば洋服では合わせる色によって、太って見えたり痩せて見えたりします。また、色にはそれぞれ特有のイメージがあり、ピンクは優しい印象を、水色は清潔な印象をあたえます。

 

このように色の持つ印象や効果は把握しておくと、着痩せのテクニックだけではなく、洋服のコーディネートにとても役立ちます。

 

「色の力を借りてなりたい自分を手に入れる」にはどのようにすればいいか、詳しく見てみましょう。

 

膨張(進出)色・収縮(後退)色

同形、同大でも色によって大きく見えたり、小さく見えたりします。これを「膨張色」「収縮色」と言います。たとえば、暖色(黄・赤・オレンジ・ピンクなど)の方が寒色(青・紫・緑など)より大きく見えますし、明るい色(パステルカラー)の方が暗い色より大きく見えます

 

色が異なると、見かけの距離が異なります。これを「進出色」「後退色」と言います。一般には、赤、黄が進出し、青、緑が後退して見えやすいと言われています。

 

また、暖色が寒色より進出し、明るい色が暗い色より進出すると言われています。

 

大きさ判断(膨張ー収縮)

  赤

  黄

  緑

  青

  紫

  白

  黒

  3

  2

  4

  6

  5

  1

  7

注:大きく見える順位

 

コーディネート例として、膨張色でもあいだに収縮色を入れると引き締まって見えます。したがってパステルカラーのドレスに収縮色のストールを合わせると引き締め効果が得られます。

 

このように、収縮色は他の色と組み合わせることによってその効果を発揮する色です。そのため、全体の配色の中に膨張色と収縮色を配する柄物は、色の配分をうまく使うことによって着痩せ効果が得られます。特に収縮色の割合を多くすると、収縮色1色の時よりも引き締まって見えることが分かります

 

色の持つイメージ

色にはそれぞれ、特有のイメージがあります。パーティードレスは色のバリエーションが豊富ですが、色によって印象が変わります。

 

そのため色のイメージを考慮してドレスを選ぶと、自分の雰囲気にピッタリのドレスを見つけることができます。そこで個別に、色の持つイメージを紹介します。

 

まず幅広い年齢層に人気があるネイビーは、後退色であるために控えめで落ち着いた雰囲気になります。ジャケットの場合は理性的で思慮深い印象ですが、ドレスの場合は清楚さと上品さを演出できます

 

柔らかい中間色のベージュは、温かみがあってソフトな印象です。相手に安心感をあたえる色で、上品で落ち着いた雰囲気になります

 

またベージュの中でも少しゴールド寄りのシャンパンベージュのドレスは、エレガントで優しい雰囲気になります。

 

ドレスでも人気のピンクは、女性を華やかに引き立ててくれる色です。ピンクと言ってもピンクベージュや青みを含んだピンクがあり、それぞれ印象が違います。

 

ピンクベージュは、上品で優しい雰囲気になり、青みを含んだピンクはエレガントな雰囲気になります。

 

若草や若葉を連想させるグリーンのドレスは、すがすがしい印象になります。このように、色の持つイメージはそれぞれ違います。

 

色の効果を利用して、なりたいイメージに合わせれば自分の理想のドレスを見つけることができます。したがってドレスを選ぶときは、色の持つ印象や効果をしっかりチェックをして選びましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ