フォーマルウェアのマナーとルールを見る

フォーマルウェアのマナーとルールを知る

フォーマルウェアのマナーとルールを知る

 

「マナー」や「ルール」を知ることはなぜ大切なのでしょか。これは社会全体を見ればよくわかります。マナーやルールを無視すれば、人と人とがお互いに心地よく暮らしていくのは難しいです。

 

これは、フォーマルシーンでも同じことが考えられます。基本となる考え方は、「相手に不愉快な思いをさせない」という心遣いなのです。

 

では、フォーマルウェアで装うときのマナーやルールは、なにを基準に考えたらいいのでしょうか。これには、「T(Time)・P(Place)・O(Occasion)」という概念があります。

 

いつ着るのか(Time)・どこで出来るのか(Place)・着る目的はなにか(Occasion)を考え、そのシーンにそって装えば、あなたは周囲にすがすがしい印象をあたえる「素敵な女性」になれるでしょう。

 

それでは、フォーマルウェアのルールとマナーを個別にご紹介します。

 

スカート(ワンピース)の着丈

スカート(ワンピース)の着丈は、長ければ長いほど格式が高くなります。結婚式を例にとると、多くの新郎(新婦)の親はくるぶしが隠れるくらいのロングドレス(スカート)で装います。

 

ただ親族以外(友人・職場の同僚など)の場合で、ひざが少しでるくらいの丈は問題ないでしょう。その中でも、ひざ下丈(ミディ丈)で装うと、とても上品に見えます。

 

また、「フォーマル市場」も「カジュアル化」の影響を受け、装いに変化がみられるようになりました。そのため、たとえ新郎(新婦)の親であっても、式のスタイルによって、ふくらはぎ中ほど丈(ミモレ丈)のドレスで装う場合も、ルールを無視した装いにはなりません。

 

袖丈

昼の正装は「7〜8分袖か長袖」が基本です。暑い時期には、ノースリーブのドレスにストールで装いたい気持ちも理解できますが、肌の露出を避けるのがフォーマルウェアのマナーです。

 

ただし、結婚式の披露宴会場は夜型なので、ストールでの装いは可能です。ぜひオシャレなストールで場を華やかに演出してください。

 

素材

昼の装いは「ラメやスパンコール」など光りすぎるものを避けます。ルールというと難しく考えてしまいますが、装う場面を想像すればよくわかります。陽の差し込む場所で、光沢のあるフォーマルウェアで装っても決して綺麗に見えないでしょう。

 

ただし、日本の披露宴会場の多くは室内なので、自然光ではなく照明が映える場所です。そのため「ラメやスパンコール」など光沢のあるフォーマルウェアで装うと、華やかさを演出できます。

 

さらに付け加えると、「ニット」は「カジュアル」として扱われるので、フォーマルウェアでは使わない素材です。しかし、ラメやスパンコールなどエレガントな雰囲気のものであれば、略礼装(インフォーマル)として使えます。

 

特別色の制約はありません。ただし、白と黒は配慮が必要です。結婚式の場合白は「花嫁の色」をイメージするので、ルールに沿わないと言われることが多いです。そのため淡いアイボリーに近いベージュやシルバーグレーもルールに沿わないと思っている人は多いです。

 

確かに光沢のある素材だと、写真映りが白っぽく見えるので気になるところですが、そこにコサージュなどで色を添えると白一色に見えなくて安心です。

 

また黒は「弔事」のイメージを持ちやすく、こちらもルールに沿わないと心配する人が多いです。ただ、「黒」は結婚式などでも使いやすい色で、うまく使えば着こなしの幅が広がります。

 

さらに百貨店のカラーフォーマル売り場では、留袖(とめそで)に匹敵する色として黒のドレスやスカートを多く取り揃えています。さすがに全身黒のコーディネートでは華やかさに欠けてしまいますが、アクセサリーを加えてイメージを変えることで「華やかな雰囲気」を演出できます。

 

季節感

空調設備が整った室内で装うことが多いフォーマルウェアでは、ほとんど暑さ寒さを意識する必要がありません。そのため百貨店のフォーマル売り場には、年間を通じて着用できるフォーマルウェアが数多く並んでいます。

 

ただ四季に沿った装いは、装う人を「着こなし上手なオシャレな人」とイメージしやすいです。百貨店のフォーマル売り場には、「夏向きの涼しげなジャケット」や「冬に最適なベルベット素材のジャケット」など、季節に沿ったフォーマルウェアが並んでいます。

 

夏向きのフォーマルウェアは、カジュアルに見えるものもあるので少し注意は必要ですが、どのように装うかにルールはないので、あなたの好みで選べばいいと思います。
 

年齢

百貨店のフォーマル売り場には、幅広い年齢のお客さまに対応できる商品が揃っています。ただそれが、自分の年齢に合うフォーマルウェアを見つけにくくしています。そのため自分の好みだけで選ぶと、ときには「どこか違うアンバランスな組み合わせ」になってしまうので気をつけましょう。

 

パンツ

普段からスカートを穿かない(はかない)と言う人にとって、パンツの着用は「ルールに沿った装いにならないかも知れない」と悩む人は多いです。

 

フォーマルウェアのルールからすると、スカートの方が「格式」は高いです。ただ「ポリエステルなどのソフトな素材」や「少し幅の広いデザイン」のパンツなら、準礼装(セミフォーマル)から略礼装(インフォーマル)として着ることができます。

 

あくまでもエレガントに装うことが大切ですが、スカートにこだわらず自由にあなたらしく装いましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ