スマートカジュアルは常識ある着方をすべき曖昧なドレスコード

スマートカジュアルは常識ある着方をすべき曖昧なドレスコード

スマートカジュアルは常識ある着方をすべき曖昧なドレスコード

 

レストランの装いは、「きちんと見えつつ頑張りすぎない」微妙なさじ加減がもとめられます。最近では、そのようなレストランの装いを「スマートカジュアル」というドレスコードで表現されることが多くなりました。

 

しかしあいまいなドレスコードだけになにを着ればいいか迷います。そこで、スマートカジュアルの意味とともに具体的な装い例をお伝えいたします。

 

 スマートカジュアルの意味
スマートカジュアルは、ドレスコードのひとつで、きちんとした身なりでありながら、あくまでもインフォーマル(正式な場面にはふさわしくない装い)な服装をいいます。

 

カジュアルを服装のT・P・O(時間・場所・目的)にそってふさわしい装いをするように細分化したもので、レストランでよく見られるドレスコードです。

 

またきちんと定義されていない「スマートカジュアル」を解釈するには、個人の判断力が求められます。

 

「スマートカジュアルは解釈がもっとも分かれている、最も理解されていない服装規定だ」といわれるように、置かれた状況を理解する知識が必要なドレスコードです。

 

そして「スマートカジュアル」よりフォーマルに近いドレスコードに、「カジュアルエレガンス」「スマートエレガンス」とありますが、その区切りも非常に曖昧です。

 

たとえば同じホテルのレストランであっても、場合によってはランチとディナーで装いを変える必要があります。また、ビジネスシーンとプライベートシーンでも装いは変わります。

 

このようにすこし厄介なドレスコードのスマートカジュアルですが、どのように装えばよいのでしょうか。その具体例を紹介します。

 

 スマートカジュアルの装い例
プライベートで行くホテルのレストランは、ブラウスとスカート(またはパンツ)のコーディネートがお勧めです。また冬場ならカシミヤやシルクの上質素材を、カジュアルとされるニットではありますがハイゲージタイプなら取り入れることができます。

 

とくに夫と行くホテルのレストランならワンピースとカーディガン(またはジャケット)のコーディネートもお勧めです。フォーマルウェアでは花柄のワンピースはカジュアルになるので着ませんが、花柄のワンピースは女性らしく優しい印象になるので、夫とでかけるレストランには相応しい装いです。

 

同じレストランでもディナーの装いは、アクセサリーで変化をつけるとエレガントになります。たとえば同じブラウスとスカート・ワンピースの装いでもネックレスをゴールドやシルバーの大ぶりタイプにすると夜の装いにふさわしくなります。

 

昼用のバッグはシックなクラッチタイプ、夜用のバッグは少し光沢のあるフォーマルバッグやビーズバッグがエレガントです。靴はパンプスやバックベルトタイプがふさわしく、スニーカーやブーツはお勧めができません

 

ビジネスシーンで行くホテルのレストランは、ジャケットとスカート(またはスーツ)の装いがふさわしいです。ジャケットの色で最もふさわしいのはネイビーで、色のイメージで親しみやすく謙虚そして信頼・威厳が得られます

 

そしてスカートの色をグレージュ(グレー寄りのベージュ)、ブラウスの色をブルーベースの人は白かペールブルー、イエローベースの人はライトベージュかコーラルピンクにすると効果的です。

 

ビジネスシーンではジャケットの素材選びも重要で、上質なウールかウールに見える素材が型崩れせず、しわにもなりにくく、シルエットが綺麗に見えるので適しています。ディナーの装いは、洋服はそのままでネックレス・バッグ・シューズをフォーマル用にすると夜用になります。

 

レストランのホームページでは、Tシャツや短パンを断るコメントが明記されています。しかしT・P・O(時間・場所・目的)で装いを変える必要があるのはわかっても、どのように装えばいいのかいざとなると迷うものです。

 

スマートカジュアルは、置かれた状況を理解する知識が必要なドレスコードです。したがってどのように装えば一番効果的かを把握して、その場にふさわしい洋服とアクセサリーを選びましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ